ひとくちメモ 原発の出力MWtとMWe

原子炉は核分裂で大量の熱エネルギーを発生します。この熱エネルギーがタービン技術を用いて電気エネルギーに変換されます。この熱エネルギーが100%そのまま電気エネルギーに変換されると、熱効率は100%となります。現在の原子炉(熱中性子炉)では30%前後という低い効率が通常です。

 

原子炉が単位時間当たりに発生する熱エネルギーは Wt という単位で表されます。Wはワット、t は thermal(熱)の略です。

 

熱エネルギーから変換された電気エネルギーは We という単位で表されます。Wはワット、e は electric(電気)を表します。

 

We を Wt で除した値が、その原子炉の熱効率と定義されています。

 

なお、MWt、MWeのMは百万(million)を表します。

 

以上