米国国防総省による核態勢の見直し(60)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

 

II. 展開する不確定な国際安全保障環境

   An Evolving and Uncertain  International Security

   Environment

 

ロシア

Russia

 

「過去20年間で、米国とロシアの核への野望は正反対の方向に展開してきた。米国の安全保障戦略での核兵器の役割を減らすことが米国の目標であるが、一方で、ロシアは安全保障戦略において核兵器の役割を拡大するための新しいコンセプトと能力を追求している。」米国国家情報会議、2012

 

ロシアは核能力への依存を増大させており、威圧的な脅威、核近代化プログラム、非戦略核戦力制限交渉の拒否、中距離核戦力全廃条約他の違反への決意を含めて、核兵器の存在感、役割と数量を減らす米国の取り組みを拒絶してきたことを、全てが明白に物語るものである。

 

続く