米国国防総省による核態勢の見直し(28)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

                       エグゼクティブサマリー

                      EXECUTIVE SUMMARY

 

            序

                         INTRODUCTION

 

非戦略核能力による抑止力の向上

Enhancing Deterrence with Non-strategic Nuclear Capabilities

 

その結果、米国は、核爆撃機とDCAを世界に前線配備できる能力を維持し必要であれば向上させる。米国は、DCAを核可能なF-35戦闘機で改善することを決定している。米国は、NATOと共に取り組み、ヨーロッパを基盤とするDCAの準備度合い、生存性と作戦上の有効性を最大に確実にし必要ならば改善する。

 

さらに、短期においては、米国は現存の海上発射弾道ミサイルSLBMの弾頭の少数を低出力のものも扱えるように改修し、また、長期においては、近代的な核搭載の海上発射巡航ミサイルを目指すのである。

 

続く