米国国防総省による核態勢の見直し(192)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。 

 ---------------------------

            核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

         -------------

   

VIII. 核兵器のインフラ

   Nuclear Weapons Infrastructure

 

現在進行中の作業には現行兵器への寿命延長プログラムが含まれる。当初の概念から新しい弾頭の設計を、開発、プロトタイプ作製、認定の計画を通して実現するのに要求される技量と知識を維持できるようにするために、国家核安全保障局は、つ次のことを通して現在実行されている能力を評価すべきである:

  • 寿命延長プログラム
  • 備蓄認定
  • 研究所による研究開発
  • 技術の成熟

 

このことを基盤として、国家核安全保障局は核兵器を設計し開発するのに必要な技量の全体について欠如事項を特定していく。

 

続く