米国国防総省による核態勢の見直し(102)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

VI. 現在の脅威に対抗する米国の戦略

  U.S. Strategies to Counter Contemporary Threats 

 

北朝鮮に適応化された戦略

A Tailored Strategy for North Korea

 

金正恩政権は、韓国領土と軍艦の軍事攻撃、日本を横断する試験発射ミサイルを含めて一連の大胆な挑発に携わる自由を核能力がもたらすと、誤って信じているかもしれない。

 

北朝鮮にとって、金正恩政権の存続が最も重要である。米国の北朝鮮への抑止戦略は、米国、同盟国とパートナーへの北朝鮮の核攻撃はいかなる攻撃も許容できないことを、また、いかなる核攻撃も金正恩政権の終焉を招くことを、明確にしている。 

 

金正恩政権が核兵器を使用しそして存続出来ることはありえない。さらには、米国は、金正恩政権をその核兵器技術、核物質や核の専門知識の他国やその他の組織への移転に対しては、完全に責任を追及するのである。

 

続く