米国国防総省による核態勢の見直し(21)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

                       エグゼクティブサマリー

                      EXECUTIVE SUMMARY

 

            序

                         INTRODUCTION

 

 

三元戦略核戦力

The Triad: Present and Future

 

今日の三元戦略核戦力は、概して1980年代あるいはそれよりも早い時期に配備されており、弾道ミサイル搭載潜水艦(SSBN)、大陸間弾道弾ミサイル(ICBM)、無誘導爆弾・巡航ミサイル搭載戦略爆撃機(ALCM)から成り立っている。

 

三元戦略核戦力と非戦略核戦力は、NC3に支えられ、抑止、保障、抑止失敗時の目標の達成、将来のリスクへの予防のために、米国の戦略を適応させるのに必要な多様性と柔軟性を提供する。

 

この多様性と柔軟性の必要性が増加していることが、次には、三元戦略核戦力と非戦略核能力を維持し更新しそしてNC3を近代化することが今日必要であることへの主要な理由の一つである。  

 

続く