トランプ政権の安全保障戦略発表(140)

 

米国のホワイトハウスから2017年12月18日付けで発表された「米国の安全保障戦略」に関し当ブログで和訳したものを連載しています。

 

<原文の出所>

ホワイトハウスのウェブサイト

https://www.whitehouse.gov/articles/

 

<当ブログによる和訳>

 

      地域の情勢に合わせた戦略

   The Strategy in a Regional Context

   

軍事と安全保障:

MILITARY AND SECURITY:

 

西半球

Western Hemisphere

 

中国は国が指導する投資と貸付を通して西半球を中国の意図に沿うようにと目指している。ロシアは、その過激的な同盟国のキューバがその市民の圧迫を継続する中で、キューバを支援し冷戦の失敗した政策を継続している。中国とロシア両国はベネズエラの独裁政治を支援し、西半球の全域で軍事的つながりを拡大し武器販売を拡大することを目指している。西半球の民主主義国家は主権への脅威に対抗することに共通の利益を見ている。カナダと米国は、類を見ないような戦略的防衛パートナーシップを共有している。また、米国は西半球の主要な諸国と重要でありまた深まる関係にある。米国は、ともに、全ての国に経済的な機会を増やし、統治を改善し、犯罪組織の力を削ぎ、西半球以外の勢力からの有害な影響を制限するような安定で平和な西半球をつくるのである。

  

続く