大量破壊兵器のテロリスト防止対応(51)

 

米国政府ホワイトハウスのウェブサイトに2018年12月に掲載された「大量破壊兵器によるテロに対抗するための国家戦略 

(National Strategy for Countering Weapons of Mass Destruction Terrorism)」を当ブログで和訳し、順次紹介しています。  

  -----------------------

 

取り組みの方向

Lines of Effort

    

7.大量破壊兵器テロに対する州、地方、種族と領土での

  準備の向上

 

  Enhance State, Local, Tribal, and Territorial 

    Preparedness against WMD Terrorism

 

米国への脅威が自然災害であれ人災であれ、最も有効に対応できるかは、州、地方、種族と領土での当局がどの程度権限を与えられ準備しているかに依存するのである。同様のことが大量破壊兵器テロに言うことが出来、連邦の当局だけで戦うことは可能でない。法執行の職員、第一対応者、医療サービスの専門家、産業の関係者その他が、脆弱性を特定し重大なインフラを強化することからテロリストの策謀が実施可能になる前に検知し阻止することまで含めて、大量破壊兵器テロの脅威から米国本土を防御するのに重要な役割を果たす。

 

続く