トランプ政権の安全保障戦略発表(129)

米国のホワイトハウスから2017年12月18日付けで発表された「米国の安全保障戦略」に関し当ブログで和訳したものを連載しています。

 

<原文の出所>

ホワイトハウスのウェブサイト

https://www.whitehouse.gov/articles/

 

<当ブログによる和訳>

 

      地域の情勢に合わせた戦略

   The Strategy in a Regional Context

  

軍事と安全保障:

MILITARY AND SECURITY:

 

ヨーロッパ

Europe

 

強く自由なヨーロッパは米国にとって極めて重要である。米国とヨーロッパは民主主義、個人の自由、法の支配への共通の決意によって結ばれている。米国とヨーロッパは第二次世界大戦後、共に西ヨーロッパを再建し、大西洋の両側で安定と富を生んだ制度をつくった。ヨーロッパは世界で最も繁栄する地域の一つであり、また、最も重要な貿易のパートナーである。

 

ソビエト共産主義の悪夢は去ったが、新しい脅威が私たちの意志を試している。ロシアは、アメリカのヨーロッパへの決意の信ぴょう性を弱め、大西洋横断の結束を弱め、ヨーロッパの制度と政府を弱体化する破壊的な手段を用いている。ジョージアとウクライナの侵略で、ロシアはその地域の国家の主権を侵害する意図を示した。ロシアは、核配備、攻撃能力の前方配備などの脅迫行為で近隣諸国に脅しをかけている。

 

続く