米国国防総省による核態勢の見直し(18)

 

米国国防総省のウェブサイトに2018年2月に掲載された「核態勢見直し(NPR)」を当ブログで和訳したものを、順次紹介しています。

 

 ---------------------------

 

           核態勢見直し

       NUCLEAR POSTURE REVIEW

 

          2018年2月  

 

            国防長官府
     OFFICE OF THE SECRETARY OF DEFENSE

 

        -------------

 

                       エグゼクティブサマリー

                      EXECUTIVE SUMMARY

 

            序

                         INTRODUCTION

 

抑止が出来ない場合の米国の達成

Achieve U.S. Objectives Should Deterrence Fail

 

米国は、米国と同盟国とパートナーの重大な利益を守るため、極端な状況においてのみ核兵器を使用することを考慮する。しかし、抑止が失敗した場合には、米国は、最小限の損害でそして米国と同盟国とパートナーにとって最高の状況で紛争を終わらせるよう努力する。米国の核政策は、何十年もの間、抑止が失敗した場合には損害を制限するというこの目標を常に含んできた。

 

続く