年次知的財産報告書 米国議会2020 (20)

 

米国のホワイトハウスのウェブサイトに掲載の次の年次報告書を順次和訳し紹介いたします。

 

ーーーーーーーーーーー

米国議会への年次知的財産報告書 2020年3月

ANNUAL INTELLECTUAL PROPERTY REPORT TO CONGRESS March 2020

 

米国行政管理予算局

知的財産執行調整官
UNITED STATES INTELLECTUAL PROPERTY ENFORCEMENT COORDINATOR

 

 

米国の知的財産戦略

          

知的財産は、米国の経済競争性と米国の革新的な経済にとって不可欠の要素である。たとえば、著作権は経済にとって重要なだけではなく、米国の社会との文化と主要な部分となっている。うまく機能する著作権システムは必須である。米国の著作権システムは米億の憲法が根源であり、広範囲な法学と法律と規制が活躍した数世紀に立脚している。2018年に、米国議会は、オリンGハッチ‐ボブグッドラテ音楽近代化法に対応し法制化し、2018年10月11日にトランプ大統領が署名した。トランプ大統領の説明のように、この「象徴的な立法」は、両党からの支持を得て、上院と下院を全会一致で通過したものであり、デジタル時代の音楽ライセンスの現実を反映するために、また、音楽のオンライン使用に対して芸術家とプロジューサーをよりよく報いるために、著作権法に重大な改定をもたらすものである。

 

続く