年次知的財産報告書 米国議会2020 (67)

 

米国外国投資委員会の調査は、国家安全保障上の問題を起こすかも知れない取引の当事者が米国外国投資委員会に自発的な通知を行うときに自発的に開始され、また、米国外国投資委員会が一方的に調査を開始するときには強制的に調査が開始される。もし、別の法律に拠ってあるいは米国外国投資委員会が号したかもたらした緩和手段によって適切に解決できない安全保障上のリスクを引き起こすと、米国外国投資委員会が決めた場合には、米国外国投資委員会はその取引を大統領にとりあげてもよい。大統領は、その取引を中止あるいは禁止してもよい。2018年に、トランプ大統領は、アジアの競合企業であるブロードコムによる米国チップメーカーのクアルコムの獲得を阻止した。財務長官の説明のように、トランプ大統領は、その取引は米国の国家安全保障のリスクになると評価した。

 

続く