米国国防総省による核態勢の見直し(213)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。 

 ---------------------------

            核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

         -------------

 

X. 核不拡散と核軍縮

  Non-proliferation  and Arms Control

  

核軍縮
Arms Control

 

しかし、モスクワは、米国はロシアの継続する不遵守を永久的に容認することは無いことを理解しなければならない。米国が条約を順守し一方ロシアが条約に違反して軍備を継続する現状は、受け入れられるものではない。違反が起こる合意は予見性をもたらさない。また、将来の軍備管理の見通しを悪くし、米国、同盟国とパートナーの安全保障を損なうのである。現行の複数の合意に違反をしている国とさらに合意を行うことは、不遵守のために成果の達成が困難なことを意味し、その結果、軍備管理を広く弱体化するのである。

 

続く