宇宙の安全保障への挑戦(39)

 

米国国防総省のウェブサイトに2019年2月12日付けで発表された「宇宙の安全保障への挑戦 Challenges To Security In Space」を、当ブログで和訳し、順次紹介して行きます。

 ---------------------------

  

    国防情報局 Defense Intelligence Agency

 

 

      題目:宇宙の安全保障への挑戦

    Challenges To Security In Space

 

中国

 

宇宙と対宇宙能力

Space and Counterspace Capabilities

 

情報・監視・偵察、ナビゲーションと通信の能力

ISR, Navigation, and Communications Capabilities

 

人民解放軍は、このような情報・監視・偵察システムの半分を所有し運用しており、そのほとんどは、世界全体とくにインド太平洋地域全域で米国と同盟国の軍隊のモニター、追跡と攻撃対象化を支援できる。また、このような人工衛星は、人民解放軍が、朝鮮半島、台湾と南シナ海を含めて地域の潜在的な一発即発の地点の状況認識を維持することを可能にする。

 

また、中国は、30基を超える通信衛星を所有し運用しており、そのうち4基は軍用に供されている。中国は、軍用の人工衛星を国産しており、また、民間の通信衛星は一般に販売されている部品を使用している。

 

続く