大量破壊兵器のテロリスト防止対応(49)

 

米国政府ホワイトハウスのウェブサイトに2018年12月に掲載された「大量破壊兵器によるテロに対抗するための国家戦略 

(National Strategy for Countering Weapons of Mass Destruction Terrorism)」を当ブログで和訳し、順次紹介しています。  

  -----------------------

 

取り組みの方向

Lines of Effort

    

6.大量破壊兵器テロへの米国の国家防衛の強化

  Strengthen America’s National Defenses against

  WMD Terrorism

 

このような能力としては、脅威に関する多様なインテリジェンス情報に基づいて広い範囲で危険な物質を探すことができる高度に可動性があり対応性が高い対大量破壊兵器チームが含まれる。技術的な検出、法の執行とインテリジェンス能力の層構造は、テロリストが米国を攻撃することを困難なものとし、米国本土から脅威を遠ざけるのである。米国の海岸線から対大量破壊兵器の脅威を遠ざけるためにあらゆる企てがなされるが、米国は、防御の最後の綱として、大量破壊兵器の場所を見つけ出し、阻み、使用不能にするために特殊な装置維持している。

 

続く