大量破壊兵器のテロリスト防止対応(60)

  

米国政府ホワイトハウスのウェブサイトに2018年12月に掲載された「大量破壊兵器によるテロに対抗するための国家戦略 

(National Strategy for Countering Weapons of Mass Destruction Terrorism)」を当ブログで和訳し、順次紹介しています。  

  -----------------------

 

 

結論

Conclusion

 

米国の持つ技術的そして軍事的優位性にもかかわらず、米国は、米国とその利益に対して大量破壊兵器による攻撃をテロリストが挙行する全ての方法を消し去ることはできない。しかし、米国はそのような攻撃の可能性と惨事を大幅に軽減することができる。

 

大量破壊兵器による惨事はその実際の被害に比例しないような大きな反応を引き起こすが、大量破壊兵器によるテロの発生頻度と規模を軽減する米国の取り組みは、テロリストが最も願う結果である、米国の外交政策、国の性格そして米国民の生き方そのものに大規模な影響を及ぼすことを拒否できる。

 

「テロリズムに関しては、米国は自国を守るために必要なことは何でも行う。」

 

ドナルド・J・トランプ大統領

 

(完了)