大量破壊兵器のテロリスト防止対応(25)

 

米国政府ホワイトハウスのウェブサイトに2018年12月に掲載された「大量破壊兵器によるテロに対抗するための国家戦略 

(National Strategy for Countering Weapons of Mass Destruction Terrorism)」を当ブログで和訳し、順次紹介しています。  

  -----------------------

 

取り組みの方向

Lines of Effort

 

1. 危険な物質、化学物質と装置へのテロリストのアクセス

 の拒否
  Deny Terrorists Access to Dangerous Materials,  Agents,

  and Equipment

 

 

化学兵器とその前駆物質

 CHEMICAL WEAPONS AND PRECURSORS:

 

このような化学物質にテロリストの手が及ばないようにするために、米国は、「化学兵器会議」への世界中の参加とその実践を促進し、また、化学兵器の開発、所有と使用に対抗する国際的な基準を制度化するために指導力を行使する。同様に、大量破壊兵器を追求し使用する個人や過激派集団に対して行動をとることを躊躇しない。

 

「化学兵器禁止組織OPCW」と連携し、米国は、大量破壊兵器の備蓄の保全と処分、また、大量破壊兵器の拡散と使用のリスクを低減する検証手続きの実行に関して、パートナー国を引き続き助ける。また、国ではない行為者の大量破壊兵器への関心と使用、そして、国際的な制約を回避する意図的な方法で医薬品を含めて他の化学兵器を追求するいくつかの国の取り組みを含めて、現在と新たな問題にOPCWが対応する方法を、米国は探求している。

 

続く