米国国防総省による核態勢の見直し(119)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

VI. 現在の脅威に対抗する米国の戦略

  U.S. Strategies to Counter Contemporary Threats 

 

多様な不確定性へのヘッジ

Hedge against Diverse Uncertainties

 

 挑戦の出現の防止

 Preventing the Emergence of Challenges

 

在的な挑戦の早期の発見と解決

 

そのために、エネルギー省(DOE)の国家核安全保障局(NNSA)は、技術的な破壊、作戦上の欠陥そしてプログラム上の挑戦を防止できるように問題を十分に早期に特定するために、核兵器の強力な監視と実験のプログラムを引き続き実行する。国貿総省(DOD)は、新たに出現する問題を早期に特定するために、武器のシステム試験と評価プログラムを引き続き実行する。

 

また、国防総省(DOD)と国家核安全保障局(NNSA)は、現在と将来の潜在的な安全保障環境の進行中の評価を共同して実行する。これには、潜在的な敵が今日何をしているかまた何を考えているのか、そして、技術の進展と拡散について何が可能なのかについて脅威の分析が含まれている。

 

続く