中国の軍事力2019(97)

 

米国国防総省のウェブサイトに、「2019 China Military Power Report」と題された報告書が、2019年5月2日付けで掲載されており、当ブログでは、その内容を和訳し、順次紹介して行きます。

 ---------------------------

 

要 旨

Executive Summary

 

1.中国の戦略の理解 

 

軍事戦略とドクトリン

MILITARY STRATEGY  AND DOCTRINE

 

対汚職キャンペーン

Anticorruption Campaign.

 

中国共産党は、2018年に、武装部隊から汚職を根絶する取り組みを継続した。2018年3月に、中国の追認立法機関となっている全国人民代表大会は、規律調査委員会の初代議長である張升民将軍を、軍の最高決定機関であり正確には中国共産党中央委員会の部門である中央軍事委員会に昇格させるため、2017年の秋に第19回総会の決定を裏打ちした。同じ三月の大会で、全国人民代表大会は、新たに設立された国家監督委員会を承認した。この委員会は、様々な中国の反汚職機関を単一の組織にまとめるものである。国家監督委員会は、汚職を除去するための党と国家の取り組みに橋を架け、党ではない政府の役人を追求する一層広い許容度を与え、そして、人民解放軍を中央集権化された民間反汚職管理の下に置くのである。2018年10月に、汚職で2017年に拘束された二人の前中央軍事委員会の委員である房峰輝と故 Sang Yangが中央軍事委員会から追放された。

 

続く