中国の軍事力2019(326)

米国国防総省のウェブサイトに、「2019 China Military Power Report」と題された報告書が、2019年5月2日付けで掲載されており、当ブログでは、その内容を和訳し、順次紹介して行きます。
 ---------------------------
   
3.中国の周辺での作戦能力
   Capabilities For Operations Along CHINA's
       Periphery
南部戦域司令

SOUTHERN THEATER COMMAND

 

軍事作戦支援能力を有する前哨基地

Outposts Capable of Supporting Military Operations.

 

2018年初期に、中国は、スプラルトリー諸島の前哨基地に、軍事ジャミング装置と対艦ミサイルと対空ミサイルシステムを引き続いて徐々に展開した。そのミサイルシステムとは、論争中の南シナ海に中国によって配備された最高性能の陸上兵器である。中国は、2016年の初期に、スプラルトリー諸島の四つの小さい前哨基地への沿岸でのインフラの設置を完了した。ジョンソン礁、ガベン礁、ヒューズ礁、クアテロン礁の施設には、行政施設、武器ステーション、センサー据付が含まれる。

 

続く