大量破壊兵器のテロリスト防止対応(46)

 

米国政府ホワイトハウスのウェブサイトに2018年12月に掲載された「大量破壊兵器によるテロに対抗するための国家戦略 

(National Strategy for Countering Weapons of Mass Destruction Terrorism)」を当ブログで和訳し、順次紹介しています。  

  -----------------------

 

取り組みの方向

Lines of Effort

  

5.大量破壊兵器テロとの戦いの国際化

   Globalize the Counter-WMD Fight

 

 最後に、国による化学兵器、生物兵器と核兵器のプログラムと大量破壊兵器テロとの交わりの可能性に対しては、米国は、許容できる行為の範囲外にある国による振る舞いを罰するのに役に立つ国際的な精度と規範を強化することを目指す。

 

シリア政権による罪のない市民への化学兵器の使用の後、米国の軍事行動は、このような忌まわしい兵器の使用に対して国際的な規範を強く求めるという米国の決意を明確に示した。

 

米国は、孤立した政権がこのような兵器を放棄し政党案国々の社会に復帰するように説得の努力をしながらも、将来において上記のメッセージを強力にする用意がある。

 

また、米国は、大量破壊兵器関連の条約と協定の違反を調査する国際的な機関と協調する。

 

続く