米国国防総省による核態勢の見直し(62)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

 

II. 展開する不確定な国際安全保障環境

   An Evolving and Uncertain  International Security

   Environment

 

ロシア

Russia

 

ロシアのINF条約違反への対応

RESPONDING TO RUSSIA’S INF TREATY VIOLATION

 

 対応策

 RESPONSE MEASURES:

 

外交手段 Diplomatic Measures – 

  米国は、INFの特別認証委員会を含めて、全ての可能なチャンネルを通して外交的解決を引き続いて目指している。米国と他の国々が条約を守りロシアが守らなかったという状況は、重大で緊急の懸念事項であることを、同盟国は強調した。

 

 

経済的手段 Economic Measures –

 米国は、ロシアの禁止された巡航ミサイルシステムの開発と製造に関わったロシア企業に制裁を科した。

 

軍事手段 Military Measures –

 米国は、通常の地上発射中間距離ミサイルシステムの軍事的なコンセプトと選択肢を見直し、INF条約を順守した研究開発を開始しているところである。

 

続く