米国国防総省による核態勢の見直し(50)

 

これまでの核態勢見直し(NPR)はいずれも、国際的な安全保障環境の変化が米国の核政策、核戦略と核態勢を形作ったことを、強調した。最近、米国統合参謀本部議長は、現在台頭する安全保障環境は、「同時に起こる連動した挑戦、すなわち、異議を唱えられる標準と絶えることのない無秩序、ということによって記述できる。」とした。2010年の核態勢見直し(NPR)以来の脅威の環境の急速な悪化は、米国が核能力を維持し置き換える中で、政策と戦略を定めるときに米国の思考方法を象るのである。

 

続く