米国国防総省による核態勢の見直し(182)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。 

 ---------------------------

            核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

         -------------

   

VIII. 核兵器のインフラ

   Nuclear Weapons Infrastructure

 

米国は、現在、総括的な弾頭維持プログラムの初期段階にある。重大な弾頭近代化投資を呼び起こすのに必要な戦略的ビジョンを提供するために、国防総省とエネルギー省の核兵器協議会は戦略計画を承認した。

 

この計画は、核弾頭の備蓄が抑止、保証と技術的ヘッジ要求を満たすための現在と将来の道筋を示すのである。

 

米国は、安全で保障されており効果的な核兵器を維持し認定する能力を有する。

 

続く