中国の軍事力2019(233)

米国国防総省のウェブサイトに、「2019 China Military Power Report」と題された報告書が、2019年5月2日付けで掲載されており、当ブログでは、その内容を和訳し、順次紹介して行きます。

 ---------------------------

  

.軍近代化の目標と動向

  

長距離精密攻撃

Long-Range Precision Strike.

 

軍事近代化は人民解放軍のミサイル軍事力の急速な変遷を生んだ。日本の米軍基地は、増加する中国の準中距離弾道ミサイルと陸攻撃巡航ミサイルの射程の中にある。H6K爆撃機の西太平洋への飛行は、グアムが空中発射の陸攻撃巡航ミサイルの射程内にあることを例証する。2015年に中国が公開し2017年に再びパレードに現れたDF-26は、グアムの米軍を含む地上の標的に対して通常兵器あるいは核による精密攻撃を実行できる。人民解放軍の書き物によると、兵站と戦力投射のための施設を近代戦争における潜在的な弱点とみなしており、地域の空軍基地、兵站と港の施設、通信施設とその他の地上のインフラを標的にする能力の拡張と合致する。

 

続く