トランプ政権の安全保障戦略発表(123)

 

米国のホワイトハウスから2017年12月18日付けで発表された「米国の安全保障戦略」に関し当ブログで和訳したものを連載しています。

 

<原文の出所>

ホワイトハウスのウェブサイト

https://www.whitehouse.gov/articles/

 

<当ブログによる和訳>

 

      地域の情勢に合わせた戦略

   The Strategy in a Regional Context

 

世界の他の地域では、不安定性と弱体の統治は米国の利益を脅かすことになる。 いくつかの政府は安全を維持できず、また、国民の基本的な必要性を満たすことが出来ず、国と市民が略奪者を受け入れやすくなる。テロリストと犯罪者は、政府が弱く、汚職が頻繁であり、政府組織への信頼が低い国で盛んになる。しばしば、戦略的な競争国は汚職と国の弱さを改善しようとするよりは利用し、リソースを取り出しまたその国民を利用する方に回る。

 

また、不安定性と弱い政府によって苦しむ地域は、安全を改善し繁栄を増進し希望を回復させる機会を提供する。開発途上国の熱意のある友好国は、社会を改善し、透明で効果的な政府をつくり、国ではない組織からの脅威に対抗し、そして、主権を強化することを強く望む。このような友好国の多くは、市場経済によって提供される機会を認識しており、米国と同盟国とのパートナーシップを熱望する。改革を推し進めまた大志を追求するこのような熱意のある友好国を米国は激励する。繁栄する国また開発援助の受け取り国から貿易のパートナーへの変化はアメリカの企業に経済的な機会を提供する。そして、安定性はアメリカ本土を対象とする脅威を低減する。

 

続く