米国国防総省による核態勢の見直し(100)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

VI. 現在の脅威に対抗する米国の戦略

  U.S. Strategies to Counter Contemporary Threats 

 

中国に適応化された戦略

A Tailored Strategy for China

 

続く

 

米国は中国の非核あるいは核による侵略に断固として応答する用意がある。米国は、大統領の段階的な核応答の選択肢の範囲を拡大しながら、他の目的からも、アジア太平洋地域で演習を実施する。両方の方策が米国の抑止戦略の信頼性を強化し、そして、抑止が失敗した場合に中国の限定された核の使用に効果的に対応する米国の能力を向上させる。

 

また、米国は、平和な安全保障環境と安定した関係を求めて、両国の核政策、ドクトリンと能力について中国と意味のある対話を引き続き目指して行く。

 

続く