大量破壊兵器のテロリスト防止対応(26)

 

米国政府ホワイトハウスのウェブサイトに2018年12月に掲載された「大量破壊兵器によるテロに対抗するための国家戦略 

(National Strategy for Countering Weapons of Mass Destruction Terrorism)」を当ブログで和訳し、順次紹介しています。  

  -----------------------

 

取り組みの方向

Lines of Effort

 

1. 危険な物質、化学物質と装置へのテロリストのアクセス

 の拒否
  Deny Terrorists Access to Dangerous Materials,  Agents,

  and Equipment

 

 

化学兵器とその前駆物質

 CHEMICAL WEAPONS AND PRECURSORS:

 

さらには、問題となる施設と組織へのまた問題となる施設と組織からの拡散物質の移転、転用や盗難を、そのような活動を可能にする財政上のやり取りの追跡を含めて、追跡しまた阻止する。

 

仮特定化合物TICや両用化合物が有害な目的で利用されるリスクを低減するために、米国は、学術セクターと産業セクターの中で国内と国際的な化合物の保全の慣行を強化する。

 

米国は、化合物に関わる脅威についての認知度を高め、学術組織、化学施設と輸送での化合物の保全の最善策を助成し、また、産業施設での化合物の盗難を防止する。

 

また、米国は、国内と国際的な規制のフレームワーク、標準、政策とライフサイエンスでの責任ある行為への最善策の開発と改良並びに化学兵器への応用可能な物質の保護を考慮する。

 

米国は、このような施策が米国の技術的進歩を強化する機会を不適格に制限するリスクを計る。

 

続く