大量破壊兵器のテロリスト防止対応(23)

 

米国政府ホワイトハウスのウェブサイトに2018年12月に掲載された「大量破壊兵器によるテロに対抗するための国家戦略 

(National Strategy for Countering Weapons of Mass Destruction Terrorism)」を当ブログで和訳し、順次紹介しています。  

  -----------------------

 

取り組みの方向

Lines of Effort

 

1. 危険な物質、化学物質と装置へのテロリストのアクセス

 の拒否
  Deny Terrorists Access to Dangerous Materials,  Agents,

  and Equipment

 

危険な生物兵器、管理プリカーサーと核物質、放射性物質の保全を管理することは原則としてそれらを所有する国の責任であるが、そのような国がその責任を実践する政治的意志と能力を持つことは明らかに米国の利益となる。

 

そのため、米国はパートナー国と国際組織と協力し、効果的で持続するインフラ、人材そして大量破壊兵器の脅威に対抗するための規制のフレームワークを確立する専門知識をとくに共有することによって、危険な物質を保全を維持する能力を向上させる。

 

政治的な意志が欠けている場合には、アプローチを適応化し、外国の指導者が国際法の下での義務を担い大量破壊兵器の脅威が現実化することを防止するように米国は最も効果的に説得するのである。

 

続く