米国国防省が見た中国の軍事進展の今後(113)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米国国防省(U.S. Department of Defense)が2015年5月8日に公開した米国議会への年次報告書(ANNUAL REPORT

TO CONGRESS)「中国に係る軍事と安全保障の進展2015(Military and Security Developments Involving the People’s Republic of China 2015)」(全98ページ)から、選択、翻訳・抜粋・編集して、米国国防省が見た中国の軍事進展の今後20年を連載で紹介しています。

  ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 第3章 戦力近代化の目標と動向  その34

            Force Modernization Goals and Trends  

 

人民解放軍の開発能力   

PLA CAPABILITIES IN DEVELOPMENT 

 

 

「外洋海軍」を実現する能力  (3)

  Capabilities to Realize a “Blue Water” Navy.

 

2014年に、人民解放軍海軍は3回の「遠海」配備を遂行し、その1つは初めてインド洋で行った。MH370旅客機の捜索とシリアからの化学兵器の排除への参加は人民解放軍海軍の対応性を物語り、ハワイ近くのRIMPAC演習への派遣は慣れない海域で作戦活動を行う能力の向上を確信させた。さらに、人民解放軍海軍はインド洋に初めての潜水艦派遣を実行し、その地域での作戦活動にますます手馴れてきたことを物語っている。

 

   <参考資料>

米国国防省のホームページ。

 

「ANNUAL REPORT TO CONGRESS

 Military and Security Developments Involving the      People’s Republic of China 2015」

 

http://www.defense.gov/

 

http://search.defense.gov/search?affiliate=dod-search&query=Military%20and%20Security%20Developments

   

(続く)