年次知的財産報告書 米国議会2020 (44)

 

国務省は、地域的な国際コンピューターハッキング・知的財産の国際ネットワークアドバイザーICHIP(以前に知的財産法執行調整官IPLECとして知られていた)の派遣を支援しており、そのアドバイザーには、米国の法執行の調整を強化しそして外国の主要な法施行パートナーに能力形成の援助をもたらす責任を持った経験豊かな司法省検察官が当てられる。ICHIPは、犯罪者が不法な利益を隠すために暗号通貨を利用するダークウェブなどのマーケットにおいてあらゆる種類の知的財産の盗難やサイバー犯罪での国家間の犯罪組織の増大する役割と戦うことに焦点を当てている。

 

続く