中国の軍事力2019(170)

 

米国国防総省のウェブサイトに、「2019 China Military Power Report」と題された報告書が、2019年5月2日付けで掲載されており、当ブログでは、その内容を和訳し、順次紹介して行きます。

 ---------------------------

  

.軍近代化の目標と動向

  

人民解放軍空軍(PLAAF)と人民解放軍海軍航空隊

PEOPLE’S LIBERATION ARMY AIR FORCE (PLAAF) AND PLAN AVIATION

 

戦闘機。

Fighters.

 

人民解放軍空軍は第四世代の航空機(今では約600機)の配備を続けており、 数年以内に主要な第四世代部隊となるであろう。人民解放軍空軍は今なお、J-20とFC-31を含めて第五世代戦闘機を開発しており、2016年の遅くにロシアから24基のSu-35先進第四世代戦闘機の輸入を始めた。2017年7月の人民解放軍の第90回記念パレードで、人民解放軍空軍はJ-20第五世代戦闘機の目立つ低空飛行を公に実施し、また、最新の平気で装着したJ-16とJ-10C先進第四世代戦闘機をデビューさせた。2018年11月の珠海航空ショーで、人民解放軍空軍のJ-10デモ飛行はスラストベクター技術を見せ、また、J-20のデモが実施された。

 

続く