米国国防総省による核態勢の見直し(126)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

 

VII. 米国の現在と将来の核能力

   Current and Future  U.S. Nuclear Capabilities

 

「米国の核抑止力は分岐点に差し掛かっている。これまでは、伝統的な核戦力とインフラを多くの場合に当初の設定から数十年を越えて寿命を延長することによって、この抑止力を維持してきた。しかし、このようなシステムは永久的に使用できることはない。事実、三元戦略核戦力全体そしてそれを有効にするインフラを同時に近代化しなければならない時点にある。」

     統合幕僚副議長、ポールセルバ将軍、2017年

 

続く