中国の軍事力2019(323)

米国国防総省のウェブサイトに、「2019 China Military Power Report」と題された報告書が、2019年5月2日付けで掲載されており、当ブログでは、その内容を和訳し、順次紹介して行きます。
 ---------------------------
   
3.中国の周辺での作戦能力
   Capabilities For Operations Along CHINA's
       Periphery
南部戦域司令

SOUTHERN THEATER COMMAND

 

安全保障情勢の展開 

 

2016年7月に、海洋法条約下での判決は、フィリピンによる訴えにおいて、「九段線」によって描かれた南シナ海での「歴史的権利」への中国の主張は、海洋法条約での海洋での権利を越えることはできないと判定した。この判定にもかかわらず、中国は、その主張を強制しその利益を進めるために、人民解放軍海軍のと準軍隊の船舶を使うことを含めて、引き続いて威圧的な戦術を使用している。中国は、紛争を引き起こさない程度にとどめている。南シナ海では、中国は軍事化を継続している。対艦巡航ミサイルと長距離の地対空ミサイルがスプラルトリー諸島に配備され、また、中国の戦略爆撃機は、パラセル諸島のウディ島で離陸と着陸の実地訓練を行った。

 

続く