米国国防総省による核態勢の見直し(203)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。 

 ---------------------------

            核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

         -------------

 

X. 核不拡散と核軍縮

  Non-proliferation  and Arms Control

 

効果的な核不拡散と核軍縮の措置は、核物質と核の技術の拡散をコントロールし、核兵器の生産、備蓄と配備に制限を課し、誤解と誤算を減らし、不安定化をもたらす核兵器競争を回避することによって、米国、同盟国とパートナーの安全保障を支援することができる。

 

そのため、米国は次のような取り組みを継続する。

  1. 米国の拡大した信頼できる核抑止と保証を維持することによってを含めて、核武装国の数を最小化する
  2. 核兵器、核物質、核の専門性へのテロリスト組織のアクセスを否定する
  3. 兵器に使用できる物質、関連技術、専門性を厳密にコントロールする
  4. 安全保障を向上し、検証ができ、執行が可能な軍備管理合意を目指す。

 

 続く