米国国防総省による核態勢の見直し(99)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

VI. 現在の脅威に対抗する米国の戦略

  U.S. Strategies to Counter Contemporary Threats 

 

中国に適応化された戦略

A Tailored Strategy for China

 

中国は、地域への米国の戦力投射作戦に対抗しまた米国、同盟国とパートナーの利益を守る能力と行動の自由を否定する能力を開発している。中国と米国の間の直接の軍事紛争は、核エスカレーションへの可能性を有している。

 

米国の中国に適応化した戦略は、中国が戦域核能力の限定された使用を通して利点を確保できると、あるいは、核兵器の使用は限定されていれば受け入れられると、間違って結論付けることを防止するように設計されている。

 

米国は、中国の核使用の結果として発生する代償は、どのようなレベルの核エスカレーションであろうと、どのような利点をも遥かに超える高いものになるというように、中国の指導者が利点を計算する際に 耐えることのできない損害に見舞われると確実に恐れるように強いる能力を維持する。

 

続く

 

 

 

  The United States is prepared to respond decisively to Chinese non-nuclear or nuclear aggression.  U.S. exercises in the Asia-Pacific region, among other objectives, demonstrate this preparedness, as will increasing the range of graduated nuclear response options available to the President.  Both steps will strengthen the credibility of our deterrence strategy and improve our capability to respond effectively to Chinese limited nuclear use if deterrence were to fail.  The United States will also continue to seek a meaningful dialogue with China on our respective nuclear policies, doctrine, and capabilities in pursuit of a peaceful security environment and stable relations.

A Tailored Strategy for North Korea
North