大量破壊兵器のテロリスト防止対応(6)

 

米国政府ホワイトハウスのウェブサイトに2018年12月に掲載された「大量破壊兵器によるテロに対抗するための国家戦略 

(National Strategy for Countering Weapons of Mass Destruction Terrorism)」を当ブログで和訳し、順次紹介しています。  

  -----------------------

 

 ホワイトハウス、ワシントン

THE WHITE HOUSE WASHINGTON, DC

 

米国民の諸君:

 

現代の大きな挑戦の一つは、大量破壊兵器と関連物質と専門知識をこのような狂人の手が出来る限り及ばないようにすることにある。そのために、私の政府は、テロリストが米国とその利益を大量破壊兵器で攻撃するリスクを低減するために、包括的な「大量破壊兵器によるテロに対抗するための国家戦略」を開発した。この戦略には、過去の慣行からのいくつかの価値ある離脱を含んでおり、私の政権の大量破壊兵器によるテロの脅威へのアプローチの大胆さと革新性を強調している。

 

この新しい戦略は3つの柱となる要素からなっている。

 

その第一は、米国は大量破壊兵器とその関連物質へのテロリストのアクセスを閉鎖する世界的な取り組みを先導することである。

 

その第二は、テロリストの大量破壊兵器専門家と推進者に狙いをつけることを含めて、大量破壊兵器を獲得し使用することを目指すテロリスト集団に対して、米国は絶えず圧力を当てることである。

 

その第三は、保険政策として、米国は国内と国外で大量破壊兵器によるテロの脅威に対して防御を強化する。

 

続く