米国国防総省による核態勢の見直し(76)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

  

IV. 永続的な国家目標と米国安全保障戦略での核兵器の役割

  Enduring National Objectives  and the Roles of

  Nuclear Weapons  in U.S. National Security

  Strategy

 

米国の最高度の核政策と戦略の優先事項は、潜在的な敵をどのような規模の核攻撃からも抑止することである。しかし、核攻撃の抑止が核兵器の唯一の目的ではない。多様な脅威と現在と将来の脅威の環境の深遠な不確定性を考慮すると、米国の核戦力は米国の国家安全保障戦略において次のような重大な役割を果たしている。

  • 核攻撃と非核攻撃の抑止
  • 同盟国とパートナーの保証
  • 抑止が失敗の場合の米国の目標の達成
  • 不確実な未来に対応する能力

 

このような役割はお互いに補完しあっておりまた相互に関連しあっており、それぞれの役割とそれを実現する戦略に対して、米国の核戦力の適正性を評価しなければならない。

 

また、拡散を防止し、核兵器、核物質あるいは核に関する専門性へのテロリストのアクセスを拒否することは、米国の核政策と要求を推敲する上で重要な事柄である。これらの複数の役割と目標は、米国の核政策、戦略と要求への主導原理となる。

 

続く