中国の軍事力2019(178)

 

米国国防総省のウェブサイトに、「2019 China Military Power Report」と題された報告書が、2019年5月2日付けで掲載されており、当ブログでは、その内容を和訳し、順次紹介して行きます。

 ---------------------------

  

.軍近代化の目標と動向

  

人民解放軍空軍(PLAAF)と人民解放軍海軍航空隊

PEOPLE’S LIBERATION ARMY AIR FORCE (PLAAF) AND PLAN AVIATION

  

防空とミサイル防衛 

Air and Missile Defense.

 

人民解放軍空軍は、世界で最大の先進長射程地対空ミサイルシステムを保有しており、そのシステムはロシアのSA-20 (S-300 PMU1/2)大隊と国内でのCSA-9大隊の結合からなる。中国は、戦略的な長射程の防空を改善するために、SA-20とCSA-9の後継としてS400/Triumf地対空ミサイルシステムをロシアと契約し、2018年12月に初のS400試験発射を実施した。また、中国は、国産のHQ-19を開発しており、HQ-19は弾道ミサイル防衛能力を有しているようである。

 

続く