イラン核合意からの米国離脱(2)

 

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領による米国のイラン核合意からの離脱に関する記事を、当ブログで和訳し、以下に掲載中です。 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

                  外交政策

                           Foreign Policy

 

         2018年5月8日

 

   「トランプ大統領はイラン核合意から離脱を表明。」

 

イランの不誠実と悪意の活動:イランのJCPOAの交渉は不誠実で、そして、交渉の合意の結果、イランは余りにも僅かな代償と引き換えに余りにも多くを得た。

  • イスラエルが最近公表したインテリジェンス情報は、イランの核兵器を開発する過去の秘密の取り組みについて得難い詳細を提供している。それについては、イランが何年間も嘘をついていたことが分かる。
  • さらに、そのインテリジェンス情報によると、イラン政権はその核兵器に関する活動について疑いを残し、また、イランは不誠実のまま JCPOAに合意した。
  • JCPOAはイランのミサイル計画の脅威をとり扱わず、また、検査と検証の十分なメカニズムを含まなかった。
  • JCPOAは愚かにも、イラン政権にたなぼたの現金そして貿易と投資のための国際金融システムへのアクセスを提供した。
  • JCPOAから得た資金をイラン国民のために使う代わりに、イラン政権は軍の構築に資金を使い、また、ヒズボラ、ハマスといったテロリストの代弁者への資金供給を継続してる。
  • イランはヨーロッパ諸国の法と規制に違反し、隣国のイエメンの通貨を偽造し、イラン革命防衛隊のコッズ部隊 の不安定化工作を支援した。

 

続く