年次知的財産報告書 米国議会2020 (47)

 

米国の省庁間の知的財産に関する訓練と能力形成の取り組みは、多数の連邦省庁を含む。たとえば、米国大使館と米国特許商標庁の連携でアブジャを基盤とするICHIPによってダカールで展開された2019年6月の地域のワークショップは、アフリカで毎年数万人の命を奪う偽造医薬品と偽造農薬に共同で戦う道を特定するために、11の西アフリカの政府、米国の知的財産利害関係者と民間セクターの専門家が集まった。このワークショップは、偽造農薬と偽造医薬品の両方に対応する西アフリカで最初のワークショップであり、この分野で米国と西アフリカの国々の将来の連携の基礎を築くものとして、参加者によって称賛された。

 

続く