トランプ大統領の大統領令:エネルギー自給(その1)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トランプ大統領が2017年3月28日に発令したエネルギーに関する大統領令を和訳して以下に紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

(和訳)

 

大統領令の題目:エネルギー自給と経済成長の促進

憲法と米国の法律によって大統領の私に託された権威のもとに、ここに以下のことを命じる。

第一章 政策

(a)米国の膨大なエネルギー資源のクリーンで安全な開発を推進し、同時に、不必要にエネルギー生産を妨げ経済成長を制約し雇用の創生を妨害する規制の重荷を軽減することは国益に沿う。さらに、このような天然資源を配慮を持って開発することは米国の地政学的な安全を確保するのに不可欠である。

(b)米国の電気が経済的で、信頼性が高く、安全で、確実でクリーンであることと、代替エネルギーを含めて石炭、天然ガス、核物質、流水その他の国内資源から電気が生成されることを確かにすることはさらに国益に沿ったことである。

(c)したがって、省庁並びに他の政府機関(以下、政府機関とする)は国産のエネルギー資源の開発や利用の制約となる可能性がある現行の規制を即座に見直し、公共の利益の保護にまた法の順守に必要な程度を越えて国産エネルギー資源の開発に不当な負担となる規制を停止、修正あるいは取り消すことが、米国の政策となる。

(d)すべての政府機関は、法が許す範囲で、米国民のためにクリーンな空気とクリーンな水を促進する適切な行動をとり、同時に米国の立憲共和制でのこれらの事柄に関して米国議会と州の適度な役割を尊重することが、さらに米国の政策となる。

(e)また、必要で適正な環境規制が法に沿っており、コストよりも大きな便益をもたらし、米国民のために環境の改善を達成し、そして、相互に確認された最良の科学と経済学を使う透明な手続きを通して展開されることが、米国の政策になる。

 <原文の出典>

 米国ホワイトハウスのホームページ

 https://www.whitehouse.gov/the-press-office/2017/03/28/presidential-executive-order-promoting-energy-independence-and-economi-1

 

The White House 

Office of the Press Secretary 

For Immediate Release

March 28, 2017

題目:Presidential executive order on promoting energy indendence and economic growth

 

(続く)