米国国防総省による核態勢の見直し(198)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。 

 ---------------------------

            核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

         -------------

 

IX. 核テロリズムへの対処

  Countering  Nuclear Terrorism

 

この戦略での米国の主要な取り組みには次のものが含まれる:

  • 核兵器、核物質、核関連技術と知識の悪意のある使用を防止するため、それらの安全を保障する。
  • 核テロと戦うため、同盟国、パートナーと国際機関との協調を高める。
  • 高度な偽造と帰属の能力を通して、核テロへの国による支援を抑止する。
  • 国内外で米国民と米国の利益を守るため、核テロに対して防御を強化する。
  • 核に関わる事件の効果を抑えるため準備を高める。

 

海外のパートナーと協力し、米国は、核物質と放射性物質がテロリストの手に渡るのを防ぐため、ほぼ30年間取り組んできた。各施設と核物質の量は全世界で増加を続けており、このような物質の盗難や捕縛の可能性を弱めることに米国は焦点を当て続ける。また、安全に敏感な装置と技術のブラックマーケットでの入手性を減らし、その結果、テロリストのそれらへのアクセスを妨げるのである。

 

続く