中国の軍事力2019(351)

米国国防総省のウェブサイトに、「2019 China Military Power Report」と題された報告書が、2019年5月2日付けで掲載されており、当ブログでは、その内容を和訳し、順次紹介して行きます。
 ---------------------------
   
3.中国の周辺での作戦能力
   Capabilities For Operations Along CHINA's
       Periphery
台湾海峡での中国の戦略と能力の展開

CHINA’S STRATEGY AND CAPABILITIES DEVELOPMENT IN THE TAIWAN STRAIT

 

台湾に対する中国の今後の進む方向

CHINA’S COURSES OF ACTION AGAINST TAIWAN

 

中国は、人民解放軍が複数の分野で能力を向上させていることに基づいて、一連の選択肢を有している。中国は、台湾に対して軍事力を使用したり懲罰的な行動をとる用意があることを知らしめることによって、計算された行動をとることが出来る。また、人民解放軍は、台湾が、中国の示す条件の下で統一あるいは統一の対話へと強いるように策定された一層包括的なキャンペーンを実施することができる。中国は、どのような台湾有事のキャンペーンにおいても、米国の介入を抑止することを目指す。そのことに失敗した場合には、中国は、介入を遅らせるように試み、非対称の短期間の限定戦争での勝利を目指すであろう。紛争が長引く場合には、中国は、紛争を終結させるために、サイバースペース、宇宙あるいは核の活動をエスカレートさせることを選択するかも知れず、また、膠着状態になるまで戦いそして政治上の解決を目指すかも知れない。人民解放軍は、以下に挙げた軍事行動を、個別にあるいは合わせて開始することもできる。

 

続く