米国国防総省による核態勢の見直し(174)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。 

 ---------------------------

            核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

         -------------

  

VII. 米国の現在と将来の核能力

   Current and Future  U.S. Nuclear Capabilities

 

 

核の指揮・統制・通信(NC3)のの近代化

Nuclear Command, Control, and Communications (NC3) Modernization

 

 

NC3システムの近代化

Modernizing the NC3 System

 

米国のNC3システムが危機と紛争において生存性があり、効果を有することを確実にする重大な必要性に関して、米国はNC3を強化し21世紀の必要性と挑戦に対応する一連のイニシャティブを追求する。

 

 

宇宙起因の脅威に対する保護の強化

Strengthen Protection Against Space-based Threats. 

 

米国は、宇宙の施設が瞬時に対応でき抵抗力があり、それによって、紛争を宇宙に拡大する企てを抑止し、必要であれば、打破できるようにする。

 

米国は、21世紀の脅威に対して使命の目標を達成できるように備えるため、作戦行動の宇宙戦力の訓練を向上させる。

 

続く

 

 

Strengthen Protection Against Cyber Threats.  The United States will protect NC3 components against current and future cyber threats and ensure the continuing availability of U.S.-produced information technology necessary for the NC3 system.

 

Enhance Integrated Tactical Warning and Attack Assessment.  The United States will develop a future architecture which will include modernized SBIRS satellites and integrate missile defense sensors to maximize warning time.  The United States will also continue to transition the DSP system to SBIRS and enhance ground-based radars.  The upgraded SBIRS constellation will include six satellites supported by the existing DSP architecture to enhance the survivability of U.S. satellites.  Additionally, we will continue to sustain and upgrade the USNDS to support accurate attack assessment.

 

Improve Command Posts and Communications Links.