米国国防省が見た中国の軍事進展の今後(154)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米国国防省(U.S. Department of Defense)が2015年5月8日に公開した米国議会への年次報告書(ANNUAL REPORT

TO CONGRESS)「中国に係る軍事と安全保障の進展2015(Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2015)」(全98ページ)から、選択、翻訳・抜粋・編集して、米国国防省が見た中国の軍事進展の今後20年を連載で紹介しています。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 第4章 戦力近代化の財源   その17

     Resources for Force Modernization   

 

軍装備近代化の傾向  (10)

MILITARY EQUIPMENT MODERNIZATION TRENDS

 

2020年までの科学と技術の開発目標  その4

Science and Technology Development Goals through 2020.

 

 

先端技術

Leading-edge Technologies.

 

中国は次の技術に焦点を当て急速な開発を進めようとしている:

  • 情報技術:インテリジェント知覚技術、アドホクネットワークとバーチャルリアリティ技術。
  • 新材料:スマート材料と構造、高温超伝導技術と高効率のエネルギー材料技術
  • 先進の製造:過酷環境製造技術とインテリジェントサービス先進工作機械
  • 先進のエネルギー技術:水素エネルギーと燃料電池技術、代替燃料と先進の媒介技術
  • 海洋技術:三次元海洋環境モニター技術、高速多パラメター海底調査技術と深海操業技術
  • レーザーと航空技術:地上と空中のプラットフォームから武器グレードのシステムを配置するための科学・固体レーザー技術

 

 

  <参考資料>

米国国防省のホームページ。

 

「ANNUAL REPORT TO CONGRESS

 Military and Security Developments Involving the      People’s Republic of China 2015」

 

http://www.defense.gov/

 

http://search.defense.gov/search?affiliate=dod-search&query=Military%20and%20Security%20Developments

   

(続く)