中国の軍事力2019(273)

米国国防総省のウェブサイトに、「2019 China Military Power Report」と題された報告書が、2019年5月2日付けで掲載されており、当ブログでは、その内容を和訳し、順次紹介して行きます。

 ---------------------------

  

.軍近代化の目標と動向

 

人民解放軍空軍と海軍航空隊

PLA Air Force and PLA Navy Aviation.

 

  • 人民解放軍空軍の司令官である馬暁天が2016年に行った声明である「中国は新世代の長距離爆撃機を開発している」に続いて、いくつかの報道によると、恐らくH-20と命名された新しい爆撃機がこれからの10年間のいつかに初登場するようであり、その特徴は、ステルス設計であり、多くの第五世代の技術を使用しており、それには、少なくとも 8,500km の飛行距離、少なくとも 10 トンのペイロードが含まれ、また、通常兵器と核兵器を使用する能力を有している。H-20のプロトタイプと思われる写真によると、それは、B-2爆撃機とX-47Bステルス無人戦闘飛行体と同種の全翼機体であった。また、中国は、長距離爆撃機の前に初期の能力に到達できる再給油可能な爆撃機を開発しているかも知れず、長距離攻撃爆撃機の能力が第二列島線を越えることになる可能性がある。

     

続く