2020年

11月

30日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(最終21回)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

問題は多分間もなく解決されるでしょう。早い解決を望みます。しかしながら、解決には法的な手続きが恐らく必要です。私は特定の幾つかの州での勝利を主張し、バイデンは多くの州での勝利を主張しているところです。しかし、私は裁判官が裁かなければならないと感じています。沢山のいたずらのようなことが起こりましたが、それには賛成できません。

 

ありがとう

 

完了

午後7:04 東部標準時

 

 

 

 

 

2020年

11月

29日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(20)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

今回は大規模版であり、毎日悪化しています。恐怖の物語を聞いているのです。全くの恐怖の物語です。このようなことをアメリカで起こしてはなりません。誰が勝つか、共和党、民主党、バイデン、私の誰が勝つかは問題ではありません。我が国でこのようなことが起こってはならないのです。このようなことが起こることは恥ずべきなのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

28日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(19)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

それで、私は皆さん全員の方々と幾月かの間、このことについて話してきました。郵便投票は災害だと大変に強く言ってきたのです。小さな選挙で災害でした。大変に扱いやす小さな選挙で災害でした。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

27日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(18)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

そのような正直なやり方のお陰でこの国は勝つのです。米国が勝つのです。証拠が沢山あるため、多くの訴訟が起こるでしょう。最後には連邦の最高裁となるでしょう。やってみます。沢山の訴訟が起こるのは、今回のように選挙を盗まれることはできないためです。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

26日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(17)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

選挙日が設定されており、法律はその点について大変に厳しくなっています。選挙日があり、その後の投票はあってはならず、また、そのプロセスは正直なものでなければなりません。そのことは大変に重要なことです。正直な選挙が求められます。正直な集計が求められます。また、大変に重要な仕事であるため裏方は正直な人々であることが求められます。

 

続く

 

 

2020年

11月

25日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(16)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

バイデンと民主党員全員に対して、彼らは合法の投票だけを必要とすることをはっきりさせるために、問題を突きつけました。彼らは投票と言いうのですが、「合法」という言葉を、「合法な投票」という言葉を使うべきです。「合法な投票は全数が集計されなければなりません。」私はそのように強く望みます。開放性と透明性がなければならないのです。秘密の集計室、不可思議な投票、投票日の後に投票される違法な投票はどれも要りません。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

24日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(15)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

複数のスイング州では、集計は投票日の夜に数時間また数時間と休止されたのです。民主党が運営する主要な場所において結果が差し控えられたのです。結果は出てきました。しかし、バイデンという同じ名前ばかりでした。ほとんどすべてがそうだったと思います。すべてバイデンという名前でした。少し不思議です。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

23日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(14)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

デトロイトでは、投票の多くを集計に配達する際に説明されない数時間の遅れがありました。投票は8時に閉じられたにも関わらず、最終の投票は午前4時まで到着しませんでした。持ち込まれましたが、誰もどこから来たのか知らないのでした。また、私たちはジョージアの重要な場所で観察する行為を拒否されたのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

22日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(13)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

再び、デトロイトの投票集計の主要な場所では、窓が大きな段ボール紙で覆われました。集計場所を護ろうとしまた人を寄せ付けたくなかったのです。集計を誰にも見られたくなかったのです。そこにいるべき法的な観察者であってもです。

 

続く

 

 

2020年

11月

21日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(12)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ミシガンでは世論調査員たちが投票用紙を複製していました。私たちの観察者がその行動を問題にしようとしたとき、それらの世論調査員たちはボランティアの先頭に飛び出てきて、何をしているのか見えないように視野を塞いだのです。そして少し危険あn状態になりました。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

20日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(11)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

消印がありません。個人の特定ができません。国の全域で、いくつかの衝撃的な異常行為がありました。私たちの陣営は、デトロイトで集計の観察行動をどの集計においても拒否されたのです。デトロイトは問題のもう一つの場所です。デトロイトは選挙の完璧性で最高の評判をとるとは言えません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

19日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(10)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は、全員が腐敗した民主党の装備の一環であり、腐敗した民主党の装備について、長い間、あなた方は書いてきました。私は、その学校に通い、よく知っています。変わってはいません。大分前のことですが、変わっていません。悪くなっています。

 

ペンシルベニアでは、盲従する民主党員は、州内での投票が選挙の3日後に受け取られることを許しました。それだけではありません。消印がなくともまた個人を特定できなくても何であろうが、集計に入れているのです。消印がないのです。個人の特定がされないのです。国の全域で、いくつかの不正な不規則なことが起こっています。私たちのキャンペーンは、デトロイトで、集計の監視は全て拒否されたのです。デトロイトは、もう一つの例です。

 

続く

 

2020年

11月

18日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(9)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党の職員はこの選挙で勝利できるとは全く信じていません。そのはずです。そのために、郵便投票を行ったのです。郵便投票には甚大な堕落と欺瞞が横行します。いかなる確認手段を無しで、数千万の求めらない投票用紙を郵送したのです。このようなことになると皆さんに私は話していたのです。今回の重大な選挙で、多くの場合に全く求められることなく、数千万の投票用紙を送るということを決める前に、私は沢山の選挙を観ました。

 

このようなことは、米国史上で前例がありません。これは意図によるものです。選挙の保障について気を配るようにとの長年の要求に関わらず、署名や個人を確認する要求を認めることあるいは投票の権利があるかどうか決める要求を取り入れることを拒否している。人々は何も考えずに投票所に入り、番号を受け取る。沢山の情報が入ってきており、あなたさえも震え上がる訴訟が起こります。

 

続く

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は

 

 

2020年

11月

17日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(8)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ペンシルベニア州では、民主党は、私たちの観察者を禁止しようとするため、州の最高裁に訴えたのです。大変強力にです。私たちはその裁判に勝訴しましたが、彼らは前に進んでいます。彼らは誰も中に入れたくないのです。彼らが投票を集計する間に見られたくないのです。なぜそうなのか想像できません。集計のプロセスを見られたくないという合法の理由は全くありません。そうではなくて、彼らは明らかに詐欺を犯そうとしているのです。それに疑いはありません。

 

フィラデルフィアでは、人々は大変に遠ざけられました。あまりに遠くて双眼鏡を使って見ようとしたほどです。そして途方もない問題を引き起こしました。彼らは、見られないように、全ての窓に紙を貼り付け、中を見ることが出来なくなった人々は大変に不満となり、幾分暴力的になりました。

 

第11回の巡回裁判所は、ジョージア州において、投票は投票日までにと定めたのですが、そうではありませんでした。投票が選挙日よりも後に入って来たのです。投票は選挙日までに入らなければならないという判決がすでにあったのです。私の知る限り、票は選挙日までに入らなければならないのですが、そうはしなかったのです。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

16日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(7)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

私たちの目標は、選挙の完全性を護ることです。 このような重要な選挙あるいはどんな選挙でも盗まれることは許せないのです。また、沈黙を許すことはできません。私たちの投票人を沈黙させまた結果を作り上げる人はだれも許せないのです。

 

私は、沢山の公共のことがらを長い間してきました。電話をする、話す、ものを私たちに送るなどの、人々によるインスピレーションに出会ったことはありません。今回のような愛情、愛着、精神に出会ったことはありません。人々は何が起こっているか知っており、自分の眼で見ているのです。

 

間もなく報告される多くの事例があります。尋常でない訴訟が行われています。選挙を盗み、選挙を作り上げようとしているのですが、それは許せません。米国のどの都市よりも腐敗した政治的な二つの場所であるとして知られているデトロイトとフィラデルフィアは、非常に重要な大統領選挙であるこの選挙の結果を作り上げる責任をもっているはずがありません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

15日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(6)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

同じようなことがジョージア州で起こっています。彼らは提訴を進めています。現実にそうなのです。私たちは、人々を監視したい、観察者が欲しいという訴訟に勝利しました。彼らは現実に提訴を進めており、何らか興味を引きます。彼らはなぜ提訴したいのか分かりません。私たちは、彼らが投票の集計をする間監視したいということが全てです。

 

同じようにジョージア州で、投票日の夜に30万票に近い得票で私は大きく勝利しました。ところが、それは維持されず、大きな

勝利から少し敗北するという得票にすら近づいています。

 

ジョージアでは、遠方でパイプが破裂しました。彼らは4時間集計を停止し、色々なことが起こりました。ジョージア州の投票装置は民主党員によって運営されています。

 

また、ミシガン州では30万票のマージンがありました。大きく引き離し、ミシガン州で勝利しました。ウィスコンシン州では、同じように熱狂するほど良好でしたが、劣勢となりました。どの場合にも、劣勢となりました。

 

本日、アリゾナ州で勝利に向かっています。ただ残る票の55%を得ることができればよいのです。55%のマージンです。このマージンは大幅に越えています。どのような結果になるかですが、アリゾナ州では大丈夫のようです。

 

続く

 

2020年

11月

14日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(5)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

システムは腐敗しています。人々が本来腐敗していなくても、人々を腐敗させるのです。余りに容易く腐敗されます。彼らは何票が必要か知りたいのです。そしてその数の表を見つけることが出来るようです。待って待って、遂に見つけるのです。

 

選挙日当日の夜がそうでした。私たちはノースカロライナ州で得票数を大きくリードしてました。甚大な数の得票でした。今でも大きくリードはしていますが、彼らが突然に票を見つけて来るためそれほど多くはありません。「そうだ、郵送の票があるんだ。」

 

この郵送された票がどのようにしてこのように一方的なのかも、不思議です。そのことは民主党の利益となるということと、私は知っています。しかしながら、どの場合にも、大変に一方的なのです。

 

私たちはペンシルベニア州でほぼ 70万票リードしてました。私はペンシルベニア州で大幅に勝利したのです。そうして、それは落ちていったのです。今は、9万票のリードと言っていると思います。彼らは票が引き続いて入ってきます。彼らは票をあらゆるところで見つけるのです。私たちは裁判で勝ったにも関わらず、彼らは私たちが観察者を送ることを欲しません。裁判官は言ったのです、「私たちは観察者を持たなければならない」と。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

13日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(4)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

この大統領選挙であと僅かな州が決まらずに残っています。そのような州の投票の装備はどの州共に民主党によって運営されています。

 

私たちは、実際に、全ての重要な州で大きく勝っていましたが、奇妙なことに、私たちの数値が密かに削ぎ取られ始め、また、彼らは法的に許される観察者を認めようとしないのです。二つの場合に提訴をして、観察者が許されました。観察者が到着したのですが、建物の中の人々を観察するのに、60、70フィート、あるいは80フィート、あるいは100フィート離れるかあるいは

建物の外にいるように要求されたのです。

 

一件の裁判は勝利しました。大変重要な裁判です。他にも提訴を仕掛けています。多くの提訴です。私たちの提訴以外にも、全般的には、(投票・集計の)プロセスがどんなにか不公平であるため、膨大な数の訴訟が起こっています。それは私が予言しました。私は郵便投票についてずっと以前から話しています。郵便投票は、実際に米国のシステムを破壊したのです。

 

続く

 

2020年

11月

12日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(3)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党は巨大な寄付者、巨大なメディア、巨大なテクノロジー界の党のようです。共和党はアメリカ労働者の党となったのです。また、共和党は多様性を受け入れる党であると、私は信じます。

 

今や誰もが気が付いているように、メディアの世論調査は、まさに言葉通り、強力な特別利益追求による選挙妨害です。偽の世論調査と呼ばなければなりません。このまさしく偽の世論調査は、共和党の投票者を家から出ないようにし、バイデン氏に勢いがあるという錯覚をつくり、また、共和党の資金獲得の能力を弱めるように仕組まれたのです。「抑制(共和党側の)」を狙う世論調査と呼べるものでした。今では誰もが知っています。「抑制」の世論調査が今回ほどまで使われたことはこれまでなかったのです。

 

少しだけ例を挙げましょう。クイニピアックは、私の知る限りいつも間違っており、選挙の前日に、フロリダでジョー・バイデンが5ポイント優勢と伝えましたが、8.4ポイント間違いました。私がフロリダで容易く勝利したのです。容易くです。クイニピアックは私がフロリダで大きく負けると伝えたのですが、私はフロリダで大勝しました。他の州でも全く同じでした。オハイオ州でバイデンが4ポイント優勢と伝えましたが、12.2ポイントの間違いでした。また、私はオハイオ州で勝利したのです。偉大なオハイオ州で。大変に容易くです。

 

ワシントンポストはウィスコンシン州でバイデンが17ポイント優勢と伝えましたが、基本的には同等でした。17ポイント間違ったのです。そのことは知っていたのです。愚かな人たちではありません。知っていたのです。抑制(共和党側の)が目的です。

 

続く

 

 

 

 

 

 

2020年

11月

11日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(2)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

上院は維持した。改選議席が民主党よりも2倍多かったにも関わらずである。まさに、ずっと接戦の州で、素晴らしい結果であった。誇らしい限りである。改選議席が民主党よりも多かった。

 

民主党は、サウスカロライナとケンタッキーのたった二州だけで、上院の選挙にほぼ2億ドルを費やした。まさに私たちと戦うために数億ドルである。国のレベルでは、私たちの対抗勢力の主要な寄付貢献者はウォールストリートの銀行家と特別の利益関係者であった。私たちの主要な寄付貢献者は、警察官、農家、普通の市民であった。しかし、初めてのことであるが、下院では、議席を失わなかった。今日、ケビン・マッカ―シーと話をした。信じられないと彼は言った。議席を失わないとは尋常のことではありません。多くの新議席を獲得したのです。さらに議席が増えると思います。

 

また、今年は共和党の女性の年です。過去最多の共和党女性議員が選ばれたのです。素晴らしい成果です。私は、過去60年間でどの共和党員よりも多くの非白人票を獲得しました。ラテンアメリカ系、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、アメリカ先住民からの歴史的な得票が含まれます。共和党票が400万票増加し、共和党の歴史上で最大数となりました。

 

続く

 

 

2020年

11月

10日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

おはよう。非常に重要な2020年大統領選挙の完全性を護る私たちの取り組みについて現況を米国国民に説明します。合法的な投票を数えれば、私は間違いなく選挙に勝っています。不法な投票を含めるなら、彼らは私たちから選挙を盗もうとすることができるのです。遅く来た投票を数えればです。私たちはそのような投票に大変に強く注目しています。しかし、沢山の投票が遅く来たのです。

 

私はすでに多くの重要な州で勝利しています。州名を少しだけ挙げれば、フロリダ、アイオワ、インディアナ、オハイオがそうです。巨大なメディア、巨額の資金源、巨大なテクノロジー界から歴史に残る選挙妨害を私たちは受けたにも関わらず、このような勝利と他の多くの勝利を得たのです。

 

皆さんが知っているように、私たちは歴史に残るような数値で勝利したのです。世論調査の専門家は、知りながら悪く言ったのです。知りながらです。世論調査の結果はばかげたものでした。だれもがそのことは知ってました。起こると予言された青い波は起こらなかったのです。青い波が起こると彼らは思ったのですが、それは虚偽でした。それは抑圧のためのものでした。しかしながら、現実には大きな赤い波が起こったのでした。

 

赤い波は、現実にメディアによって正しく認識されています。メディアは大変に感心したと私は思うのですが、しかしそれは現実に起こってからなのでした。私たちには何の役にも立ちません。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (132)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この報告書の公表に関連して、2020年1月31日に、トランプ大統領は、「安全で合法の電子商取引を米国の消費者、企業、政府の物流そし知的財産権所有者にために確保」という大統領令を発行した。

 

続く

  

2020年

10月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (131)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この大統領覚書は、初めて、電子商取引オンライン市場で売られている偽造品と海賊行為品にスポットライトを当て、この拡大する問題に対処することに目を向けている。トランプ大統領の方針で、ホームランド安全保障省は、USG全域からのインプットを受け、2020年1月24日に報告書を公表し、オンライン第三者市場を分析し、そこで密売されている不法な品物を調べ、また、もっとも重要なことであるが、この問題に対応できる現実の解決策、最善の慣行、そして、潜在的な法的また行政上の変化を特定する。

 

続く

 

2020年

10月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (130)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

大統領覚書の発行に続いて、大統領顧問団レベルのホワイトハウス知的財産円卓会議が、電子商取引のプラットフォームで偽造品と海賊行為品の拡散に対処するのに権利保有者が直面する問題そして不法品とは知らずに購入する消費者への潜在的な害を議論するために、開催された。政府の役人は、オンラインの市場販売者から小売業者やディストリビューターに送られる商品に関して、一層の情報の共有化、説明責任と高度な精査の必要性を表明した。

 

続く

 

 

 

 

2020年

10月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (129)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

4月に、トランプ大統領は、とくに第三者のオンライン市場で偽造品と海賊行為品の密売と戦うことについて大統領覚書に署名した。大統領は次のように言明した。オンラインの第三者市場とその他の第三者仲介を通して輸入される品を含めて、偽造品と海賊品の危険と負の影響からアメリカの企業、知的財産権保有者、消費者、国家安全保障と経済上の安全保障そしてアメリカの公共体を護ることはトランプ政権の政策であると。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (128)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

後ほど、春に、ホワイトハウスは、 ヨーロッパの法律と慣行の最近の変化について議論するため、著作権と商標に焦点を当てた産業の両方から利害関係者を集めた。参加者は、EUのGDPRがWHOISのデータベースと悪い行為者についてオンラインで情報を得る能力に及ぼす影響についいて懸念を表した。また、議論は、EUの著作権指示とアメリカ企業への潜在的な影響に集中した。

 

続く

 

 

2020年

10月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (127)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

円卓会議の参加者には、主要なスポーツリーグ、製造、スポーツ製品企業、電子商取引、SNSプラットフォームからの代表、それに様々な政府職員が含まれた。スポーツ産業からの代表は、中国での実行の問題を取り上げ、不法なストリーミング装置の影響を強調し、また、電子商取引とソーシャルメディアでの消費者の一層の保護の必要性を強調した。スポーツリーグは、「オペレーションチームプレヤー」のようなイニシアティブでの継続した政府の協力を称えた。電子商取引とソーシャルメディア企業からの参加者は、自らのプラットフォームでの偽造と海賊行為に対処する取り組みを共有した。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (126)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

世界知的所有権機関WIPOの世界知的財産日の主題である「金メダルを目指せ、知的財産とスポーツ」に合わせて、ホワイトハウスはスポーツにおける知的財産の問題に関する知的財産円卓会議を主催した。

 

続く

 

 

2020年

10月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (125)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

政府全体に渡る調整の取り組みは、知的財産執行に上手く対処するのに必須である。ホワイトハウスは、産業の代表、関心のある利害関係者、国会議員とその他の政府職員が米国経済に悪影響を及ぼす切迫した知的財産問題を調査するように集めるいくつかの円卓会議を招集し、新しいイニシアティブを開発し、法的な優先事項を調査し、現実の世界的な解決法を見つけることを目的とした。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (124)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

これに関して、とりわけ、トランプ政権は、次の3項目の重要性を強調する。一つは、「法の支配」、二つ目は、国際的なサプライチェーンの完全性を損なう不法な活動と戦うことそして正当な商業と貿易を支援することでの連携(政府内と政府間、公共と民間セクターの間、そして、民間セクター内)を高めること、三つめは、知的財産の保護と執行において政府の有効性を強化するために「全政府」という進め方の採用を考慮する政府である。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (123)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

このような関係において、トランプ政権は、偽造品、著作権の改造行為、企業秘密の窃盗、特許侵害を減らし、また、政府の機関、権利の保有者や他の利害関係者にこのような不法行為に対処する効果的な法的手段を提供する健全な知的財産の環境を触診し実践するイニシアティブを国内と外国の行為者が実行することの重要性を強調した。

 

続く

 

 

2020年

10月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (122)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

2019年を通して、トランプ政権は、知的財産権の保護と執行を強めることを支援し、様々な利害関係者と関係をもった。そのような取り組みは、連邦の行政機関全体の省庁を含み、民間セクター、業界団体、シンクタンク、学界などの代表者と関係した。また、このような議論は、外国政府の役人、国際的な政府機関INTERPOL, Europol, and WIPO)、他国の民間セクターの団体やグループに及んだ。

 

続く

 

2020年

10月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (121)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの重要問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (120)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (119)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

トランプ政権は、知的財産の政策、実施と保護の全ての範囲の問題に対処するため、小規模、中規模と大規模の企業を含めた米国産業の広範な利害関係者と緊密に取り組んでいる。知的財産問題への新しい解決策と創造的な方法を見つけるために共に取り組むことが鍵となる。

 

続く 

 

 

2020年

10月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (118)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

「米国は、マーケットアクセスの条件として、価値のある技術を移転するように米国企業に不法に迫る国に対しては立ち上がる。米国は、米国民の雇用を破壊する偽造品の製造と海賊行為と戦い、責任のある商業の基盤となる公平で相互主義の貿易のルールを守らせる・・・」 ドナルドトランプ大統領

 

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (117)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家の優先事項の公表において、中国はこの技術を開発する願望を明確にした。被告人は、台州市の中国企業 CBM-Future New Material Science and Technology Co. Ltd. (CBMF)を利するため、また、最終的には中国のため、シンタクチックフォームについての情報を得ようとした。四人の被告人は、そのうちの何名かはトレルボルグで働いていたが、企業秘密を盗む計画の罪を認め、また、二人は裁判で証人と協力し証言した。2014年から2017年に、CBMFは、被告人の米国での活動を援助するため、中国からヒューストンの被告人の会社に約3.1百万ドルを送った。

 

続く

 

 

2020年

10月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (116)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月29日に、司法省は、9日間の裁判を経て、一人の個人が企業秘密を盗む計画のため起訴されたと発表した。裁判で明らかになった証拠によると、被告人は、シンタクチックフォーム、深海での石油ガス掘削に不可欠な商用にも軍用にも使われる

 強く軽量の材料に関して、ヒューストンを基盤とするトレレボルグ・オフショアから企業秘密を盗むことを他者と共謀したことが明らかになった。

 

続く

 

2020年

10月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (115)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月10日に、司法省は、シカゴ郊外の機関車製造企業のソフト技術者の告訴を公開したことを発表しており、その企業から知的財産を盗み、その技術者が住んでいると考えられる中国にその知的財産を持ち込むという告訴内容であった。

 

続く

 

2020年

10月

04日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (114)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年6月14日に、司法省は、中国生まれの帰化した米国市民およびその米国市民とその妻が設立した企業が、企業秘密の窃盗で起訴され、以前の雇用主である半導体企業のアナログデバイス社から知的財産を盗むことに関連するものであった。

 

続く

 

2020年

11月

30日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(最終21回)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

問題は多分間もなく解決されるでしょう。早い解決を望みます。しかしながら、解決には法的な手続きが恐らく必要です。私は特定の幾つかの州での勝利を主張し、バイデンは多くの州での勝利を主張しているところです。しかし、私は裁判官が裁かなければならないと感じています。沢山のいたずらのようなことが起こりましたが、それには賛成できません。

 

ありがとう

 

完了

午後7:04 東部標準時

 

 

 

 

 

2020年

11月

29日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(20)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

今回は大規模版であり、毎日悪化しています。恐怖の物語を聞いているのです。全くの恐怖の物語です。このようなことをアメリカで起こしてはなりません。誰が勝つか、共和党、民主党、バイデン、私の誰が勝つかは問題ではありません。我が国でこのようなことが起こってはならないのです。このようなことが起こることは恥ずべきなのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

28日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(19)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

それで、私は皆さん全員の方々と幾月かの間、このことについて話してきました。郵便投票は災害だと大変に強く言ってきたのです。小さな選挙で災害でした。大変に扱いやす小さな選挙で災害でした。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

27日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(18)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

そのような正直なやり方のお陰でこの国は勝つのです。米国が勝つのです。証拠が沢山あるため、多くの訴訟が起こるでしょう。最後には連邦の最高裁となるでしょう。やってみます。沢山の訴訟が起こるのは、今回のように選挙を盗まれることはできないためです。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

26日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(17)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

選挙日が設定されており、法律はその点について大変に厳しくなっています。選挙日があり、その後の投票はあってはならず、また、そのプロセスは正直なものでなければなりません。そのことは大変に重要なことです。正直な選挙が求められます。正直な集計が求められます。また、大変に重要な仕事であるため裏方は正直な人々であることが求められます。

 

続く

 

 

2020年

11月

25日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(16)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

バイデンと民主党員全員に対して、彼らは合法の投票だけを必要とすることをはっきりさせるために、問題を突きつけました。彼らは投票と言いうのですが、「合法」という言葉を、「合法な投票」という言葉を使うべきです。「合法な投票は全数が集計されなければなりません。」私はそのように強く望みます。開放性と透明性がなければならないのです。秘密の集計室、不可思議な投票、投票日の後に投票される違法な投票はどれも要りません。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

24日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(15)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

複数のスイング州では、集計は投票日の夜に数時間また数時間と休止されたのです。民主党が運営する主要な場所において結果が差し控えられたのです。結果は出てきました。しかし、バイデンという同じ名前ばかりでした。ほとんどすべてがそうだったと思います。すべてバイデンという名前でした。少し不思議です。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

23日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(14)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

デトロイトでは、投票の多くを集計に配達する際に説明されない数時間の遅れがありました。投票は8時に閉じられたにも関わらず、最終の投票は午前4時まで到着しませんでした。持ち込まれましたが、誰もどこから来たのか知らないのでした。また、私たちはジョージアの重要な場所で観察する行為を拒否されたのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

22日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(13)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

再び、デトロイトの投票集計の主要な場所では、窓が大きな段ボール紙で覆われました。集計場所を護ろうとしまた人を寄せ付けたくなかったのです。集計を誰にも見られたくなかったのです。そこにいるべき法的な観察者であってもです。

 

続く

 

 

2020年

11月

21日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(12)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ミシガンでは世論調査員たちが投票用紙を複製していました。私たちの観察者がその行動を問題にしようとしたとき、それらの世論調査員たちはボランティアの先頭に飛び出てきて、何をしているのか見えないように視野を塞いだのです。そして少し危険あn状態になりました。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

20日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(11)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

消印がありません。個人の特定ができません。国の全域で、いくつかの衝撃的な異常行為がありました。私たちの陣営は、デトロイトで集計の観察行動をどの集計においても拒否されたのです。デトロイトは問題のもう一つの場所です。デトロイトは選挙の完璧性で最高の評判をとるとは言えません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

19日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(10)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は、全員が腐敗した民主党の装備の一環であり、腐敗した民主党の装備について、長い間、あなた方は書いてきました。私は、その学校に通い、よく知っています。変わってはいません。大分前のことですが、変わっていません。悪くなっています。

 

ペンシルベニアでは、盲従する民主党員は、州内での投票が選挙の3日後に受け取られることを許しました。それだけではありません。消印がなくともまた個人を特定できなくても何であろうが、集計に入れているのです。消印がないのです。個人の特定がされないのです。国の全域で、いくつかの不正な不規則なことが起こっています。私たちのキャンペーンは、デトロイトで、集計の監視は全て拒否されたのです。デトロイトは、もう一つの例です。

 

続く

 

2020年

11月

18日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(9)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党の職員はこの選挙で勝利できるとは全く信じていません。そのはずです。そのために、郵便投票を行ったのです。郵便投票には甚大な堕落と欺瞞が横行します。いかなる確認手段を無しで、数千万の求めらない投票用紙を郵送したのです。このようなことになると皆さんに私は話していたのです。今回の重大な選挙で、多くの場合に全く求められることなく、数千万の投票用紙を送るということを決める前に、私は沢山の選挙を観ました。

 

このようなことは、米国史上で前例がありません。これは意図によるものです。選挙の保障について気を配るようにとの長年の要求に関わらず、署名や個人を確認する要求を認めることあるいは投票の権利があるかどうか決める要求を取り入れることを拒否している。人々は何も考えずに投票所に入り、番号を受け取る。沢山の情報が入ってきており、あなたさえも震え上がる訴訟が起こります。

 

続く

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は

 

 

2020年

11月

17日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(8)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ペンシルベニア州では、民主党は、私たちの観察者を禁止しようとするため、州の最高裁に訴えたのです。大変強力にです。私たちはその裁判に勝訴しましたが、彼らは前に進んでいます。彼らは誰も中に入れたくないのです。彼らが投票を集計する間に見られたくないのです。なぜそうなのか想像できません。集計のプロセスを見られたくないという合法の理由は全くありません。そうではなくて、彼らは明らかに詐欺を犯そうとしているのです。それに疑いはありません。

 

フィラデルフィアでは、人々は大変に遠ざけられました。あまりに遠くて双眼鏡を使って見ようとしたほどです。そして途方もない問題を引き起こしました。彼らは、見られないように、全ての窓に紙を貼り付け、中を見ることが出来なくなった人々は大変に不満となり、幾分暴力的になりました。

 

第11回の巡回裁判所は、ジョージア州において、投票は投票日までにと定めたのですが、そうではありませんでした。投票が選挙日よりも後に入って来たのです。投票は選挙日までに入らなければならないという判決がすでにあったのです。私の知る限り、票は選挙日までに入らなければならないのですが、そうはしなかったのです。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

16日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(7)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

私たちの目標は、選挙の完全性を護ることです。 このような重要な選挙あるいはどんな選挙でも盗まれることは許せないのです。また、沈黙を許すことはできません。私たちの投票人を沈黙させまた結果を作り上げる人はだれも許せないのです。

 

私は、沢山の公共のことがらを長い間してきました。電話をする、話す、ものを私たちに送るなどの、人々によるインスピレーションに出会ったことはありません。今回のような愛情、愛着、精神に出会ったことはありません。人々は何が起こっているか知っており、自分の眼で見ているのです。

 

間もなく報告される多くの事例があります。尋常でない訴訟が行われています。選挙を盗み、選挙を作り上げようとしているのですが、それは許せません。米国のどの都市よりも腐敗した政治的な二つの場所であるとして知られているデトロイトとフィラデルフィアは、非常に重要な大統領選挙であるこの選挙の結果を作り上げる責任をもっているはずがありません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

15日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(6)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

同じようなことがジョージア州で起こっています。彼らは提訴を進めています。現実にそうなのです。私たちは、人々を監視したい、観察者が欲しいという訴訟に勝利しました。彼らは現実に提訴を進めており、何らか興味を引きます。彼らはなぜ提訴したいのか分かりません。私たちは、彼らが投票の集計をする間監視したいということが全てです。

 

同じようにジョージア州で、投票日の夜に30万票に近い得票で私は大きく勝利しました。ところが、それは維持されず、大きな

勝利から少し敗北するという得票にすら近づいています。

 

ジョージアでは、遠方でパイプが破裂しました。彼らは4時間集計を停止し、色々なことが起こりました。ジョージア州の投票装置は民主党員によって運営されています。

 

また、ミシガン州では30万票のマージンがありました。大きく引き離し、ミシガン州で勝利しました。ウィスコンシン州では、同じように熱狂するほど良好でしたが、劣勢となりました。どの場合にも、劣勢となりました。

 

本日、アリゾナ州で勝利に向かっています。ただ残る票の55%を得ることができればよいのです。55%のマージンです。このマージンは大幅に越えています。どのような結果になるかですが、アリゾナ州では大丈夫のようです。

 

続く

 

2020年

11月

14日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(5)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

システムは腐敗しています。人々が本来腐敗していなくても、人々を腐敗させるのです。余りに容易く腐敗されます。彼らは何票が必要か知りたいのです。そしてその数の表を見つけることが出来るようです。待って待って、遂に見つけるのです。

 

選挙日当日の夜がそうでした。私たちはノースカロライナ州で得票数を大きくリードしてました。甚大な数の得票でした。今でも大きくリードはしていますが、彼らが突然に票を見つけて来るためそれほど多くはありません。「そうだ、郵送の票があるんだ。」

 

この郵送された票がどのようにしてこのように一方的なのかも、不思議です。そのことは民主党の利益となるということと、私は知っています。しかしながら、どの場合にも、大変に一方的なのです。

 

私たちはペンシルベニア州でほぼ 70万票リードしてました。私はペンシルベニア州で大幅に勝利したのです。そうして、それは落ちていったのです。今は、9万票のリードと言っていると思います。彼らは票が引き続いて入ってきます。彼らは票をあらゆるところで見つけるのです。私たちは裁判で勝ったにも関わらず、彼らは私たちが観察者を送ることを欲しません。裁判官は言ったのです、「私たちは観察者を持たなければならない」と。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

13日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(4)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

この大統領選挙であと僅かな州が決まらずに残っています。そのような州の投票の装備はどの州共に民主党によって運営されています。

 

私たちは、実際に、全ての重要な州で大きく勝っていましたが、奇妙なことに、私たちの数値が密かに削ぎ取られ始め、また、彼らは法的に許される観察者を認めようとしないのです。二つの場合に提訴をして、観察者が許されました。観察者が到着したのですが、建物の中の人々を観察するのに、60、70フィート、あるいは80フィート、あるいは100フィート離れるかあるいは

建物の外にいるように要求されたのです。

 

一件の裁判は勝利しました。大変重要な裁判です。他にも提訴を仕掛けています。多くの提訴です。私たちの提訴以外にも、全般的には、(投票・集計の)プロセスがどんなにか不公平であるため、膨大な数の訴訟が起こっています。それは私が予言しました。私は郵便投票についてずっと以前から話しています。郵便投票は、実際に米国のシステムを破壊したのです。

 

続く

 

2020年

11月

12日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(3)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党は巨大な寄付者、巨大なメディア、巨大なテクノロジー界の党のようです。共和党はアメリカ労働者の党となったのです。また、共和党は多様性を受け入れる党であると、私は信じます。

 

今や誰もが気が付いているように、メディアの世論調査は、まさに言葉通り、強力な特別利益追求による選挙妨害です。偽の世論調査と呼ばなければなりません。このまさしく偽の世論調査は、共和党の投票者を家から出ないようにし、バイデン氏に勢いがあるという錯覚をつくり、また、共和党の資金獲得の能力を弱めるように仕組まれたのです。「抑制(共和党側の)」を狙う世論調査と呼べるものでした。今では誰もが知っています。「抑制」の世論調査が今回ほどまで使われたことはこれまでなかったのです。

 

少しだけ例を挙げましょう。クイニピアックは、私の知る限りいつも間違っており、選挙の前日に、フロリダでジョー・バイデンが5ポイント優勢と伝えましたが、8.4ポイント間違いました。私がフロリダで容易く勝利したのです。容易くです。クイニピアックは私がフロリダで大きく負けると伝えたのですが、私はフロリダで大勝しました。他の州でも全く同じでした。オハイオ州でバイデンが4ポイント優勢と伝えましたが、12.2ポイントの間違いでした。また、私はオハイオ州で勝利したのです。偉大なオハイオ州で。大変に容易くです。

 

ワシントンポストはウィスコンシン州でバイデンが17ポイント優勢と伝えましたが、基本的には同等でした。17ポイント間違ったのです。そのことは知っていたのです。愚かな人たちではありません。知っていたのです。抑制(共和党側の)が目的です。

 

続く

 

 

 

 

 

 

2020年

11月

11日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(2)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

上院は維持した。改選議席が民主党よりも2倍多かったにも関わらずである。まさに、ずっと接戦の州で、素晴らしい結果であった。誇らしい限りである。改選議席が民主党よりも多かった。

 

民主党は、サウスカロライナとケンタッキーのたった二州だけで、上院の選挙にほぼ2億ドルを費やした。まさに私たちと戦うために数億ドルである。国のレベルでは、私たちの対抗勢力の主要な寄付貢献者はウォールストリートの銀行家と特別の利益関係者であった。私たちの主要な寄付貢献者は、警察官、農家、普通の市民であった。しかし、初めてのことであるが、下院では、議席を失わなかった。今日、ケビン・マッカ―シーと話をした。信じられないと彼は言った。議席を失わないとは尋常のことではありません。多くの新議席を獲得したのです。さらに議席が増えると思います。

 

また、今年は共和党の女性の年です。過去最多の共和党女性議員が選ばれたのです。素晴らしい成果です。私は、過去60年間でどの共和党員よりも多くの非白人票を獲得しました。ラテンアメリカ系、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、アメリカ先住民からの歴史的な得票が含まれます。共和党票が400万票増加し、共和党の歴史上で最大数となりました。

 

続く

 

 

2020年

11月

10日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

おはよう。非常に重要な2020年大統領選挙の完全性を護る私たちの取り組みについて現況を米国国民に説明します。合法的な投票を数えれば、私は間違いなく選挙に勝っています。不法な投票を含めるなら、彼らは私たちから選挙を盗もうとすることができるのです。遅く来た投票を数えればです。私たちはそのような投票に大変に強く注目しています。しかし、沢山の投票が遅く来たのです。

 

私はすでに多くの重要な州で勝利しています。州名を少しだけ挙げれば、フロリダ、アイオワ、インディアナ、オハイオがそうです。巨大なメディア、巨額の資金源、巨大なテクノロジー界から歴史に残る選挙妨害を私たちは受けたにも関わらず、このような勝利と他の多くの勝利を得たのです。

 

皆さんが知っているように、私たちは歴史に残るような数値で勝利したのです。世論調査の専門家は、知りながら悪く言ったのです。知りながらです。世論調査の結果はばかげたものでした。だれもがそのことは知ってました。起こると予言された青い波は起こらなかったのです。青い波が起こると彼らは思ったのですが、それは虚偽でした。それは抑圧のためのものでした。しかしながら、現実には大きな赤い波が起こったのでした。

 

赤い波は、現実にメディアによって正しく認識されています。メディアは大変に感心したと私は思うのですが、しかしそれは現実に起こってからなのでした。私たちには何の役にも立ちません。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (132)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この報告書の公表に関連して、2020年1月31日に、トランプ大統領は、「安全で合法の電子商取引を米国の消費者、企業、政府の物流そし知的財産権所有者にために確保」という大統領令を発行した。

 

続く

  

2020年

10月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (131)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この大統領覚書は、初めて、電子商取引オンライン市場で売られている偽造品と海賊行為品にスポットライトを当て、この拡大する問題に対処することに目を向けている。トランプ大統領の方針で、ホームランド安全保障省は、USG全域からのインプットを受け、2020年1月24日に報告書を公表し、オンライン第三者市場を分析し、そこで密売されている不法な品物を調べ、また、もっとも重要なことであるが、この問題に対応できる現実の解決策、最善の慣行、そして、潜在的な法的また行政上の変化を特定する。

 

続く

 

2020年

10月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (130)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

大統領覚書の発行に続いて、大統領顧問団レベルのホワイトハウス知的財産円卓会議が、電子商取引のプラットフォームで偽造品と海賊行為品の拡散に対処するのに権利保有者が直面する問題そして不法品とは知らずに購入する消費者への潜在的な害を議論するために、開催された。政府の役人は、オンラインの市場販売者から小売業者やディストリビューターに送られる商品に関して、一層の情報の共有化、説明責任と高度な精査の必要性を表明した。

 

続く

 

 

 

 

2020年

10月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (129)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

4月に、トランプ大統領は、とくに第三者のオンライン市場で偽造品と海賊行為品の密売と戦うことについて大統領覚書に署名した。大統領は次のように言明した。オンラインの第三者市場とその他の第三者仲介を通して輸入される品を含めて、偽造品と海賊品の危険と負の影響からアメリカの企業、知的財産権保有者、消費者、国家安全保障と経済上の安全保障そしてアメリカの公共体を護ることはトランプ政権の政策であると。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (128)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

後ほど、春に、ホワイトハウスは、 ヨーロッパの法律と慣行の最近の変化について議論するため、著作権と商標に焦点を当てた産業の両方から利害関係者を集めた。参加者は、EUのGDPRがWHOISのデータベースと悪い行為者についてオンラインで情報を得る能力に及ぼす影響についいて懸念を表した。また、議論は、EUの著作権指示とアメリカ企業への潜在的な影響に集中した。

 

続く

 

 

2020年

10月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (127)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

円卓会議の参加者には、主要なスポーツリーグ、製造、スポーツ製品企業、電子商取引、SNSプラットフォームからの代表、それに様々な政府職員が含まれた。スポーツ産業からの代表は、中国での実行の問題を取り上げ、不法なストリーミング装置の影響を強調し、また、電子商取引とソーシャルメディアでの消費者の一層の保護の必要性を強調した。スポーツリーグは、「オペレーションチームプレヤー」のようなイニシアティブでの継続した政府の協力を称えた。電子商取引とソーシャルメディア企業からの参加者は、自らのプラットフォームでの偽造と海賊行為に対処する取り組みを共有した。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (126)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

世界知的所有権機関WIPOの世界知的財産日の主題である「金メダルを目指せ、知的財産とスポーツ」に合わせて、ホワイトハウスはスポーツにおける知的財産の問題に関する知的財産円卓会議を主催した。

 

続く

 

 

2020年

10月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (125)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

政府全体に渡る調整の取り組みは、知的財産執行に上手く対処するのに必須である。ホワイトハウスは、産業の代表、関心のある利害関係者、国会議員とその他の政府職員が米国経済に悪影響を及ぼす切迫した知的財産問題を調査するように集めるいくつかの円卓会議を招集し、新しいイニシアティブを開発し、法的な優先事項を調査し、現実の世界的な解決法を見つけることを目的とした。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (124)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

これに関して、とりわけ、トランプ政権は、次の3項目の重要性を強調する。一つは、「法の支配」、二つ目は、国際的なサプライチェーンの完全性を損なう不法な活動と戦うことそして正当な商業と貿易を支援することでの連携(政府内と政府間、公共と民間セクターの間、そして、民間セクター内)を高めること、三つめは、知的財産の保護と執行において政府の有効性を強化するために「全政府」という進め方の採用を考慮する政府である。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (123)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

このような関係において、トランプ政権は、偽造品、著作権の改造行為、企業秘密の窃盗、特許侵害を減らし、また、政府の機関、権利の保有者や他の利害関係者にこのような不法行為に対処する効果的な法的手段を提供する健全な知的財産の環境を触診し実践するイニシアティブを国内と外国の行為者が実行することの重要性を強調した。

 

続く

 

 

2020年

10月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (122)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

2019年を通して、トランプ政権は、知的財産権の保護と執行を強めることを支援し、様々な利害関係者と関係をもった。そのような取り組みは、連邦の行政機関全体の省庁を含み、民間セクター、業界団体、シンクタンク、学界などの代表者と関係した。また、このような議論は、外国政府の役人、国際的な政府機関INTERPOL, Europol, and WIPO)、他国の民間セクターの団体やグループに及んだ。

 

続く

 

2020年

10月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (121)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの重要問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (120)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (119)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

トランプ政権は、知的財産の政策、実施と保護の全ての範囲の問題に対処するため、小規模、中規模と大規模の企業を含めた米国産業の広範な利害関係者と緊密に取り組んでいる。知的財産問題への新しい解決策と創造的な方法を見つけるために共に取り組むことが鍵となる。

 

続く 

 

 

2020年

10月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (118)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

「米国は、マーケットアクセスの条件として、価値のある技術を移転するように米国企業に不法に迫る国に対しては立ち上がる。米国は、米国民の雇用を破壊する偽造品の製造と海賊行為と戦い、責任のある商業の基盤となる公平で相互主義の貿易のルールを守らせる・・・」 ドナルドトランプ大統領

 

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (117)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家の優先事項の公表において、中国はこの技術を開発する願望を明確にした。被告人は、台州市の中国企業 CBM-Future New Material Science and Technology Co. Ltd. (CBMF)を利するため、また、最終的には中国のため、シンタクチックフォームについての情報を得ようとした。四人の被告人は、そのうちの何名かはトレルボルグで働いていたが、企業秘密を盗む計画の罪を認め、また、二人は裁判で証人と協力し証言した。2014年から2017年に、CBMFは、被告人の米国での活動を援助するため、中国からヒューストンの被告人の会社に約3.1百万ドルを送った。

 

続く

 

 

2020年

10月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (116)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月29日に、司法省は、9日間の裁判を経て、一人の個人が企業秘密を盗む計画のため起訴されたと発表した。裁判で明らかになった証拠によると、被告人は、シンタクチックフォーム、深海での石油ガス掘削に不可欠な商用にも軍用にも使われる

 強く軽量の材料に関して、ヒューストンを基盤とするトレレボルグ・オフショアから企業秘密を盗むことを他者と共謀したことが明らかになった。

 

続く

 

2020年

10月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (115)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月10日に、司法省は、シカゴ郊外の機関車製造企業のソフト技術者の告訴を公開したことを発表しており、その企業から知的財産を盗み、その技術者が住んでいると考えられる中国にその知的財産を持ち込むという告訴内容であった。

 

続く

 

2020年

10月

04日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (114)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年6月14日に、司法省は、中国生まれの帰化した米国市民およびその米国市民とその妻が設立した企業が、企業秘密の窃盗で起訴され、以前の雇用主である半導体企業のアナログデバイス社から知的財産を盗むことに関連するものであった。

 

続く

 

2020年

10月

03日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (113)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年4月23日に、司法省は、前ジェネラルエレクトリックの技術者で中国人のビジネスマンの起訴の公開を発表しており、その起訴内容は、ジェネラルエレクトリックのタービン技術に関わる企業秘密を盗もうとする経済スパイであり、その盗まれた記号秘密が中国を利するために使われることを知っておりまたそれを実現しようとするものだった。容疑者は中国政府から経済的支援などを得ており、また、タービン技術を開発するため、中国国有の機関と研究の契約に入るように、中国政府の職員と連携した。

 

続く

 

 

2020年

10月

02日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (112)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年2月14日に、司法省は、BPAフリーのコーティングのための成分配合に関連する企業秘密を盗もうとする容疑で、米国企業と一人の中国国籍者を告訴したことを発表した。被害届によれば、二人の個人ともう一人の共謀者が企業秘密を盗みその一人が運営する中国企業にその情報を提供することを計画し、その企業はその盗んだ企業秘密を使って開発された製品を製造し利益を得ることになっていた。

 

続く

 

2020年

10月

01日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (111)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年1月28日 に、司法省は、アメリカのテレコム企業(T-Mobile)の企業秘密を盗もうとした容疑で、中国企業とその米国関連企業の告訴を発表した。

 

続く

  

2020年

9月

30日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (110)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年12月21日に、司法省は、中国国籍で米国永住者が企業秘密の窃盗の容疑で逮捕されたことを発表した。その被害届によれば、その個人は、「研究開発ダウンストリームエネルギー市場製品」に関して、米国所在の石油企業から企業秘密を盗んだとされている。その後、2019年11月12日に、被告は企業秘密窃盗の罪状を認めた。

 

続く

 

2020年

9月

29日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (109)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年12月20日に、司法省は、管理されたサービスプロバイダーで知的財産と企業秘密と技術情報を狙い国際的なコンピューター侵入の企てを実行した容疑での、二人の中国国籍者の起訴を公開することを発表した。

 

 

続く

 

 

2020年

9月

28日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (108)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、司法省は、盗まれた企業秘密の更なる転移を禁止し、また、盗まれた企業秘密を使って作られた告訴を受けた企業によって製造されたどんな製品も米国に輸出されることを禁止する民事訴訟を行った(中国企業が盗んだ技術から利益を得ることを防止する別の措置では、商務省は実態リストにその企業を加えており、その企業が米国で物品とサービスを買うことを防止することになる。

 

続く

 

 

2020年

9月

27日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (107)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年11月1日に、司法省は、中国の国家所有の企業、台湾企業と三人の個人の告訴を発表し、その容疑は、中国政府によって管理される企業のために、アメリカの半導体企業(マイクロンテクノロジー社)の企業秘密を盗み、伝達し所有することであった。

 

続く

 

 

 

2020年

9月

26日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (106)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年10月30日に、司法省は、二人の中国人のインテリジェンス職員とその下で働いたハッカーと企業のインサイダー協力者の起訴を発表し、商用の航空機で使用されるターボファンエンジンに関連した情報を含めて、知的財産であり企業秘密を盗む容疑がかけられた。

 

続く

 

 

2020年

9月

25日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (105)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年10月10日に、司法省は、中国の国家安全保障部の工作員が経済スパイを実行しまた米国の複数の航空と航空宇宙企業から企業秘密を盗もうと企てたことで逮捕され起訴されたことを、発表した。この工作員は、連邦の苦情を受けてベルギーで逮捕され、オハイオ州南区の連邦の大審院によって起訴され、米国に送還された。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

9月

24日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (104)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

昨年、司法省は、次の事案を含めて、企業秘密の窃盗に対していくつかの起訴を実施した。

 

続く

 

2020年

9月

23日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (103)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

 2018年11月1日に、検事総長は、国家安全保障部門の副検事総長によって主導される中国イニシアティブの創立を発表し、それは、犯罪部門の司法次官補を含めて、FBI上級役職者、5人の米国検事と幾人かの司法省の他の指導者と高官から成り立っている。検事総長の説明のように、「このイニシアティブは、優先度の高い中国による企業秘密盗用事案を特定し、それに対して十分な対応資源を有することを課し金物西、そして、適切な結論を迅速に効果的にもたらすようにする。」

 

 

続く

 

 

2020年

9月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (102)

法執行措置の拡大と協力

 

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

特に、2019年度の間、司法省は、米国企業の企業秘密の窃盗と戦うことにその捜査と告発の取り組みを集中することを継続した。

 

続く

 

 

2020年

9月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (101)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、自分たちで創造しなかったものを盗みアメリカの競争性を損なう個人と企業を激しく捜査し告訴することを決意している。

 

続く

 

 

 

 

2020年

9月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (100)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家サイバー戦略は以下のように言明する。「また、米国政府は、重要な新しく出現する技術と企業秘密の保護を推進し、敵国がアメリカの研究開発を悪用し不公平な優位性を得ることを防ぐように取り組む。10年以上の間、悪意のある行為者が、アメリカの企業が保有している秘密の企業情報を狙い、米国の商業ネットワークへのサイバー上の侵入を実行した。他の国からの悪意のある行為者は、企業秘密、技術データと重要な秘密の内部通信情報の宝庫を盗んだ。米国政府は、投資家に友好な環境を維持しながら、外国の競合による公共と民間セクターの技術と技術的な知識の不法な流用に対して取り組む。」

 

続く

 

2020年

9月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (99)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産、とくに企業秘密のサイバー上での窃盗は、その窃盗が個々の企業に加える測ることのできないような損害に加えて、米国経済に重大な費用を課する。トランプ政権は、企業秘密と他の企業秘密情報のサーバー上での窃盗と戦うことを決意している。

 

続く

 

2020年

9月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (98)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産の保護は、このデジタル時代において米国の競争性を維持する上でとくに重大である。2018年9月20日にホワイトハウスが発行した「国家サイバー戦略」でトランプ政権が説明したように、「アメリカの発明と革新を助け保護することは、サイバー空間での米国の戦略的な優位性を維持するのに不可欠であり」、また、「知的財産の強力な保護は、デジタル時代において経済成長と革新が継続することを確実にする。米国政府は、特許、商標、著作権のような知的財産権の保護と実施を通して、革新にインセンティブをもたらす国際的な知的財産権のシステムを助成しまた助成を進めることを続ける。」

 

続く

 

 

2020年

9月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (97)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、2018年に、米国議会は合成医薬品密売オーバードーズ防止(STOP)法を検討し通過させ、トランプ大統領は2018年10月24日に法の成立に署名した。STOP法は、郵送による危険な合成医薬品の輸入を阻止することに焦点を当てているが、その法律の条項では、国際的な出荷者からの事前の電子情報の収集を要求しまた米国の郵便サービスと税関・国境警備局が国内への速達郵便サービスの処理にかかる費用の返却を行うことになり、また、税関・国境警備局が模造品の出荷を特定しそれらが米国で流通することを防止することを助けるのである。

 

続く

 

2020年

9月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (96)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産権利センターのオペレーションチームプレヤーは、模造品のスポーツ製品、衣料とチケットの販売と密売を対象にしている。オペレーションチームプレヤーの後援の下、ICE-HSIは、24.2百万ドルと見積もられるほぼ285,000個の模造品のスポーツ関連商品を押収し、また、合同捜査による取り組みによって、28件の逮捕そして21件の起訴に導かれた。一年を通して、知的財産権利センターは、経済を害し、他の犯罪活動を支える資金を提供し、また、潜在的に公衆衛生と安全に危害を及ぼす密輸を対象にして、主要なスポーツリーグとの連携の取り組みを主導した。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

9月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (95)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年の1月から7月にかけて、一連の強制捜査が行われ、ブラジルの歴史上で最大の時計の模造品を含む密輸品が押収された。その総額は12.6百万ドル、総数は約50万個の模造品の時計であり、運び出すのにトラック10台が使われた。このサオパウロ作戦は、国をまたがる犯罪組織を共に攻撃する方法のモデルとなった。

 

続く

 

2020年

9月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (94)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICHIPプログラムの衝撃的な効果の一例として、サンパウロに立地するICHIPによる長期的な援助によって、サンパウロの役人、米国の権利所有者とブラジル警察という複数の利害関係者が Operação Comércio Legal (Operation Legal Commerce)を実施するようになった。

 

続く

 

2020年

9月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (93)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ワシントンに配置された二つのICHIPに加えて、

  (1) Hong Kong, China SAR;(2) São Paulo, Brazil; (3) Bucharest, Romania; (4) Bangkok, Thailand; (5) Abuja, Nigeria; (6) Kuala Lumpur, Malaysia; (7) The Hague, Netherlands; (8) Zagreb, Croatia; (9) Addis Ababa, Ethiopia; and (10) Panama City, Panama

に、ICHIPが配置される。

 

続く

  

2020年

9月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (92)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

このような訓練は、商標の偽造と著作権での海賊行為の複数の海外での起訴をもたらした。ブッシュ政権の下で2006年にタイの一軒の事務所で設立されたプログラムは、トランプ政権の下で新しいGLENの設立によって拡大された。このネットワークの配備が完了すると、12のICHIP(その一つは司法省によって資金が供給される)が設立され、地域の内外で、国をまたがる組織犯罪を支える脅威を含めて、知的財産への脅威を低減するために連携して作業をしている。

 

続く

 

 

2020年

9月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (91)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICHIPの国際的な法執行ネットワーク(以前には、IPLECプログラムとして知られている)は、国務省によって資金が供給され司法省によって運営されており、海外の米国職員の効果を当地の検察官、判事と警察官を訓練することによって向上させている。

 

続く

 

2020年

9月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (90)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、他の捜査機関と連携し、知的財産に関連する情報格差に対応するため、国際組織犯罪インテリジェンス・オペレーションセンターにデータを提供するよう、当センターと協力している。当センターは、国際組織犯罪グループが知的財産での違反に関わる捜査に、活動上の、インテリジェンスのそして財政的な支援を提供してきた。

 

 

続く

 

2020年

9月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (89)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICE-HSIアタッシェは、ホスト国の交渉相手と強力な協同の関係を確立している。このような関係は、国内での、国際的なまた多国間の活動をICEが成功させる能力を高める。ICE-HSIアタッシェは、50ケ国を越える国々に配置されている。

 

 

続く

 

2020年

9月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (88)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省、商務省、国務省、国土安全保障省を含めて、行政機関は、知的財産の法律の効果的な執行について、外国の高官に訓練を提供してきた。知的財産に関わる訓練は、知的財産違反への責任を有する様々な法執行機関の間の協力を向上させるように、知的財産の犯罪と戦うための経済上と組織的な犯罪への法令を含めて、様々な種類の容疑を使うように、また、偽造品と海賊行為を縮小することの重要性の認知度を法執行高官と司法の間で高めるように、設計されている。

 

続く 

 

 

2020年

9月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (87)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国際的な知的財産の犯罪は、偽造品の製造と国際的な配布から著作権のついた製品の不法な配布からの利益を摘み取るように考えられたはびこるオンラインビジネスまで、法執行の先を進むようにしながら成長し変化を続けている。米国は、他国が効果的に知的財産の法律を執行しまた偽造品と海賊行為の製品の密輸を減らせるように、訓練と技術援助プログラムを開発するよう活発に取り組んでいる。

 

続く

 

 

2020年

9月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (86)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

健康と安全が関わるイニシアティブは、偽造の医薬品、不法に処方された医薬品、自動車の部品、軍需品を含めて、消費者に危険を及ぼす偽造品の拡散に対処するため、民間と州と連邦の法執行のリソースを束ねる。司法省の検察官とFBIは、商売ベースで国が後ろ盾をする企業秘密の窃盗の捜査と告発を引き続いて強調してきた。その結果、無数の企業秘密の窃盗と経済スパイの事件が捜査されまた告発された。司法省は、重大で大規模な海賊行為と偽造品の活動を引き続いて追求して来た。

 

続く

 

 

2020年

9月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (85)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、(1)健康と安全、(2)企業秘密の窃盗あるいは経済スパイ行為、そして(3)大規模な模造品の販売とオンライン海賊行為を含む知的財産捜査と告発を引き続いて優先している。また、インターネットの使用によって実行されたり助長されたりするあるいは組織的犯罪ネットワークによって実行される知的財産の犯罪への焦点を強めた。

 

続く

 

 

2020年

9月

04日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (84)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、知的財産権センターは36,527件の捜査上の手がかりを詳しく調査した。その中の20,911件が法施行の相手国に紹介した。さらに、知的財産権センターは、相手国の機関と産業界のために、10,426件の捜査対象を捜査から外した。その過程で、知的財産権センターは、2つあるいはそれ以上の組織が同じ捜査対象を捜査していた55件を特定した。最後に、知的財産権センターは、民間産業に330件の捜査の手がかりをフォローアップのために紹介した。

 

続く

 

2020年

9月

03日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (83)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度の終わりに、FBIは195件の進行中の知的財産権に関する捜査を保有した。最大数の捜査は、企業秘密の窃盗(64)、著作権侵害(46)、商標侵害(55)であった。2019年度の間、FBIは、47件の新たな捜査を開始し、23人を逮捕し、3件の有罪を獲得し、総額192,058ドルの没収と総額529ドルの返還を行った。

 

2019年度に、ICE-HSIは、501件の知的財産に関わる捜査を開始し、256件の逮捕、197件の告訴、157件の有罪、そして、287,951,429ドルの2,244件の押収を行った。

 

続く

 

 

2020年

9月

02日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (82)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省の司法補助局は、州と地方の法執行のための訓練プログラムを支援してきており、これまでに総計で、1,301機関からの2,609人の出席者への110の訓練、185機関からの538人の出席者への16のセミナー、そして、130機関からの568人の出席者への39の技術援助が支援された。

 

また、米国政府の検察と法執行のリソースが効果的にまた効率的に使われ、重複しないことを確実にするため、知的財産権センターは、FBI, ICE-HSI,  CBP, FDA, その他の機関のための捜査のクリアリングハウスとしての任務を担っている。

 

続く 

 

2020年

9月

01日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (81)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年7月1日から2019年6月30日まで、地方の法執行の補助金受領者は、

  • 知的財産の法律の違反で305名を逮捕した。
  • 州と地方の138の知的財産捜索令状を執行した。
  • 407の海賊・偽造組織を壊滅あるいは解体した。

続く

 

 

 

2020年

8月

31日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (80)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、州と地方の法執行の任務部隊と地方の訓練と技術援助を支援するため、補助金を付与した。知的財産執行プログラムは、検察、防止、訓練と技術援助を含めて、犯罪への知的財産執行に対処するため、国家支援を提供しまた州と地方の犯罪司法システムの能力を改善するように設計されている。そのプログラムの下で、補助金の受領者は、検察、複数の司法の任務部隊とFBIと米国弁護士会を含めた適当な連邦の機関を含めて、州と地方の法執行の間の効果的な連携と調整を確立し維持する。

 

 

続く

 

2020年

8月

30日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (79)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、米国税関・国境警備局は知的財産権に関して27,599件の押収を実施した。押収品が仮に正規のブランド品であったとすると、押収品の小売価格は総額で150億ドル以上に増加した。

 

 

続く

 

 

2020年

8月

29日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (78)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

電子商取引の成長は、小型パッケージの累進的な増加を招いて来ており、その相当の部分が偽造品であるかあるいは不法なものである。この膨大な問題に対して、米国の税関は、国際郵便施設とその他の入国の場で不法な商品と偽造品を監視し、照準を当てまた押収する最前線にいる。

 

続く

 

 

2020年

8月

28日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (77)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、知的財産権センターは、183のアウトリーチと訓練のイベントで7,253人の人々に接触した。このような取り組みに加えて、知的財産での執行を支援するDHS法執行機関は、2019年に利害関係者と無数の別の係わりを持った。たとえば、プロジェクトトレードウォッチは、民間産業によるインフォームド順守を促進するためのまた貿易コミュニテイー内で法執行の取り組みへの民間の認知度を高めるための輸入コミュニテイーへの、ICE-HSIとCBPのアウトリーチキャンペーンである。知的財産権センターは、訓練と関わりのために、産業界とその他の政府機関と連携する。たとえば、オペレーションエンジンNEWITYの支援として、ICE-HSIと自動車反偽造品協議会は、偽造品とどのようにして特定するかについてICE-HSIとCBPの営業所の職員が営業員を訓練できるように、共に取り組んだ。

 

 

続く

 

 

2020年

8月

27日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (76)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

米国政府は、知的財産犯罪を捜査する連邦、州と地方の検察官と機関のための幾つかの訓練プログラムに従事した。このような訓練コースは、一連の知的財産執行問題に対応し、また、検察官と捜査官の間の連携と連邦、州、地方の法執行機関の間の連携を増やすように図られている。

 

続く

 

 

2020年

8月

26日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (75)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

さらに、知的財産権センターは、引き続いて産業界を開かれた継続的な対話に関わらせている。それによって、知的財産権センターは、知的財産犯罪と効果的に戦うために、法執行の取り組みと民間産業との連携の両方に訴える。知的財産権センターは、偽造品の侵入と戦うため、無数のイニシアティブと禁止の取り組みを展開した。このような取り組みは、米国国防総省と米国政府のサプライチェーンに入り込み消費者の健康と安全にリスクをもたらす偽造品と米国経済の保護に焦点を当てている。

 

 続く

 

 

2020年

8月

25日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (74)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、国家知的財産権調整センターは、貿易相手国と協調的な執行の取り組みを推進するため、また、他の国々での実体法や漆黒の態勢を改善するために、攻撃的な国際的なプログラムを実施する。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

24日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (73)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家知的財産権調整センターは、国家安全保障省によって導かれる合同の執行での連携であり、政府の機関が共に情報を共有し、リソースを強化し、そして、知的財産について捜査官、検察官と一般人を訓練するように取り組む。

 

続く

 

 

 

 

2020年

8月

23日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (72)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省の民事部門は、米国の知的財産が侵害されたときに、確実な案件を俎上に挙げる。民事部門は、偽造品を含む不注意な輸入や詐欺行為の輸入から発生する様々な罰金や関税を徴収する民事行為を開始する。また、国際貿易裁判所において、国際貿易委員会の第337条の排除命令を米国税関・国境保護部が執行することを防御する(これらの命令は主要な特許執行措置である)。また、偽造の薬品・医療機器の違反を起訴することを含めて、食品・薬品・化粧品法の下で、民事と刑事の訴訟を行う。さらには、国内全域で、偽造の医薬品と医療機器の事案において、米国検事補を援助する。

 

続く

 

2020年

8月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (71)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、著作権侵害、商標偽造、企業秘密の窃盗を含めて、広範囲の知的財産犯罪を捜査し起訴する。司法省内での主たる捜査と起訴の責任は、FBI、米国弁護士会、犯罪部門のコンピューター犯罪知的財産課、国家安全保障部門の対インテリジェンス輸出管理課、そして、食料医薬品化粧品法での犯罪に関しては、民事局の消費者保護局に依存している。また、司法省は、コンピューターハッキング知的財産プログラムを策定する270の特別に訓練された連邦検察官のネットワークを有している。

 

続く

  

 

2020年

8月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (70)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

米国の法執行機関は、知的財産の窃盗を行う犯罪行為の企業に対して、強力な措置をとっており、また、国際的なそして国内での法執行の取り組みを向上させている。トランプ政権の知的財産に関わる法執行の取り組みは、司法省、国土安全保障省、保健福祉省の食品医薬品局、その他の行政機関の法執行機関が共に、アメリカの革新と知的財産を保護している。

 

続く

 

2020年

8月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (69)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

「外国による知的財産の窃盗は、毎年、数百万人の雇用と数千億ドルの損害を米国にもたらしている。余りに長い間、この規模の富が米国から垂れ流されてきた・・・ワシントンはこれ以上目を逸らさない。」 トランプ大統領

 

 

続く

 

2020年

8月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (68)

 

2018年に、米国議会は2018年の外国人投資リスク調査近代化法を通過させ、大統領が2018年8月13日に署名した。大統領が説明した様に、「この新しい権限は、米国の安全保障に不可欠の最先端のアメリカの技術と知的財産を保護する米国の能力を向上させる。この新しい立法が、重大な技術と知的財産をもったアメリカ企業の外国人による所有を調査することについて、米国での外国人投資委員会に一層大きいな権限をもたらすことは、喜ばしい。」

 

続く

 

2020年

8月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (67)

 

米国外国投資委員会の調査は、国家安全保障上の問題を起こすかも知れない取引の当事者が米国外国投資委員会に自発的な通知を行うときに自発的に開始され、また、米国外国投資委員会が一方的に調査を開始するときには強制的に調査が開始される。もし、別の法律に拠ってあるいは米国外国投資委員会が号したかもたらした緩和手段によって適切に解決できない安全保障上のリスクを引き起こすと、米国外国投資委員会が決めた場合には、米国外国投資委員会はその取引を大統領にとりあげてもよい。大統領は、その取引を中止あるいは禁止してもよい。2018年に、トランプ大統領は、アジアの競合企業であるブロードコムによる米国チップメーカーのクアルコムの獲得を阻止した。財務長官の説明のように、トランプ大統領は、その取引は米国の国家安全保障のリスクになると評価した。

 

続く

 

 

2020年

8月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (66)

 

2017年12月に発行された国家安全保障戦略によると、この政権は、現在と将来の国家安全保障へのリスクに対応できるように、米国外国投資委員会を強化するために、議会と共に働く。米国外国投資委員会は、米国の国家安全保障への影響を定めるため、取引を調査する権限を持った省庁間の委員会である。

 

続く

 

2020年

8月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (65)

 

また、このようなWTOの協定は、 法の支配に基づいた自由で公平で開放された国際的な貿易システムに積極的に貢献する米国の基準の高い二国間と地域間の協定へ基盤を提供する。知的財産権に関しては、WTOは、米国が主要な知的財産問題について貿易相手国と関与する場を提供し、それには、TRIPS委員会の会員候補のための加入交渉を含めて、また、知的財産権問題をWTOの論争解決組織に挙げることに拠ることが含まれる。2018年3月23日に、米国は、中国の差別的な技術ライセンスへの要求に関して、中国への論争解決手続きを開始した。米国は、協議を要求する中で、米国企業とイノベーターの知的財産権を害する中国によるWTO規則の違反を特定した。2018年10月18日に、米国は、協議が問題を解決しなかったあとで、米国の不服を調査するためにWTOがパネルを設立することを依頼した。WTOは、2019年1月16日に論争解決パネルを設立した。

 

続く

 

2020年

8月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (64)

 

世界貿易機関は、米国がWTO会員であることから十分な恩恵を受けるよう、様々なWTOの協定の下で、米国の権利を執行するためのフォーラムを開催する。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (63)

 

国際貿易委員会ITCは、排除命令と停止命令の形で、救済めいれいを発行する権限を与えられている。米国大統領から委譲された権限に基づいて、米国通商代表は、政治的理由からこのような排除命令を承認しなくてもよい。国際貿易委員会ITCは、337条と委員会の手続き規約に沿って、相当数の特許論争を扱う。

 

 

続く

 

2020年

8月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (62)

 

国際貿易委員会ITCは、貿易の事案で広範な捜査責任を有する準司法的機関である。1930年の関税法337条に拠って、米国特許や米国の商標に違反する商品を含めて、商品の輸入において、不公平な行為や不公平な競争の方法に対して、救済を提供する。337条の申立人は、337条に違反すると認められた違反商品の米国への輸入を阻止する命令を求めることが出来る。

 

続く

 

2020年

8月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (61)

 

年次特別301報告書は、世界の米国の貿易相手国の知的財産保護と執行の状況の報告を提供する。この報告書は、外国を対象にし、米国の投資家、創造家、ブランド、生産者、サービスプロバイダーに適正で効果的な知的財産保護を提供しない法律、政策と慣行をあぶりだす。アウトオブサイクル悪名マーケット報告は、重大な海賊行為と偽造品取引に従事し、助長し、目をそらし、恩恵を受ける外国のオンラインと通常のマーケットについて、顕著な例に光を当てる。そのリスト海賊品と模造品が入手できる電子商取引サイトと通常のマーケットの幾つかが含まれる。

 

続く

 

2020年

8月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (60)

 

また、米国通商代表は、米国執行府行政官庁と緊密に取り組み、知的財産権を適正に保護しない米国の貿易相手国を特定する年次特別301報告書を準備し、また、重大な海賊行為と模造品取引に従事しまた助長する米国外の名をはせるオンラインと通常のマーケットに光を当てる年次の悪名マーケットリストを編纂する。

 

続く

 

2020年

8月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (59)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

米国通商代表は、知的財産案件において、米国知的財産執行調整官事務局と米国政府の省庁と綿密に関わっている。米国通商代表は、引き続き、貿易協定の交渉を主導する:一般特恵関税制度とアフリカ成長と機会法のような米国貿易特恵プログラムの下でレビューする。世界貿易機関での貿易政策のレビューを行い、また、外国マーケットにおける知的財産執行での欠陥を強調し、また、悪名高い電子商取引と模造品と海賊品の密売に光を当てる。

 

続く。

 

 

2020年

8月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (58)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

トランプ政権は、自由で公平で相互主義的な関係を推進することを決意している。「米国は、自由で相互主義的な貿易を約束する国々と二国間の貿易と投資の協定を結ぶことを追求し、また、現行の協定がそのような原則に沿うように、現行の協定を改定する。協定は、知的財産、デジタル貿易、農業、労働と環境において高い基準を満たさなければならない。

 

続く

 

2020年

8月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (57)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

2020年1月15日に、米国と中国は、知的財産、技術移転、農業、金融サービス、通貨と外貨交換の分野で中国の経済と貿易の体制に構造改革などの変革を要求するフェーズ1貿易協定に署名した。中国との交渉での進展を考慮しそしてトランプ大統領の指示の下で、米国通商代表は、2019年12月15日に予定されていた1600億ドルの中国製品への15%の追加関税の実施を無期限に中止することを決定した。 さらに、米国は、2019年9月1日に1200億ドルの中国製品に課せられた関税を15%から7.5%に削減することになる。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (56)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

米国通商代表は、中国の不公正な貿易慣行に対応して、以下の関税措置をとる必要性について説明した。

 

「米国の知的財産の中国による窃盗、米国の技術の移転の強制そして米国のコンピューターネットワークへの中国のサイバー攻撃による前例のない脅威に対して技術と革新における米国の先導性護るために、強力な防御措置を取らなければならない。中国政府は、不公正な貿易慣行と”メイドインチャイナ202”のような産業上の政策を通して、米国のハイテク産業と米国の経済上の主導性を阻害するために、果敢に取り組んでいる。技術と革新はアメリカの最大の経済的な財産であり、トランプ大統領は、米国が繁栄する将来を望むならば、米国は今、法へいな貿易を支持し米国の競争性を護る立場に立たなければならない。」

 

続く

 

 

2020年

8月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (55)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

2019年5月に、米国通商代表は、コメントを依頼し、約3000億ドルの年間貿易額の追加の中国製品に25%までの従価税を加える関税の変更の提案について公聴会を開催した。2019年8月に、米億通商代表は、トランプ大統領の指示を受け、追加の10%の従価税を課することによって、調査での行動を修正することを決定し、それは、中国の年間の総貿易額の約3000億ドルの製品について、引き続いて15%にまで増加された。また、米国通商代表は、以前の3回の関税措置の対象となっている年間の貿易額約2500億ドルの中国製品に対して追加の従価税率を25%から30%に増加するという修正の提案に関して公のコメントを受領した。

 

 

続く 

 

2020年

8月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (54)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

まず、米国は、中国からの輸入の内 340億ドルに25%の関税を課した。その第二弾は、中国製品の内の160億ドルへの関税であった。貿易上の行動、政策と慣行を止めることを中国が拒否したことに対応して、2018年9月24日に、さらに中国製品の2000億ドルの輸入に当初は10%の関税が乗せられた。その関税は、2019年1月1日に25%まで増加することが当初の計画であった。トランプ大統領の指示で、米国通商代表は、中国との議論の進展に対応して、この第三の追加関税を延期した。しかし、以前の交渉の中で合意していた特別の約束を取りやめた後で、2019年5月20日に、関税を25%のレベルに増加させた。

 

続く

 

 

In May 2019, USTR requested comment and, in June 2019, held a public hearing on a proposed tariff modification to add an ad valorem duty  従価税 of up to 25 percent on additional products of China with an annual trade value of approximately $300 billion. In August 2019, the Trade Representative, at the direction of the President, determined to modify the action being taken in the investigation by imposing an additional 10 percent ad valorem duty, which was subsequently increased to 15 percent, on products of China with an annual aggregate trade value of approximately $300 billion. The Trade Representative also received public comments regarding a proposed modification to increase the rate of additional duty from 25 percent ad valorem to 30 percent ad valorem on goods of China covered by the three prior tariff actions, with an approximate annual trade value of $250 billion.32

 

USTR explained the need to take these tariff actions, in response to China’s unfair trade practices:

 

“We must take strong defensive actions to protect America’s leadership in technology and innovation against the unprecedented threat posed by China’s theft of our intellectual property, the forced transfer of American technology, and its cyber-attacks on our computer networks. China’s government is aggressively working to undermine America’s high-tech industries and our economic leadership through unfair trade practices and industrial policies like ‘Made in China 2025.’ Technology and innovation are America’s greatest economic assets and President Trump rightfully recognizes that if we want our country to have a prosperous future, we must take a stand now to uphold fair trade and protect American competitiveness.”33

2020年

11月

30日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(最終21回)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

問題は多分間もなく解決されるでしょう。早い解決を望みます。しかしながら、解決には法的な手続きが恐らく必要です。私は特定の幾つかの州での勝利を主張し、バイデンは多くの州での勝利を主張しているところです。しかし、私は裁判官が裁かなければならないと感じています。沢山のいたずらのようなことが起こりましたが、それには賛成できません。

 

ありがとう

 

完了

午後7:04 東部標準時

 

 

 

 

 

2020年

11月

29日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(20)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

今回は大規模版であり、毎日悪化しています。恐怖の物語を聞いているのです。全くの恐怖の物語です。このようなことをアメリカで起こしてはなりません。誰が勝つか、共和党、民主党、バイデン、私の誰が勝つかは問題ではありません。我が国でこのようなことが起こってはならないのです。このようなことが起こることは恥ずべきなのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

28日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(19)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

それで、私は皆さん全員の方々と幾月かの間、このことについて話してきました。郵便投票は災害だと大変に強く言ってきたのです。小さな選挙で災害でした。大変に扱いやす小さな選挙で災害でした。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

27日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(18)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

そのような正直なやり方のお陰でこの国は勝つのです。米国が勝つのです。証拠が沢山あるため、多くの訴訟が起こるでしょう。最後には連邦の最高裁となるでしょう。やってみます。沢山の訴訟が起こるのは、今回のように選挙を盗まれることはできないためです。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

26日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(17)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

選挙日が設定されており、法律はその点について大変に厳しくなっています。選挙日があり、その後の投票はあってはならず、また、そのプロセスは正直なものでなければなりません。そのことは大変に重要なことです。正直な選挙が求められます。正直な集計が求められます。また、大変に重要な仕事であるため裏方は正直な人々であることが求められます。

 

続く

 

 

2020年

11月

25日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(16)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

バイデンと民主党員全員に対して、彼らは合法の投票だけを必要とすることをはっきりさせるために、問題を突きつけました。彼らは投票と言いうのですが、「合法」という言葉を、「合法な投票」という言葉を使うべきです。「合法な投票は全数が集計されなければなりません。」私はそのように強く望みます。開放性と透明性がなければならないのです。秘密の集計室、不可思議な投票、投票日の後に投票される違法な投票はどれも要りません。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

24日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(15)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

複数のスイング州では、集計は投票日の夜に数時間また数時間と休止されたのです。民主党が運営する主要な場所において結果が差し控えられたのです。結果は出てきました。しかし、バイデンという同じ名前ばかりでした。ほとんどすべてがそうだったと思います。すべてバイデンという名前でした。少し不思議です。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

23日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(14)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

デトロイトでは、投票の多くを集計に配達する際に説明されない数時間の遅れがありました。投票は8時に閉じられたにも関わらず、最終の投票は午前4時まで到着しませんでした。持ち込まれましたが、誰もどこから来たのか知らないのでした。また、私たちはジョージアの重要な場所で観察する行為を拒否されたのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

22日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(13)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

再び、デトロイトの投票集計の主要な場所では、窓が大きな段ボール紙で覆われました。集計場所を護ろうとしまた人を寄せ付けたくなかったのです。集計を誰にも見られたくなかったのです。そこにいるべき法的な観察者であってもです。

 

続く

 

 

2020年

11月

21日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(12)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ミシガンでは世論調査員たちが投票用紙を複製していました。私たちの観察者がその行動を問題にしようとしたとき、それらの世論調査員たちはボランティアの先頭に飛び出てきて、何をしているのか見えないように視野を塞いだのです。そして少し危険あn状態になりました。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

20日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(11)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

消印がありません。個人の特定ができません。国の全域で、いくつかの衝撃的な異常行為がありました。私たちの陣営は、デトロイトで集計の観察行動をどの集計においても拒否されたのです。デトロイトは問題のもう一つの場所です。デトロイトは選挙の完璧性で最高の評判をとるとは言えません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

19日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(10)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は、全員が腐敗した民主党の装備の一環であり、腐敗した民主党の装備について、長い間、あなた方は書いてきました。私は、その学校に通い、よく知っています。変わってはいません。大分前のことですが、変わっていません。悪くなっています。

 

ペンシルベニアでは、盲従する民主党員は、州内での投票が選挙の3日後に受け取られることを許しました。それだけではありません。消印がなくともまた個人を特定できなくても何であろうが、集計に入れているのです。消印がないのです。個人の特定がされないのです。国の全域で、いくつかの不正な不規則なことが起こっています。私たちのキャンペーンは、デトロイトで、集計の監視は全て拒否されたのです。デトロイトは、もう一つの例です。

 

続く

 

2020年

11月

18日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(9)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党の職員はこの選挙で勝利できるとは全く信じていません。そのはずです。そのために、郵便投票を行ったのです。郵便投票には甚大な堕落と欺瞞が横行します。いかなる確認手段を無しで、数千万の求めらない投票用紙を郵送したのです。このようなことになると皆さんに私は話していたのです。今回の重大な選挙で、多くの場合に全く求められることなく、数千万の投票用紙を送るということを決める前に、私は沢山の選挙を観ました。

 

このようなことは、米国史上で前例がありません。これは意図によるものです。選挙の保障について気を配るようにとの長年の要求に関わらず、署名や個人を確認する要求を認めることあるいは投票の権利があるかどうか決める要求を取り入れることを拒否している。人々は何も考えずに投票所に入り、番号を受け取る。沢山の情報が入ってきており、あなたさえも震え上がる訴訟が起こります。

 

続く

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は

 

 

2020年

11月

17日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(8)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ペンシルベニア州では、民主党は、私たちの観察者を禁止しようとするため、州の最高裁に訴えたのです。大変強力にです。私たちはその裁判に勝訴しましたが、彼らは前に進んでいます。彼らは誰も中に入れたくないのです。彼らが投票を集計する間に見られたくないのです。なぜそうなのか想像できません。集計のプロセスを見られたくないという合法の理由は全くありません。そうではなくて、彼らは明らかに詐欺を犯そうとしているのです。それに疑いはありません。

 

フィラデルフィアでは、人々は大変に遠ざけられました。あまりに遠くて双眼鏡を使って見ようとしたほどです。そして途方もない問題を引き起こしました。彼らは、見られないように、全ての窓に紙を貼り付け、中を見ることが出来なくなった人々は大変に不満となり、幾分暴力的になりました。

 

第11回の巡回裁判所は、ジョージア州において、投票は投票日までにと定めたのですが、そうではありませんでした。投票が選挙日よりも後に入って来たのです。投票は選挙日までに入らなければならないという判決がすでにあったのです。私の知る限り、票は選挙日までに入らなければならないのですが、そうはしなかったのです。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

16日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(7)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

私たちの目標は、選挙の完全性を護ることです。 このような重要な選挙あるいはどんな選挙でも盗まれることは許せないのです。また、沈黙を許すことはできません。私たちの投票人を沈黙させまた結果を作り上げる人はだれも許せないのです。

 

私は、沢山の公共のことがらを長い間してきました。電話をする、話す、ものを私たちに送るなどの、人々によるインスピレーションに出会ったことはありません。今回のような愛情、愛着、精神に出会ったことはありません。人々は何が起こっているか知っており、自分の眼で見ているのです。

 

間もなく報告される多くの事例があります。尋常でない訴訟が行われています。選挙を盗み、選挙を作り上げようとしているのですが、それは許せません。米国のどの都市よりも腐敗した政治的な二つの場所であるとして知られているデトロイトとフィラデルフィアは、非常に重要な大統領選挙であるこの選挙の結果を作り上げる責任をもっているはずがありません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

15日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(6)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

同じようなことがジョージア州で起こっています。彼らは提訴を進めています。現実にそうなのです。私たちは、人々を監視したい、観察者が欲しいという訴訟に勝利しました。彼らは現実に提訴を進めており、何らか興味を引きます。彼らはなぜ提訴したいのか分かりません。私たちは、彼らが投票の集計をする間監視したいということが全てです。

 

同じようにジョージア州で、投票日の夜に30万票に近い得票で私は大きく勝利しました。ところが、それは維持されず、大きな

勝利から少し敗北するという得票にすら近づいています。

 

ジョージアでは、遠方でパイプが破裂しました。彼らは4時間集計を停止し、色々なことが起こりました。ジョージア州の投票装置は民主党員によって運営されています。

 

また、ミシガン州では30万票のマージンがありました。大きく引き離し、ミシガン州で勝利しました。ウィスコンシン州では、同じように熱狂するほど良好でしたが、劣勢となりました。どの場合にも、劣勢となりました。

 

本日、アリゾナ州で勝利に向かっています。ただ残る票の55%を得ることができればよいのです。55%のマージンです。このマージンは大幅に越えています。どのような結果になるかですが、アリゾナ州では大丈夫のようです。

 

続く

 

2020年

11月

14日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(5)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

システムは腐敗しています。人々が本来腐敗していなくても、人々を腐敗させるのです。余りに容易く腐敗されます。彼らは何票が必要か知りたいのです。そしてその数の表を見つけることが出来るようです。待って待って、遂に見つけるのです。

 

選挙日当日の夜がそうでした。私たちはノースカロライナ州で得票数を大きくリードしてました。甚大な数の得票でした。今でも大きくリードはしていますが、彼らが突然に票を見つけて来るためそれほど多くはありません。「そうだ、郵送の票があるんだ。」

 

この郵送された票がどのようにしてこのように一方的なのかも、不思議です。そのことは民主党の利益となるということと、私は知っています。しかしながら、どの場合にも、大変に一方的なのです。

 

私たちはペンシルベニア州でほぼ 70万票リードしてました。私はペンシルベニア州で大幅に勝利したのです。そうして、それは落ちていったのです。今は、9万票のリードと言っていると思います。彼らは票が引き続いて入ってきます。彼らは票をあらゆるところで見つけるのです。私たちは裁判で勝ったにも関わらず、彼らは私たちが観察者を送ることを欲しません。裁判官は言ったのです、「私たちは観察者を持たなければならない」と。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

13日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(4)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

この大統領選挙であと僅かな州が決まらずに残っています。そのような州の投票の装備はどの州共に民主党によって運営されています。

 

私たちは、実際に、全ての重要な州で大きく勝っていましたが、奇妙なことに、私たちの数値が密かに削ぎ取られ始め、また、彼らは法的に許される観察者を認めようとしないのです。二つの場合に提訴をして、観察者が許されました。観察者が到着したのですが、建物の中の人々を観察するのに、60、70フィート、あるいは80フィート、あるいは100フィート離れるかあるいは

建物の外にいるように要求されたのです。

 

一件の裁判は勝利しました。大変重要な裁判です。他にも提訴を仕掛けています。多くの提訴です。私たちの提訴以外にも、全般的には、(投票・集計の)プロセスがどんなにか不公平であるため、膨大な数の訴訟が起こっています。それは私が予言しました。私は郵便投票についてずっと以前から話しています。郵便投票は、実際に米国のシステムを破壊したのです。

 

続く

 

2020年

11月

12日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(3)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党は巨大な寄付者、巨大なメディア、巨大なテクノロジー界の党のようです。共和党はアメリカ労働者の党となったのです。また、共和党は多様性を受け入れる党であると、私は信じます。

 

今や誰もが気が付いているように、メディアの世論調査は、まさに言葉通り、強力な特別利益追求による選挙妨害です。偽の世論調査と呼ばなければなりません。このまさしく偽の世論調査は、共和党の投票者を家から出ないようにし、バイデン氏に勢いがあるという錯覚をつくり、また、共和党の資金獲得の能力を弱めるように仕組まれたのです。「抑制(共和党側の)」を狙う世論調査と呼べるものでした。今では誰もが知っています。「抑制」の世論調査が今回ほどまで使われたことはこれまでなかったのです。

 

少しだけ例を挙げましょう。クイニピアックは、私の知る限りいつも間違っており、選挙の前日に、フロリダでジョー・バイデンが5ポイント優勢と伝えましたが、8.4ポイント間違いました。私がフロリダで容易く勝利したのです。容易くです。クイニピアックは私がフロリダで大きく負けると伝えたのですが、私はフロリダで大勝しました。他の州でも全く同じでした。オハイオ州でバイデンが4ポイント優勢と伝えましたが、12.2ポイントの間違いでした。また、私はオハイオ州で勝利したのです。偉大なオハイオ州で。大変に容易くです。

 

ワシントンポストはウィスコンシン州でバイデンが17ポイント優勢と伝えましたが、基本的には同等でした。17ポイント間違ったのです。そのことは知っていたのです。愚かな人たちではありません。知っていたのです。抑制(共和党側の)が目的です。

 

続く

 

 

 

 

 

 

2020年

11月

11日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(2)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

上院は維持した。改選議席が民主党よりも2倍多かったにも関わらずである。まさに、ずっと接戦の州で、素晴らしい結果であった。誇らしい限りである。改選議席が民主党よりも多かった。

 

民主党は、サウスカロライナとケンタッキーのたった二州だけで、上院の選挙にほぼ2億ドルを費やした。まさに私たちと戦うために数億ドルである。国のレベルでは、私たちの対抗勢力の主要な寄付貢献者はウォールストリートの銀行家と特別の利益関係者であった。私たちの主要な寄付貢献者は、警察官、農家、普通の市民であった。しかし、初めてのことであるが、下院では、議席を失わなかった。今日、ケビン・マッカ―シーと話をした。信じられないと彼は言った。議席を失わないとは尋常のことではありません。多くの新議席を獲得したのです。さらに議席が増えると思います。

 

また、今年は共和党の女性の年です。過去最多の共和党女性議員が選ばれたのです。素晴らしい成果です。私は、過去60年間でどの共和党員よりも多くの非白人票を獲得しました。ラテンアメリカ系、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、アメリカ先住民からの歴史的な得票が含まれます。共和党票が400万票増加し、共和党の歴史上で最大数となりました。

 

続く

 

 

2020年

11月

10日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

おはよう。非常に重要な2020年大統領選挙の完全性を護る私たちの取り組みについて現況を米国国民に説明します。合法的な投票を数えれば、私は間違いなく選挙に勝っています。不法な投票を含めるなら、彼らは私たちから選挙を盗もうとすることができるのです。遅く来た投票を数えればです。私たちはそのような投票に大変に強く注目しています。しかし、沢山の投票が遅く来たのです。

 

私はすでに多くの重要な州で勝利しています。州名を少しだけ挙げれば、フロリダ、アイオワ、インディアナ、オハイオがそうです。巨大なメディア、巨額の資金源、巨大なテクノロジー界から歴史に残る選挙妨害を私たちは受けたにも関わらず、このような勝利と他の多くの勝利を得たのです。

 

皆さんが知っているように、私たちは歴史に残るような数値で勝利したのです。世論調査の専門家は、知りながら悪く言ったのです。知りながらです。世論調査の結果はばかげたものでした。だれもがそのことは知ってました。起こると予言された青い波は起こらなかったのです。青い波が起こると彼らは思ったのですが、それは虚偽でした。それは抑圧のためのものでした。しかしながら、現実には大きな赤い波が起こったのでした。

 

赤い波は、現実にメディアによって正しく認識されています。メディアは大変に感心したと私は思うのですが、しかしそれは現実に起こってからなのでした。私たちには何の役にも立ちません。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (132)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この報告書の公表に関連して、2020年1月31日に、トランプ大統領は、「安全で合法の電子商取引を米国の消費者、企業、政府の物流そし知的財産権所有者にために確保」という大統領令を発行した。

 

続く

  

2020年

10月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (131)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この大統領覚書は、初めて、電子商取引オンライン市場で売られている偽造品と海賊行為品にスポットライトを当て、この拡大する問題に対処することに目を向けている。トランプ大統領の方針で、ホームランド安全保障省は、USG全域からのインプットを受け、2020年1月24日に報告書を公表し、オンライン第三者市場を分析し、そこで密売されている不法な品物を調べ、また、もっとも重要なことであるが、この問題に対応できる現実の解決策、最善の慣行、そして、潜在的な法的また行政上の変化を特定する。

 

続く

 

2020年

10月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (130)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

大統領覚書の発行に続いて、大統領顧問団レベルのホワイトハウス知的財産円卓会議が、電子商取引のプラットフォームで偽造品と海賊行為品の拡散に対処するのに権利保有者が直面する問題そして不法品とは知らずに購入する消費者への潜在的な害を議論するために、開催された。政府の役人は、オンラインの市場販売者から小売業者やディストリビューターに送られる商品に関して、一層の情報の共有化、説明責任と高度な精査の必要性を表明した。

 

続く

 

 

 

 

2020年

10月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (129)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

4月に、トランプ大統領は、とくに第三者のオンライン市場で偽造品と海賊行為品の密売と戦うことについて大統領覚書に署名した。大統領は次のように言明した。オンラインの第三者市場とその他の第三者仲介を通して輸入される品を含めて、偽造品と海賊品の危険と負の影響からアメリカの企業、知的財産権保有者、消費者、国家安全保障と経済上の安全保障そしてアメリカの公共体を護ることはトランプ政権の政策であると。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (128)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

後ほど、春に、ホワイトハウスは、 ヨーロッパの法律と慣行の最近の変化について議論するため、著作権と商標に焦点を当てた産業の両方から利害関係者を集めた。参加者は、EUのGDPRがWHOISのデータベースと悪い行為者についてオンラインで情報を得る能力に及ぼす影響についいて懸念を表した。また、議論は、EUの著作権指示とアメリカ企業への潜在的な影響に集中した。

 

続く

 

 

2020年

10月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (127)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

円卓会議の参加者には、主要なスポーツリーグ、製造、スポーツ製品企業、電子商取引、SNSプラットフォームからの代表、それに様々な政府職員が含まれた。スポーツ産業からの代表は、中国での実行の問題を取り上げ、不法なストリーミング装置の影響を強調し、また、電子商取引とソーシャルメディアでの消費者の一層の保護の必要性を強調した。スポーツリーグは、「オペレーションチームプレヤー」のようなイニシアティブでの継続した政府の協力を称えた。電子商取引とソーシャルメディア企業からの参加者は、自らのプラットフォームでの偽造と海賊行為に対処する取り組みを共有した。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (126)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

世界知的所有権機関WIPOの世界知的財産日の主題である「金メダルを目指せ、知的財産とスポーツ」に合わせて、ホワイトハウスはスポーツにおける知的財産の問題に関する知的財産円卓会議を主催した。

 

続く

 

 

2020年

10月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (125)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

政府全体に渡る調整の取り組みは、知的財産執行に上手く対処するのに必須である。ホワイトハウスは、産業の代表、関心のある利害関係者、国会議員とその他の政府職員が米国経済に悪影響を及ぼす切迫した知的財産問題を調査するように集めるいくつかの円卓会議を招集し、新しいイニシアティブを開発し、法的な優先事項を調査し、現実の世界的な解決法を見つけることを目的とした。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (124)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

これに関して、とりわけ、トランプ政権は、次の3項目の重要性を強調する。一つは、「法の支配」、二つ目は、国際的なサプライチェーンの完全性を損なう不法な活動と戦うことそして正当な商業と貿易を支援することでの連携(政府内と政府間、公共と民間セクターの間、そして、民間セクター内)を高めること、三つめは、知的財産の保護と執行において政府の有効性を強化するために「全政府」という進め方の採用を考慮する政府である。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (123)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

このような関係において、トランプ政権は、偽造品、著作権の改造行為、企業秘密の窃盗、特許侵害を減らし、また、政府の機関、権利の保有者や他の利害関係者にこのような不法行為に対処する効果的な法的手段を提供する健全な知的財産の環境を触診し実践するイニシアティブを国内と外国の行為者が実行することの重要性を強調した。

 

続く

 

 

2020年

10月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (122)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

2019年を通して、トランプ政権は、知的財産権の保護と執行を強めることを支援し、様々な利害関係者と関係をもった。そのような取り組みは、連邦の行政機関全体の省庁を含み、民間セクター、業界団体、シンクタンク、学界などの代表者と関係した。また、このような議論は、外国政府の役人、国際的な政府機関INTERPOL, Europol, and WIPO)、他国の民間セクターの団体やグループに及んだ。

 

続く

 

2020年

10月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (121)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの重要問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (120)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (119)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

トランプ政権は、知的財産の政策、実施と保護の全ての範囲の問題に対処するため、小規模、中規模と大規模の企業を含めた米国産業の広範な利害関係者と緊密に取り組んでいる。知的財産問題への新しい解決策と創造的な方法を見つけるために共に取り組むことが鍵となる。

 

続く 

 

 

2020年

10月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (118)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

「米国は、マーケットアクセスの条件として、価値のある技術を移転するように米国企業に不法に迫る国に対しては立ち上がる。米国は、米国民の雇用を破壊する偽造品の製造と海賊行為と戦い、責任のある商業の基盤となる公平で相互主義の貿易のルールを守らせる・・・」 ドナルドトランプ大統領

 

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (117)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家の優先事項の公表において、中国はこの技術を開発する願望を明確にした。被告人は、台州市の中国企業 CBM-Future New Material Science and Technology Co. Ltd. (CBMF)を利するため、また、最終的には中国のため、シンタクチックフォームについての情報を得ようとした。四人の被告人は、そのうちの何名かはトレルボルグで働いていたが、企業秘密を盗む計画の罪を認め、また、二人は裁判で証人と協力し証言した。2014年から2017年に、CBMFは、被告人の米国での活動を援助するため、中国からヒューストンの被告人の会社に約3.1百万ドルを送った。

 

続く

 

 

2020年

10月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (116)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月29日に、司法省は、9日間の裁判を経て、一人の個人が企業秘密を盗む計画のため起訴されたと発表した。裁判で明らかになった証拠によると、被告人は、シンタクチックフォーム、深海での石油ガス掘削に不可欠な商用にも軍用にも使われる

 強く軽量の材料に関して、ヒューストンを基盤とするトレレボルグ・オフショアから企業秘密を盗むことを他者と共謀したことが明らかになった。

 

続く

 

2020年

10月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (115)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月10日に、司法省は、シカゴ郊外の機関車製造企業のソフト技術者の告訴を公開したことを発表しており、その企業から知的財産を盗み、その技術者が住んでいると考えられる中国にその知的財産を持ち込むという告訴内容であった。

 

続く

 

2020年

10月

04日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (114)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年6月14日に、司法省は、中国生まれの帰化した米国市民およびその米国市民とその妻が設立した企業が、企業秘密の窃盗で起訴され、以前の雇用主である半導体企業のアナログデバイス社から知的財産を盗むことに関連するものであった。

 

続く

 

2020年

10月

03日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (113)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年4月23日に、司法省は、前ジェネラルエレクトリックの技術者で中国人のビジネスマンの起訴の公開を発表しており、その起訴内容は、ジェネラルエレクトリックのタービン技術に関わる企業秘密を盗もうとする経済スパイであり、その盗まれた記号秘密が中国を利するために使われることを知っておりまたそれを実現しようとするものだった。容疑者は中国政府から経済的支援などを得ており、また、タービン技術を開発するため、中国国有の機関と研究の契約に入るように、中国政府の職員と連携した。

 

続く

 

 

2020年

10月

02日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (112)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年2月14日に、司法省は、BPAフリーのコーティングのための成分配合に関連する企業秘密を盗もうとする容疑で、米国企業と一人の中国国籍者を告訴したことを発表した。被害届によれば、二人の個人ともう一人の共謀者が企業秘密を盗みその一人が運営する中国企業にその情報を提供することを計画し、その企業はその盗んだ企業秘密を使って開発された製品を製造し利益を得ることになっていた。

 

続く

 

2020年

10月

01日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (111)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年1月28日 に、司法省は、アメリカのテレコム企業(T-Mobile)の企業秘密を盗もうとした容疑で、中国企業とその米国関連企業の告訴を発表した。

 

続く

  

2020年

9月

30日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (110)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年12月21日に、司法省は、中国国籍で米国永住者が企業秘密の窃盗の容疑で逮捕されたことを発表した。その被害届によれば、その個人は、「研究開発ダウンストリームエネルギー市場製品」に関して、米国所在の石油企業から企業秘密を盗んだとされている。その後、2019年11月12日に、被告は企業秘密窃盗の罪状を認めた。

 

続く

 

2020年

9月

29日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (109)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年12月20日に、司法省は、管理されたサービスプロバイダーで知的財産と企業秘密と技術情報を狙い国際的なコンピューター侵入の企てを実行した容疑での、二人の中国国籍者の起訴を公開することを発表した。

 

 

続く

 

 

2020年

9月

28日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (108)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、司法省は、盗まれた企業秘密の更なる転移を禁止し、また、盗まれた企業秘密を使って作られた告訴を受けた企業によって製造されたどんな製品も米国に輸出されることを禁止する民事訴訟を行った(中国企業が盗んだ技術から利益を得ることを防止する別の措置では、商務省は実態リストにその企業を加えており、その企業が米国で物品とサービスを買うことを防止することになる。

 

続く

 

 

2020年

9月

27日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (107)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年11月1日に、司法省は、中国の国家所有の企業、台湾企業と三人の個人の告訴を発表し、その容疑は、中国政府によって管理される企業のために、アメリカの半導体企業(マイクロンテクノロジー社)の企業秘密を盗み、伝達し所有することであった。

 

続く

 

 

 

2020年

9月

26日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (106)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年10月30日に、司法省は、二人の中国人のインテリジェンス職員とその下で働いたハッカーと企業のインサイダー協力者の起訴を発表し、商用の航空機で使用されるターボファンエンジンに関連した情報を含めて、知的財産であり企業秘密を盗む容疑がかけられた。

 

続く

 

 

2020年

9月

25日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (105)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年10月10日に、司法省は、中国の国家安全保障部の工作員が経済スパイを実行しまた米国の複数の航空と航空宇宙企業から企業秘密を盗もうと企てたことで逮捕され起訴されたことを、発表した。この工作員は、連邦の苦情を受けてベルギーで逮捕され、オハイオ州南区の連邦の大審院によって起訴され、米国に送還された。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

9月

24日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (104)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

昨年、司法省は、次の事案を含めて、企業秘密の窃盗に対していくつかの起訴を実施した。

 

続く

 

2020年

9月

23日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (103)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

 2018年11月1日に、検事総長は、国家安全保障部門の副検事総長によって主導される中国イニシアティブの創立を発表し、それは、犯罪部門の司法次官補を含めて、FBI上級役職者、5人の米国検事と幾人かの司法省の他の指導者と高官から成り立っている。検事総長の説明のように、「このイニシアティブは、優先度の高い中国による企業秘密盗用事案を特定し、それに対して十分な対応資源を有することを課し金物西、そして、適切な結論を迅速に効果的にもたらすようにする。」

 

 

続く

 

 

2020年

9月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (102)

法執行措置の拡大と協力

 

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

特に、2019年度の間、司法省は、米国企業の企業秘密の窃盗と戦うことにその捜査と告発の取り組みを集中することを継続した。

 

続く

 

 

2020年

9月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (101)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、自分たちで創造しなかったものを盗みアメリカの競争性を損なう個人と企業を激しく捜査し告訴することを決意している。

 

続く

 

 

 

 

2020年

9月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (100)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家サイバー戦略は以下のように言明する。「また、米国政府は、重要な新しく出現する技術と企業秘密の保護を推進し、敵国がアメリカの研究開発を悪用し不公平な優位性を得ることを防ぐように取り組む。10年以上の間、悪意のある行為者が、アメリカの企業が保有している秘密の企業情報を狙い、米国の商業ネットワークへのサイバー上の侵入を実行した。他の国からの悪意のある行為者は、企業秘密、技術データと重要な秘密の内部通信情報の宝庫を盗んだ。米国政府は、投資家に友好な環境を維持しながら、外国の競合による公共と民間セクターの技術と技術的な知識の不法な流用に対して取り組む。」

 

続く

 

2020年

9月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (99)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産、とくに企業秘密のサイバー上での窃盗は、その窃盗が個々の企業に加える測ることのできないような損害に加えて、米国経済に重大な費用を課する。トランプ政権は、企業秘密と他の企業秘密情報のサーバー上での窃盗と戦うことを決意している。

 

続く

 

2020年

9月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (98)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産の保護は、このデジタル時代において米国の競争性を維持する上でとくに重大である。2018年9月20日にホワイトハウスが発行した「国家サイバー戦略」でトランプ政権が説明したように、「アメリカの発明と革新を助け保護することは、サイバー空間での米国の戦略的な優位性を維持するのに不可欠であり」、また、「知的財産の強力な保護は、デジタル時代において経済成長と革新が継続することを確実にする。米国政府は、特許、商標、著作権のような知的財産権の保護と実施を通して、革新にインセンティブをもたらす国際的な知的財産権のシステムを助成しまた助成を進めることを続ける。」

 

続く

 

 

2020年

9月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (97)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、2018年に、米国議会は合成医薬品密売オーバードーズ防止(STOP)法を検討し通過させ、トランプ大統領は2018年10月24日に法の成立に署名した。STOP法は、郵送による危険な合成医薬品の輸入を阻止することに焦点を当てているが、その法律の条項では、国際的な出荷者からの事前の電子情報の収集を要求しまた米国の郵便サービスと税関・国境警備局が国内への速達郵便サービスの処理にかかる費用の返却を行うことになり、また、税関・国境警備局が模造品の出荷を特定しそれらが米国で流通することを防止することを助けるのである。

 

続く

 

2020年

9月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (96)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産権利センターのオペレーションチームプレヤーは、模造品のスポーツ製品、衣料とチケットの販売と密売を対象にしている。オペレーションチームプレヤーの後援の下、ICE-HSIは、24.2百万ドルと見積もられるほぼ285,000個の模造品のスポーツ関連商品を押収し、また、合同捜査による取り組みによって、28件の逮捕そして21件の起訴に導かれた。一年を通して、知的財産権利センターは、経済を害し、他の犯罪活動を支える資金を提供し、また、潜在的に公衆衛生と安全に危害を及ぼす密輸を対象にして、主要なスポーツリーグとの連携の取り組みを主導した。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

9月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (95)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年の1月から7月にかけて、一連の強制捜査が行われ、ブラジルの歴史上で最大の時計の模造品を含む密輸品が押収された。その総額は12.6百万ドル、総数は約50万個の模造品の時計であり、運び出すのにトラック10台が使われた。このサオパウロ作戦は、国をまたがる犯罪組織を共に攻撃する方法のモデルとなった。

 

続く

 

2020年

9月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (94)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICHIPプログラムの衝撃的な効果の一例として、サンパウロに立地するICHIPによる長期的な援助によって、サンパウロの役人、米国の権利所有者とブラジル警察という複数の利害関係者が Operação Comércio Legal (Operation Legal Commerce)を実施するようになった。

 

続く

 

2020年

9月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (93)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ワシントンに配置された二つのICHIPに加えて、

  (1) Hong Kong, China SAR;(2) São Paulo, Brazil; (3) Bucharest, Romania; (4) Bangkok, Thailand; (5) Abuja, Nigeria; (6) Kuala Lumpur, Malaysia; (7) The Hague, Netherlands; (8) Zagreb, Croatia; (9) Addis Ababa, Ethiopia; and (10) Panama City, Panama

に、ICHIPが配置される。

 

続く

  

2020年

9月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (92)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

このような訓練は、商標の偽造と著作権での海賊行為の複数の海外での起訴をもたらした。ブッシュ政権の下で2006年にタイの一軒の事務所で設立されたプログラムは、トランプ政権の下で新しいGLENの設立によって拡大された。このネットワークの配備が完了すると、12のICHIP(その一つは司法省によって資金が供給される)が設立され、地域の内外で、国をまたがる組織犯罪を支える脅威を含めて、知的財産への脅威を低減するために連携して作業をしている。

 

続く

 

 

2020年

9月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (91)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICHIPの国際的な法執行ネットワーク(以前には、IPLECプログラムとして知られている)は、国務省によって資金が供給され司法省によって運営されており、海外の米国職員の効果を当地の検察官、判事と警察官を訓練することによって向上させている。

 

続く

 

2020年

9月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (90)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、他の捜査機関と連携し、知的財産に関連する情報格差に対応するため、国際組織犯罪インテリジェンス・オペレーションセンターにデータを提供するよう、当センターと協力している。当センターは、国際組織犯罪グループが知的財産での違反に関わる捜査に、活動上の、インテリジェンスのそして財政的な支援を提供してきた。

 

 

続く

 

2020年

9月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (89)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICE-HSIアタッシェは、ホスト国の交渉相手と強力な協同の関係を確立している。このような関係は、国内での、国際的なまた多国間の活動をICEが成功させる能力を高める。ICE-HSIアタッシェは、50ケ国を越える国々に配置されている。

 

 

続く

 

2020年

9月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (88)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省、商務省、国務省、国土安全保障省を含めて、行政機関は、知的財産の法律の効果的な執行について、外国の高官に訓練を提供してきた。知的財産に関わる訓練は、知的財産違反への責任を有する様々な法執行機関の間の協力を向上させるように、知的財産の犯罪と戦うための経済上と組織的な犯罪への法令を含めて、様々な種類の容疑を使うように、また、偽造品と海賊行為を縮小することの重要性の認知度を法執行高官と司法の間で高めるように、設計されている。

 

続く 

 

 

2020年

9月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (87)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国際的な知的財産の犯罪は、偽造品の製造と国際的な配布から著作権のついた製品の不法な配布からの利益を摘み取るように考えられたはびこるオンラインビジネスまで、法執行の先を進むようにしながら成長し変化を続けている。米国は、他国が効果的に知的財産の法律を執行しまた偽造品と海賊行為の製品の密輸を減らせるように、訓練と技術援助プログラムを開発するよう活発に取り組んでいる。

 

続く

 

 

2020年

9月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (86)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

健康と安全が関わるイニシアティブは、偽造の医薬品、不法に処方された医薬品、自動車の部品、軍需品を含めて、消費者に危険を及ぼす偽造品の拡散に対処するため、民間と州と連邦の法執行のリソースを束ねる。司法省の検察官とFBIは、商売ベースで国が後ろ盾をする企業秘密の窃盗の捜査と告発を引き続いて強調してきた。その結果、無数の企業秘密の窃盗と経済スパイの事件が捜査されまた告発された。司法省は、重大で大規模な海賊行為と偽造品の活動を引き続いて追求して来た。

 

続く

 

 

2020年

9月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (85)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、(1)健康と安全、(2)企業秘密の窃盗あるいは経済スパイ行為、そして(3)大規模な模造品の販売とオンライン海賊行為を含む知的財産捜査と告発を引き続いて優先している。また、インターネットの使用によって実行されたり助長されたりするあるいは組織的犯罪ネットワークによって実行される知的財産の犯罪への焦点を強めた。

 

続く

 

 

2020年

9月

04日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (84)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、知的財産権センターは36,527件の捜査上の手がかりを詳しく調査した。その中の20,911件が法施行の相手国に紹介した。さらに、知的財産権センターは、相手国の機関と産業界のために、10,426件の捜査対象を捜査から外した。その過程で、知的財産権センターは、2つあるいはそれ以上の組織が同じ捜査対象を捜査していた55件を特定した。最後に、知的財産権センターは、民間産業に330件の捜査の手がかりをフォローアップのために紹介した。

 

続く

 

2020年

9月

03日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (83)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度の終わりに、FBIは195件の進行中の知的財産権に関する捜査を保有した。最大数の捜査は、企業秘密の窃盗(64)、著作権侵害(46)、商標侵害(55)であった。2019年度の間、FBIは、47件の新たな捜査を開始し、23人を逮捕し、3件の有罪を獲得し、総額192,058ドルの没収と総額529ドルの返還を行った。

 

2019年度に、ICE-HSIは、501件の知的財産に関わる捜査を開始し、256件の逮捕、197件の告訴、157件の有罪、そして、287,951,429ドルの2,244件の押収を行った。

 

続く

 

 

2020年

9月

02日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (82)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省の司法補助局は、州と地方の法執行のための訓練プログラムを支援してきており、これまでに総計で、1,301機関からの2,609人の出席者への110の訓練、185機関からの538人の出席者への16のセミナー、そして、130機関からの568人の出席者への39の技術援助が支援された。

 

また、米国政府の検察と法執行のリソースが効果的にまた効率的に使われ、重複しないことを確実にするため、知的財産権センターは、FBI, ICE-HSI,  CBP, FDA, その他の機関のための捜査のクリアリングハウスとしての任務を担っている。

 

続く 

 

2020年

9月

01日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (81)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年7月1日から2019年6月30日まで、地方の法執行の補助金受領者は、

  • 知的財産の法律の違反で305名を逮捕した。
  • 州と地方の138の知的財産捜索令状を執行した。
  • 407の海賊・偽造組織を壊滅あるいは解体した。

続く

 

 

 

2020年

8月

31日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (80)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、州と地方の法執行の任務部隊と地方の訓練と技術援助を支援するため、補助金を付与した。知的財産執行プログラムは、検察、防止、訓練と技術援助を含めて、犯罪への知的財産執行に対処するため、国家支援を提供しまた州と地方の犯罪司法システムの能力を改善するように設計されている。そのプログラムの下で、補助金の受領者は、検察、複数の司法の任務部隊とFBIと米国弁護士会を含めた適当な連邦の機関を含めて、州と地方の法執行の間の効果的な連携と調整を確立し維持する。

 

 

続く

 

2020年

8月

30日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (79)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、米国税関・国境警備局は知的財産権に関して27,599件の押収を実施した。押収品が仮に正規のブランド品であったとすると、押収品の小売価格は総額で150億ドル以上に増加した。

 

 

続く

 

 

2020年

8月

29日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (78)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

電子商取引の成長は、小型パッケージの累進的な増加を招いて来ており、その相当の部分が偽造品であるかあるいは不法なものである。この膨大な問題に対して、米国の税関は、国際郵便施設とその他の入国の場で不法な商品と偽造品を監視し、照準を当てまた押収する最前線にいる。

 

続く

 

 

2020年

8月

28日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (77)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、知的財産権センターは、183のアウトリーチと訓練のイベントで7,253人の人々に接触した。このような取り組みに加えて、知的財産での執行を支援するDHS法執行機関は、2019年に利害関係者と無数の別の係わりを持った。たとえば、プロジェクトトレードウォッチは、民間産業によるインフォームド順守を促進するためのまた貿易コミュニテイー内で法執行の取り組みへの民間の認知度を高めるための輸入コミュニテイーへの、ICE-HSIとCBPのアウトリーチキャンペーンである。知的財産権センターは、訓練と関わりのために、産業界とその他の政府機関と連携する。たとえば、オペレーションエンジンNEWITYの支援として、ICE-HSIと自動車反偽造品協議会は、偽造品とどのようにして特定するかについてICE-HSIとCBPの営業所の職員が営業員を訓練できるように、共に取り組んだ。

 

 

続く

 

 

2020年

8月

27日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (76)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

米国政府は、知的財産犯罪を捜査する連邦、州と地方の検察官と機関のための幾つかの訓練プログラムに従事した。このような訓練コースは、一連の知的財産執行問題に対応し、また、検察官と捜査官の間の連携と連邦、州、地方の法執行機関の間の連携を増やすように図られている。

 

続く

 

 

2020年

8月

26日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (75)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

さらに、知的財産権センターは、引き続いて産業界を開かれた継続的な対話に関わらせている。それによって、知的財産権センターは、知的財産犯罪と効果的に戦うために、法執行の取り組みと民間産業との連携の両方に訴える。知的財産権センターは、偽造品の侵入と戦うため、無数のイニシアティブと禁止の取り組みを展開した。このような取り組みは、米国国防総省と米国政府のサプライチェーンに入り込み消費者の健康と安全にリスクをもたらす偽造品と米国経済の保護に焦点を当てている。

 

 続く

 

 

2020年

8月

25日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (74)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、国家知的財産権調整センターは、貿易相手国と協調的な執行の取り組みを推進するため、また、他の国々での実体法や漆黒の態勢を改善するために、攻撃的な国際的なプログラムを実施する。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

24日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (73)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家知的財産権調整センターは、国家安全保障省によって導かれる合同の執行での連携であり、政府の機関が共に情報を共有し、リソースを強化し、そして、知的財産について捜査官、検察官と一般人を訓練するように取り組む。

 

続く

 

 

 

 

2020年

8月

23日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (72)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省の民事部門は、米国の知的財産が侵害されたときに、確実な案件を俎上に挙げる。民事部門は、偽造品を含む不注意な輸入や詐欺行為の輸入から発生する様々な罰金や関税を徴収する民事行為を開始する。また、国際貿易裁判所において、国際貿易委員会の第337条の排除命令を米国税関・国境保護部が執行することを防御する(これらの命令は主要な特許執行措置である)。また、偽造の薬品・医療機器の違反を起訴することを含めて、食品・薬品・化粧品法の下で、民事と刑事の訴訟を行う。さらには、国内全域で、偽造の医薬品と医療機器の事案において、米国検事補を援助する。

 

続く

 

2020年

8月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (71)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、著作権侵害、商標偽造、企業秘密の窃盗を含めて、広範囲の知的財産犯罪を捜査し起訴する。司法省内での主たる捜査と起訴の責任は、FBI、米国弁護士会、犯罪部門のコンピューター犯罪知的財産課、国家安全保障部門の対インテリジェンス輸出管理課、そして、食料医薬品化粧品法での犯罪に関しては、民事局の消費者保護局に依存している。また、司法省は、コンピューターハッキング知的財産プログラムを策定する270の特別に訓練された連邦検察官のネットワークを有している。

 

続く

  

 

2020年

8月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (70)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

米国の法執行機関は、知的財産の窃盗を行う犯罪行為の企業に対して、強力な措置をとっており、また、国際的なそして国内での法執行の取り組みを向上させている。トランプ政権の知的財産に関わる法執行の取り組みは、司法省、国土安全保障省、保健福祉省の食品医薬品局、その他の行政機関の法執行機関が共に、アメリカの革新と知的財産を保護している。

 

続く

 

2020年

8月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (69)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

「外国による知的財産の窃盗は、毎年、数百万人の雇用と数千億ドルの損害を米国にもたらしている。余りに長い間、この規模の富が米国から垂れ流されてきた・・・ワシントンはこれ以上目を逸らさない。」 トランプ大統領

 

 

続く

 

2020年

8月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (68)

 

2018年に、米国議会は2018年の外国人投資リスク調査近代化法を通過させ、大統領が2018年8月13日に署名した。大統領が説明した様に、「この新しい権限は、米国の安全保障に不可欠の最先端のアメリカの技術と知的財産を保護する米国の能力を向上させる。この新しい立法が、重大な技術と知的財産をもったアメリカ企業の外国人による所有を調査することについて、米国での外国人投資委員会に一層大きいな権限をもたらすことは、喜ばしい。」

 

続く

 

2020年

8月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (67)

 

米国外国投資委員会の調査は、国家安全保障上の問題を起こすかも知れない取引の当事者が米国外国投資委員会に自発的な通知を行うときに自発的に開始され、また、米国外国投資委員会が一方的に調査を開始するときには強制的に調査が開始される。もし、別の法律に拠ってあるいは米国外国投資委員会が号したかもたらした緩和手段によって適切に解決できない安全保障上のリスクを引き起こすと、米国外国投資委員会が決めた場合には、米国外国投資委員会はその取引を大統領にとりあげてもよい。大統領は、その取引を中止あるいは禁止してもよい。2018年に、トランプ大統領は、アジアの競合企業であるブロードコムによる米国チップメーカーのクアルコムの獲得を阻止した。財務長官の説明のように、トランプ大統領は、その取引は米国の国家安全保障のリスクになると評価した。

 

続く

 

 

2020年

8月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (66)

 

2017年12月に発行された国家安全保障戦略によると、この政権は、現在と将来の国家安全保障へのリスクに対応できるように、米国外国投資委員会を強化するために、議会と共に働く。米国外国投資委員会は、米国の国家安全保障への影響を定めるため、取引を調査する権限を持った省庁間の委員会である。

 

続く

 

2020年

8月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (65)

 

また、このようなWTOの協定は、 法の支配に基づいた自由で公平で開放された国際的な貿易システムに積極的に貢献する米国の基準の高い二国間と地域間の協定へ基盤を提供する。知的財産権に関しては、WTOは、米国が主要な知的財産問題について貿易相手国と関与する場を提供し、それには、TRIPS委員会の会員候補のための加入交渉を含めて、また、知的財産権問題をWTOの論争解決組織に挙げることに拠ることが含まれる。2018年3月23日に、米国は、中国の差別的な技術ライセンスへの要求に関して、中国への論争解決手続きを開始した。米国は、協議を要求する中で、米国企業とイノベーターの知的財産権を害する中国によるWTO規則の違反を特定した。2018年10月18日に、米国は、協議が問題を解決しなかったあとで、米国の不服を調査するためにWTOがパネルを設立することを依頼した。WTOは、2019年1月16日に論争解決パネルを設立した。

 

続く

 

2020年

8月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (64)

 

世界貿易機関は、米国がWTO会員であることから十分な恩恵を受けるよう、様々なWTOの協定の下で、米国の権利を執行するためのフォーラムを開催する。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (63)

 

国際貿易委員会ITCは、排除命令と停止命令の形で、救済めいれいを発行する権限を与えられている。米国大統領から委譲された権限に基づいて、米国通商代表は、政治的理由からこのような排除命令を承認しなくてもよい。国際貿易委員会ITCは、337条と委員会の手続き規約に沿って、相当数の特許論争を扱う。

 

 

続く

 

2020年

8月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (62)

 

国際貿易委員会ITCは、貿易の事案で広範な捜査責任を有する準司法的機関である。1930年の関税法337条に拠って、米国特許や米国の商標に違反する商品を含めて、商品の輸入において、不公平な行為や不公平な競争の方法に対して、救済を提供する。337条の申立人は、337条に違反すると認められた違反商品の米国への輸入を阻止する命令を求めることが出来る。

 

続く

 

2020年

8月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (61)

 

年次特別301報告書は、世界の米国の貿易相手国の知的財産保護と執行の状況の報告を提供する。この報告書は、外国を対象にし、米国の投資家、創造家、ブランド、生産者、サービスプロバイダーに適正で効果的な知的財産保護を提供しない法律、政策と慣行をあぶりだす。アウトオブサイクル悪名マーケット報告は、重大な海賊行為と偽造品取引に従事し、助長し、目をそらし、恩恵を受ける外国のオンラインと通常のマーケットについて、顕著な例に光を当てる。そのリスト海賊品と模造品が入手できる電子商取引サイトと通常のマーケットの幾つかが含まれる。

 

続く

 

2020年

8月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (60)

 

また、米国通商代表は、米国執行府行政官庁と緊密に取り組み、知的財産権を適正に保護しない米国の貿易相手国を特定する年次特別301報告書を準備し、また、重大な海賊行為と模造品取引に従事しまた助長する米国外の名をはせるオンラインと通常のマーケットに光を当てる年次の悪名マーケットリストを編纂する。

 

続く

 

2020年

8月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (59)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

米国通商代表は、知的財産案件において、米国知的財産執行調整官事務局と米国政府の省庁と綿密に関わっている。米国通商代表は、引き続き、貿易協定の交渉を主導する:一般特恵関税制度とアフリカ成長と機会法のような米国貿易特恵プログラムの下でレビューする。世界貿易機関での貿易政策のレビューを行い、また、外国マーケットにおける知的財産執行での欠陥を強調し、また、悪名高い電子商取引と模造品と海賊品の密売に光を当てる。

 

続く。

 

 

2020年

8月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (58)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

トランプ政権は、自由で公平で相互主義的な関係を推進することを決意している。「米国は、自由で相互主義的な貿易を約束する国々と二国間の貿易と投資の協定を結ぶことを追求し、また、現行の協定がそのような原則に沿うように、現行の協定を改定する。協定は、知的財産、デジタル貿易、農業、労働と環境において高い基準を満たさなければならない。

 

続く

 

2020年

8月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (57)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

2020年1月15日に、米国と中国は、知的財産、技術移転、農業、金融サービス、通貨と外貨交換の分野で中国の経済と貿易の体制に構造改革などの変革を要求するフェーズ1貿易協定に署名した。中国との交渉での進展を考慮しそしてトランプ大統領の指示の下で、米国通商代表は、2019年12月15日に予定されていた1600億ドルの中国製品への15%の追加関税の実施を無期限に中止することを決定した。 さらに、米国は、2019年9月1日に1200億ドルの中国製品に課せられた関税を15%から7.5%に削減することになる。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (56)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

米国通商代表は、中国の不公正な貿易慣行に対応して、以下の関税措置をとる必要性について説明した。

 

「米国の知的財産の中国による窃盗、米国の技術の移転の強制そして米国のコンピューターネットワークへの中国のサイバー攻撃による前例のない脅威に対して技術と革新における米国の先導性護るために、強力な防御措置を取らなければならない。中国政府は、不公正な貿易慣行と”メイドインチャイナ202”のような産業上の政策を通して、米国のハイテク産業と米国の経済上の主導性を阻害するために、果敢に取り組んでいる。技術と革新はアメリカの最大の経済的な財産であり、トランプ大統領は、米国が繁栄する将来を望むならば、米国は今、法へいな貿易を支持し米国の競争性を護る立場に立たなければならない。」

 

続く

 

 

2020年

8月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (55)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

2019年5月に、米国通商代表は、コメントを依頼し、約3000億ドルの年間貿易額の追加の中国製品に25%までの従価税を加える関税の変更の提案について公聴会を開催した。2019年8月に、米億通商代表は、トランプ大統領の指示を受け、追加の10%の従価税を課することによって、調査での行動を修正することを決定し、それは、中国の年間の総貿易額の約3000億ドルの製品について、引き続いて15%にまで増加された。また、米国通商代表は、以前の3回の関税措置の対象となっている年間の貿易額約2500億ドルの中国製品に対して追加の従価税率を25%から30%に増加するという修正の提案に関して公のコメントを受領した。

 

 

続く 

 

2020年

8月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (54)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

まず、米国は、中国からの輸入の内 340億ドルに25%の関税を課した。その第二弾は、中国製品の内の160億ドルへの関税であった。貿易上の行動、政策と慣行を止めることを中国が拒否したことに対応して、2018年9月24日に、さらに中国製品の2000億ドルの輸入に当初は10%の関税が乗せられた。その関税は、2019年1月1日に25%まで増加することが当初の計画であった。トランプ大統領の指示で、米国通商代表は、中国との議論の進展に対応して、この第三の追加関税を延期した。しかし、以前の交渉の中で合意していた特別の約束を取りやめた後で、2019年5月20日に、関税を25%のレベルに増加させた。

 

続く

 

 

In May 2019, USTR requested comment and, in June 2019, held a public hearing on a proposed tariff modification to add an ad valorem duty  従価税 of up to 25 percent on additional products of China with an annual trade value of approximately $300 billion. In August 2019, the Trade Representative, at the direction of the President, determined to modify the action being taken in the investigation by imposing an additional 10 percent ad valorem duty, which was subsequently increased to 15 percent, on products of China with an annual aggregate trade value of approximately $300 billion. The Trade Representative also received public comments regarding a proposed modification to increase the rate of additional duty from 25 percent ad valorem to 30 percent ad valorem on goods of China covered by the three prior tariff actions, with an approximate annual trade value of $250 billion.32

 

USTR explained the need to take these tariff actions, in response to China’s unfair trade practices:

 

“We must take strong defensive actions to protect America’s leadership in technology and innovation against the unprecedented threat posed by China’s theft of our intellectual property, the forced transfer of American technology, and its cyber-attacks on our computer networks. China’s government is aggressively working to undermine America’s high-tech industries and our economic leadership through unfair trade practices and industrial policies like ‘Made in China 2025.’ Technology and innovation are America’s greatest economic assets and President Trump rightfully recognizes that if we want our country to have a prosperous future, we must take a stand now to uphold fair trade and protect American competitiveness.”33

2020年

11月

30日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(最終21回)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

問題は多分間もなく解決されるでしょう。早い解決を望みます。しかしながら、解決には法的な手続きが恐らく必要です。私は特定の幾つかの州での勝利を主張し、バイデンは多くの州での勝利を主張しているところです。しかし、私は裁判官が裁かなければならないと感じています。沢山のいたずらのようなことが起こりましたが、それには賛成できません。

 

ありがとう

 

完了

午後7:04 東部標準時

 

 

 

 

 

2020年

11月

29日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(20)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

今回は大規模版であり、毎日悪化しています。恐怖の物語を聞いているのです。全くの恐怖の物語です。このようなことをアメリカで起こしてはなりません。誰が勝つか、共和党、民主党、バイデン、私の誰が勝つかは問題ではありません。我が国でこのようなことが起こってはならないのです。このようなことが起こることは恥ずべきなのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

28日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(19)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

それで、私は皆さん全員の方々と幾月かの間、このことについて話してきました。郵便投票は災害だと大変に強く言ってきたのです。小さな選挙で災害でした。大変に扱いやす小さな選挙で災害でした。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

27日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(18)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

そのような正直なやり方のお陰でこの国は勝つのです。米国が勝つのです。証拠が沢山あるため、多くの訴訟が起こるでしょう。最後には連邦の最高裁となるでしょう。やってみます。沢山の訴訟が起こるのは、今回のように選挙を盗まれることはできないためです。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

26日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(17)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

選挙日が設定されており、法律はその点について大変に厳しくなっています。選挙日があり、その後の投票はあってはならず、また、そのプロセスは正直なものでなければなりません。そのことは大変に重要なことです。正直な選挙が求められます。正直な集計が求められます。また、大変に重要な仕事であるため裏方は正直な人々であることが求められます。

 

続く

 

 

2020年

11月

25日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(16)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

バイデンと民主党員全員に対して、彼らは合法の投票だけを必要とすることをはっきりさせるために、問題を突きつけました。彼らは投票と言いうのですが、「合法」という言葉を、「合法な投票」という言葉を使うべきです。「合法な投票は全数が集計されなければなりません。」私はそのように強く望みます。開放性と透明性がなければならないのです。秘密の集計室、不可思議な投票、投票日の後に投票される違法な投票はどれも要りません。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

24日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(15)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

複数のスイング州では、集計は投票日の夜に数時間また数時間と休止されたのです。民主党が運営する主要な場所において結果が差し控えられたのです。結果は出てきました。しかし、バイデンという同じ名前ばかりでした。ほとんどすべてがそうだったと思います。すべてバイデンという名前でした。少し不思議です。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

23日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(14)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

デトロイトでは、投票の多くを集計に配達する際に説明されない数時間の遅れがありました。投票は8時に閉じられたにも関わらず、最終の投票は午前4時まで到着しませんでした。持ち込まれましたが、誰もどこから来たのか知らないのでした。また、私たちはジョージアの重要な場所で観察する行為を拒否されたのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

22日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(13)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

再び、デトロイトの投票集計の主要な場所では、窓が大きな段ボール紙で覆われました。集計場所を護ろうとしまた人を寄せ付けたくなかったのです。集計を誰にも見られたくなかったのです。そこにいるべき法的な観察者であってもです。

 

続く

 

 

2020年

11月

21日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(12)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ミシガンでは世論調査員たちが投票用紙を複製していました。私たちの観察者がその行動を問題にしようとしたとき、それらの世論調査員たちはボランティアの先頭に飛び出てきて、何をしているのか見えないように視野を塞いだのです。そして少し危険あn状態になりました。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

20日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(11)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

消印がありません。個人の特定ができません。国の全域で、いくつかの衝撃的な異常行為がありました。私たちの陣営は、デトロイトで集計の観察行動をどの集計においても拒否されたのです。デトロイトは問題のもう一つの場所です。デトロイトは選挙の完璧性で最高の評判をとるとは言えません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

19日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(10)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は、全員が腐敗した民主党の装備の一環であり、腐敗した民主党の装備について、長い間、あなた方は書いてきました。私は、その学校に通い、よく知っています。変わってはいません。大分前のことですが、変わっていません。悪くなっています。

 

ペンシルベニアでは、盲従する民主党員は、州内での投票が選挙の3日後に受け取られることを許しました。それだけではありません。消印がなくともまた個人を特定できなくても何であろうが、集計に入れているのです。消印がないのです。個人の特定がされないのです。国の全域で、いくつかの不正な不規則なことが起こっています。私たちのキャンペーンは、デトロイトで、集計の監視は全て拒否されたのです。デトロイトは、もう一つの例です。

 

続く

 

2020年

11月

18日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(9)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党の職員はこの選挙で勝利できるとは全く信じていません。そのはずです。そのために、郵便投票を行ったのです。郵便投票には甚大な堕落と欺瞞が横行します。いかなる確認手段を無しで、数千万の求めらない投票用紙を郵送したのです。このようなことになると皆さんに私は話していたのです。今回の重大な選挙で、多くの場合に全く求められることなく、数千万の投票用紙を送るということを決める前に、私は沢山の選挙を観ました。

 

このようなことは、米国史上で前例がありません。これは意図によるものです。選挙の保障について気を配るようにとの長年の要求に関わらず、署名や個人を確認する要求を認めることあるいは投票の権利があるかどうか決める要求を取り入れることを拒否している。人々は何も考えずに投票所に入り、番号を受け取る。沢山の情報が入ってきており、あなたさえも震え上がる訴訟が起こります。

 

続く

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は

 

 

2020年

11月

17日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(8)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ペンシルベニア州では、民主党は、私たちの観察者を禁止しようとするため、州の最高裁に訴えたのです。大変強力にです。私たちはその裁判に勝訴しましたが、彼らは前に進んでいます。彼らは誰も中に入れたくないのです。彼らが投票を集計する間に見られたくないのです。なぜそうなのか想像できません。集計のプロセスを見られたくないという合法の理由は全くありません。そうではなくて、彼らは明らかに詐欺を犯そうとしているのです。それに疑いはありません。

 

フィラデルフィアでは、人々は大変に遠ざけられました。あまりに遠くて双眼鏡を使って見ようとしたほどです。そして途方もない問題を引き起こしました。彼らは、見られないように、全ての窓に紙を貼り付け、中を見ることが出来なくなった人々は大変に不満となり、幾分暴力的になりました。

 

第11回の巡回裁判所は、ジョージア州において、投票は投票日までにと定めたのですが、そうではありませんでした。投票が選挙日よりも後に入って来たのです。投票は選挙日までに入らなければならないという判決がすでにあったのです。私の知る限り、票は選挙日までに入らなければならないのですが、そうはしなかったのです。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

16日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(7)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

私たちの目標は、選挙の完全性を護ることです。 このような重要な選挙あるいはどんな選挙でも盗まれることは許せないのです。また、沈黙を許すことはできません。私たちの投票人を沈黙させまた結果を作り上げる人はだれも許せないのです。

 

私は、沢山の公共のことがらを長い間してきました。電話をする、話す、ものを私たちに送るなどの、人々によるインスピレーションに出会ったことはありません。今回のような愛情、愛着、精神に出会ったことはありません。人々は何が起こっているか知っており、自分の眼で見ているのです。

 

間もなく報告される多くの事例があります。尋常でない訴訟が行われています。選挙を盗み、選挙を作り上げようとしているのですが、それは許せません。米国のどの都市よりも腐敗した政治的な二つの場所であるとして知られているデトロイトとフィラデルフィアは、非常に重要な大統領選挙であるこの選挙の結果を作り上げる責任をもっているはずがありません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

15日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(6)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

同じようなことがジョージア州で起こっています。彼らは提訴を進めています。現実にそうなのです。私たちは、人々を監視したい、観察者が欲しいという訴訟に勝利しました。彼らは現実に提訴を進めており、何らか興味を引きます。彼らはなぜ提訴したいのか分かりません。私たちは、彼らが投票の集計をする間監視したいということが全てです。

 

同じようにジョージア州で、投票日の夜に30万票に近い得票で私は大きく勝利しました。ところが、それは維持されず、大きな

勝利から少し敗北するという得票にすら近づいています。

 

ジョージアでは、遠方でパイプが破裂しました。彼らは4時間集計を停止し、色々なことが起こりました。ジョージア州の投票装置は民主党員によって運営されています。

 

また、ミシガン州では30万票のマージンがありました。大きく引き離し、ミシガン州で勝利しました。ウィスコンシン州では、同じように熱狂するほど良好でしたが、劣勢となりました。どの場合にも、劣勢となりました。

 

本日、アリゾナ州で勝利に向かっています。ただ残る票の55%を得ることができればよいのです。55%のマージンです。このマージンは大幅に越えています。どのような結果になるかですが、アリゾナ州では大丈夫のようです。

 

続く

 

2020年

11月

14日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(5)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

システムは腐敗しています。人々が本来腐敗していなくても、人々を腐敗させるのです。余りに容易く腐敗されます。彼らは何票が必要か知りたいのです。そしてその数の表を見つけることが出来るようです。待って待って、遂に見つけるのです。

 

選挙日当日の夜がそうでした。私たちはノースカロライナ州で得票数を大きくリードしてました。甚大な数の得票でした。今でも大きくリードはしていますが、彼らが突然に票を見つけて来るためそれほど多くはありません。「そうだ、郵送の票があるんだ。」

 

この郵送された票がどのようにしてこのように一方的なのかも、不思議です。そのことは民主党の利益となるということと、私は知っています。しかしながら、どの場合にも、大変に一方的なのです。

 

私たちはペンシルベニア州でほぼ 70万票リードしてました。私はペンシルベニア州で大幅に勝利したのです。そうして、それは落ちていったのです。今は、9万票のリードと言っていると思います。彼らは票が引き続いて入ってきます。彼らは票をあらゆるところで見つけるのです。私たちは裁判で勝ったにも関わらず、彼らは私たちが観察者を送ることを欲しません。裁判官は言ったのです、「私たちは観察者を持たなければならない」と。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

13日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(4)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

この大統領選挙であと僅かな州が決まらずに残っています。そのような州の投票の装備はどの州共に民主党によって運営されています。

 

私たちは、実際に、全ての重要な州で大きく勝っていましたが、奇妙なことに、私たちの数値が密かに削ぎ取られ始め、また、彼らは法的に許される観察者を認めようとしないのです。二つの場合に提訴をして、観察者が許されました。観察者が到着したのですが、建物の中の人々を観察するのに、60、70フィート、あるいは80フィート、あるいは100フィート離れるかあるいは

建物の外にいるように要求されたのです。

 

一件の裁判は勝利しました。大変重要な裁判です。他にも提訴を仕掛けています。多くの提訴です。私たちの提訴以外にも、全般的には、(投票・集計の)プロセスがどんなにか不公平であるため、膨大な数の訴訟が起こっています。それは私が予言しました。私は郵便投票についてずっと以前から話しています。郵便投票は、実際に米国のシステムを破壊したのです。

 

続く

 

2020年

11月

12日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(3)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党は巨大な寄付者、巨大なメディア、巨大なテクノロジー界の党のようです。共和党はアメリカ労働者の党となったのです。また、共和党は多様性を受け入れる党であると、私は信じます。

 

今や誰もが気が付いているように、メディアの世論調査は、まさに言葉通り、強力な特別利益追求による選挙妨害です。偽の世論調査と呼ばなければなりません。このまさしく偽の世論調査は、共和党の投票者を家から出ないようにし、バイデン氏に勢いがあるという錯覚をつくり、また、共和党の資金獲得の能力を弱めるように仕組まれたのです。「抑制(共和党側の)」を狙う世論調査と呼べるものでした。今では誰もが知っています。「抑制」の世論調査が今回ほどまで使われたことはこれまでなかったのです。

 

少しだけ例を挙げましょう。クイニピアックは、私の知る限りいつも間違っており、選挙の前日に、フロリダでジョー・バイデンが5ポイント優勢と伝えましたが、8.4ポイント間違いました。私がフロリダで容易く勝利したのです。容易くです。クイニピアックは私がフロリダで大きく負けると伝えたのですが、私はフロリダで大勝しました。他の州でも全く同じでした。オハイオ州でバイデンが4ポイント優勢と伝えましたが、12.2ポイントの間違いでした。また、私はオハイオ州で勝利したのです。偉大なオハイオ州で。大変に容易くです。

 

ワシントンポストはウィスコンシン州でバイデンが17ポイント優勢と伝えましたが、基本的には同等でした。17ポイント間違ったのです。そのことは知っていたのです。愚かな人たちではありません。知っていたのです。抑制(共和党側の)が目的です。

 

続く

 

 

 

 

 

 

2020年

11月

11日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(2)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

上院は維持した。改選議席が民主党よりも2倍多かったにも関わらずである。まさに、ずっと接戦の州で、素晴らしい結果であった。誇らしい限りである。改選議席が民主党よりも多かった。

 

民主党は、サウスカロライナとケンタッキーのたった二州だけで、上院の選挙にほぼ2億ドルを費やした。まさに私たちと戦うために数億ドルである。国のレベルでは、私たちの対抗勢力の主要な寄付貢献者はウォールストリートの銀行家と特別の利益関係者であった。私たちの主要な寄付貢献者は、警察官、農家、普通の市民であった。しかし、初めてのことであるが、下院では、議席を失わなかった。今日、ケビン・マッカ―シーと話をした。信じられないと彼は言った。議席を失わないとは尋常のことではありません。多くの新議席を獲得したのです。さらに議席が増えると思います。

 

また、今年は共和党の女性の年です。過去最多の共和党女性議員が選ばれたのです。素晴らしい成果です。私は、過去60年間でどの共和党員よりも多くの非白人票を獲得しました。ラテンアメリカ系、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、アメリカ先住民からの歴史的な得票が含まれます。共和党票が400万票増加し、共和党の歴史上で最大数となりました。

 

続く

 

 

2020年

11月

10日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

おはよう。非常に重要な2020年大統領選挙の完全性を護る私たちの取り組みについて現況を米国国民に説明します。合法的な投票を数えれば、私は間違いなく選挙に勝っています。不法な投票を含めるなら、彼らは私たちから選挙を盗もうとすることができるのです。遅く来た投票を数えればです。私たちはそのような投票に大変に強く注目しています。しかし、沢山の投票が遅く来たのです。

 

私はすでに多くの重要な州で勝利しています。州名を少しだけ挙げれば、フロリダ、アイオワ、インディアナ、オハイオがそうです。巨大なメディア、巨額の資金源、巨大なテクノロジー界から歴史に残る選挙妨害を私たちは受けたにも関わらず、このような勝利と他の多くの勝利を得たのです。

 

皆さんが知っているように、私たちは歴史に残るような数値で勝利したのです。世論調査の専門家は、知りながら悪く言ったのです。知りながらです。世論調査の結果はばかげたものでした。だれもがそのことは知ってました。起こると予言された青い波は起こらなかったのです。青い波が起こると彼らは思ったのですが、それは虚偽でした。それは抑圧のためのものでした。しかしながら、現実には大きな赤い波が起こったのでした。

 

赤い波は、現実にメディアによって正しく認識されています。メディアは大変に感心したと私は思うのですが、しかしそれは現実に起こってからなのでした。私たちには何の役にも立ちません。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (132)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この報告書の公表に関連して、2020年1月31日に、トランプ大統領は、「安全で合法の電子商取引を米国の消費者、企業、政府の物流そし知的財産権所有者にために確保」という大統領令を発行した。

 

続く

  

2020年

10月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (131)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この大統領覚書は、初めて、電子商取引オンライン市場で売られている偽造品と海賊行為品にスポットライトを当て、この拡大する問題に対処することに目を向けている。トランプ大統領の方針で、ホームランド安全保障省は、USG全域からのインプットを受け、2020年1月24日に報告書を公表し、オンライン第三者市場を分析し、そこで密売されている不法な品物を調べ、また、もっとも重要なことであるが、この問題に対応できる現実の解決策、最善の慣行、そして、潜在的な法的また行政上の変化を特定する。

 

続く

 

2020年

10月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (130)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

大統領覚書の発行に続いて、大統領顧問団レベルのホワイトハウス知的財産円卓会議が、電子商取引のプラットフォームで偽造品と海賊行為品の拡散に対処するのに権利保有者が直面する問題そして不法品とは知らずに購入する消費者への潜在的な害を議論するために、開催された。政府の役人は、オンラインの市場販売者から小売業者やディストリビューターに送られる商品に関して、一層の情報の共有化、説明責任と高度な精査の必要性を表明した。

 

続く

 

 

 

 

2020年

10月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (129)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

4月に、トランプ大統領は、とくに第三者のオンライン市場で偽造品と海賊行為品の密売と戦うことについて大統領覚書に署名した。大統領は次のように言明した。オンラインの第三者市場とその他の第三者仲介を通して輸入される品を含めて、偽造品と海賊品の危険と負の影響からアメリカの企業、知的財産権保有者、消費者、国家安全保障と経済上の安全保障そしてアメリカの公共体を護ることはトランプ政権の政策であると。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (128)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

後ほど、春に、ホワイトハウスは、 ヨーロッパの法律と慣行の最近の変化について議論するため、著作権と商標に焦点を当てた産業の両方から利害関係者を集めた。参加者は、EUのGDPRがWHOISのデータベースと悪い行為者についてオンラインで情報を得る能力に及ぼす影響についいて懸念を表した。また、議論は、EUの著作権指示とアメリカ企業への潜在的な影響に集中した。

 

続く

 

 

2020年

10月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (127)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

円卓会議の参加者には、主要なスポーツリーグ、製造、スポーツ製品企業、電子商取引、SNSプラットフォームからの代表、それに様々な政府職員が含まれた。スポーツ産業からの代表は、中国での実行の問題を取り上げ、不法なストリーミング装置の影響を強調し、また、電子商取引とソーシャルメディアでの消費者の一層の保護の必要性を強調した。スポーツリーグは、「オペレーションチームプレヤー」のようなイニシアティブでの継続した政府の協力を称えた。電子商取引とソーシャルメディア企業からの参加者は、自らのプラットフォームでの偽造と海賊行為に対処する取り組みを共有した。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (126)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

世界知的所有権機関WIPOの世界知的財産日の主題である「金メダルを目指せ、知的財産とスポーツ」に合わせて、ホワイトハウスはスポーツにおける知的財産の問題に関する知的財産円卓会議を主催した。

 

続く

 

 

2020年

10月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (125)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

政府全体に渡る調整の取り組みは、知的財産執行に上手く対処するのに必須である。ホワイトハウスは、産業の代表、関心のある利害関係者、国会議員とその他の政府職員が米国経済に悪影響を及ぼす切迫した知的財産問題を調査するように集めるいくつかの円卓会議を招集し、新しいイニシアティブを開発し、法的な優先事項を調査し、現実の世界的な解決法を見つけることを目的とした。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (124)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

これに関して、とりわけ、トランプ政権は、次の3項目の重要性を強調する。一つは、「法の支配」、二つ目は、国際的なサプライチェーンの完全性を損なう不法な活動と戦うことそして正当な商業と貿易を支援することでの連携(政府内と政府間、公共と民間セクターの間、そして、民間セクター内)を高めること、三つめは、知的財産の保護と執行において政府の有効性を強化するために「全政府」という進め方の採用を考慮する政府である。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (123)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

このような関係において、トランプ政権は、偽造品、著作権の改造行為、企業秘密の窃盗、特許侵害を減らし、また、政府の機関、権利の保有者や他の利害関係者にこのような不法行為に対処する効果的な法的手段を提供する健全な知的財産の環境を触診し実践するイニシアティブを国内と外国の行為者が実行することの重要性を強調した。

 

続く

 

 

2020年

10月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (122)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

2019年を通して、トランプ政権は、知的財産権の保護と執行を強めることを支援し、様々な利害関係者と関係をもった。そのような取り組みは、連邦の行政機関全体の省庁を含み、民間セクター、業界団体、シンクタンク、学界などの代表者と関係した。また、このような議論は、外国政府の役人、国際的な政府機関INTERPOL, Europol, and WIPO)、他国の民間セクターの団体やグループに及んだ。

 

続く

 

2020年

10月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (121)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの重要問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (120)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (119)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

トランプ政権は、知的財産の政策、実施と保護の全ての範囲の問題に対処するため、小規模、中規模と大規模の企業を含めた米国産業の広範な利害関係者と緊密に取り組んでいる。知的財産問題への新しい解決策と創造的な方法を見つけるために共に取り組むことが鍵となる。

 

続く 

 

 

2020年

10月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (118)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

「米国は、マーケットアクセスの条件として、価値のある技術を移転するように米国企業に不法に迫る国に対しては立ち上がる。米国は、米国民の雇用を破壊する偽造品の製造と海賊行為と戦い、責任のある商業の基盤となる公平で相互主義の貿易のルールを守らせる・・・」 ドナルドトランプ大統領

 

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (117)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家の優先事項の公表において、中国はこの技術を開発する願望を明確にした。被告人は、台州市の中国企業 CBM-Future New Material Science and Technology Co. Ltd. (CBMF)を利するため、また、最終的には中国のため、シンタクチックフォームについての情報を得ようとした。四人の被告人は、そのうちの何名かはトレルボルグで働いていたが、企業秘密を盗む計画の罪を認め、また、二人は裁判で証人と協力し証言した。2014年から2017年に、CBMFは、被告人の米国での活動を援助するため、中国からヒューストンの被告人の会社に約3.1百万ドルを送った。

 

続く

 

 

2020年

10月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (116)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月29日に、司法省は、9日間の裁判を経て、一人の個人が企業秘密を盗む計画のため起訴されたと発表した。裁判で明らかになった証拠によると、被告人は、シンタクチックフォーム、深海での石油ガス掘削に不可欠な商用にも軍用にも使われる

 強く軽量の材料に関して、ヒューストンを基盤とするトレレボルグ・オフショアから企業秘密を盗むことを他者と共謀したことが明らかになった。

 

続く

 

2020年

10月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (115)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月10日に、司法省は、シカゴ郊外の機関車製造企業のソフト技術者の告訴を公開したことを発表しており、その企業から知的財産を盗み、その技術者が住んでいると考えられる中国にその知的財産を持ち込むという告訴内容であった。

 

続く

 

2020年

10月

04日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (114)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年6月14日に、司法省は、中国生まれの帰化した米国市民およびその米国市民とその妻が設立した企業が、企業秘密の窃盗で起訴され、以前の雇用主である半導体企業のアナログデバイス社から知的財産を盗むことに関連するものであった。

 

続く

 

2020年

10月

03日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (113)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年4月23日に、司法省は、前ジェネラルエレクトリックの技術者で中国人のビジネスマンの起訴の公開を発表しており、その起訴内容は、ジェネラルエレクトリックのタービン技術に関わる企業秘密を盗もうとする経済スパイであり、その盗まれた記号秘密が中国を利するために使われることを知っておりまたそれを実現しようとするものだった。容疑者は中国政府から経済的支援などを得ており、また、タービン技術を開発するため、中国国有の機関と研究の契約に入るように、中国政府の職員と連携した。

 

続く

 

 

2020年

10月

02日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (112)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年2月14日に、司法省は、BPAフリーのコーティングのための成分配合に関連する企業秘密を盗もうとする容疑で、米国企業と一人の中国国籍者を告訴したことを発表した。被害届によれば、二人の個人ともう一人の共謀者が企業秘密を盗みその一人が運営する中国企業にその情報を提供することを計画し、その企業はその盗んだ企業秘密を使って開発された製品を製造し利益を得ることになっていた。

 

続く

 

2020年

10月

01日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (111)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年1月28日 に、司法省は、アメリカのテレコム企業(T-Mobile)の企業秘密を盗もうとした容疑で、中国企業とその米国関連企業の告訴を発表した。

 

続く

  

2020年

9月

30日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (110)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年12月21日に、司法省は、中国国籍で米国永住者が企業秘密の窃盗の容疑で逮捕されたことを発表した。その被害届によれば、その個人は、「研究開発ダウンストリームエネルギー市場製品」に関して、米国所在の石油企業から企業秘密を盗んだとされている。その後、2019年11月12日に、被告は企業秘密窃盗の罪状を認めた。

 

続く

 

2020年

9月

29日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (109)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年12月20日に、司法省は、管理されたサービスプロバイダーで知的財産と企業秘密と技術情報を狙い国際的なコンピューター侵入の企てを実行した容疑での、二人の中国国籍者の起訴を公開することを発表した。

 

 

続く

 

 

2020年

9月

28日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (108)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、司法省は、盗まれた企業秘密の更なる転移を禁止し、また、盗まれた企業秘密を使って作られた告訴を受けた企業によって製造されたどんな製品も米国に輸出されることを禁止する民事訴訟を行った(中国企業が盗んだ技術から利益を得ることを防止する別の措置では、商務省は実態リストにその企業を加えており、その企業が米国で物品とサービスを買うことを防止することになる。

 

続く

 

 

2020年

9月

27日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (107)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年11月1日に、司法省は、中国の国家所有の企業、台湾企業と三人の個人の告訴を発表し、その容疑は、中国政府によって管理される企業のために、アメリカの半導体企業(マイクロンテクノロジー社)の企業秘密を盗み、伝達し所有することであった。

 

続く

 

 

 

2020年

9月

26日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (106)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年10月30日に、司法省は、二人の中国人のインテリジェンス職員とその下で働いたハッカーと企業のインサイダー協力者の起訴を発表し、商用の航空機で使用されるターボファンエンジンに関連した情報を含めて、知的財産であり企業秘密を盗む容疑がかけられた。

 

続く

 

 

2020年

9月

25日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (105)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年10月10日に、司法省は、中国の国家安全保障部の工作員が経済スパイを実行しまた米国の複数の航空と航空宇宙企業から企業秘密を盗もうと企てたことで逮捕され起訴されたことを、発表した。この工作員は、連邦の苦情を受けてベルギーで逮捕され、オハイオ州南区の連邦の大審院によって起訴され、米国に送還された。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

9月

24日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (104)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

昨年、司法省は、次の事案を含めて、企業秘密の窃盗に対していくつかの起訴を実施した。

 

続く

 

2020年

9月

23日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (103)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

 2018年11月1日に、検事総長は、国家安全保障部門の副検事総長によって主導される中国イニシアティブの創立を発表し、それは、犯罪部門の司法次官補を含めて、FBI上級役職者、5人の米国検事と幾人かの司法省の他の指導者と高官から成り立っている。検事総長の説明のように、「このイニシアティブは、優先度の高い中国による企業秘密盗用事案を特定し、それに対して十分な対応資源を有することを課し金物西、そして、適切な結論を迅速に効果的にもたらすようにする。」

 

 

続く

 

 

2020年

9月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (102)

法執行措置の拡大と協力

 

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

特に、2019年度の間、司法省は、米国企業の企業秘密の窃盗と戦うことにその捜査と告発の取り組みを集中することを継続した。

 

続く

 

 

2020年

9月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (101)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、自分たちで創造しなかったものを盗みアメリカの競争性を損なう個人と企業を激しく捜査し告訴することを決意している。

 

続く

 

 

 

 

2020年

9月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (100)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家サイバー戦略は以下のように言明する。「また、米国政府は、重要な新しく出現する技術と企業秘密の保護を推進し、敵国がアメリカの研究開発を悪用し不公平な優位性を得ることを防ぐように取り組む。10年以上の間、悪意のある行為者が、アメリカの企業が保有している秘密の企業情報を狙い、米国の商業ネットワークへのサイバー上の侵入を実行した。他の国からの悪意のある行為者は、企業秘密、技術データと重要な秘密の内部通信情報の宝庫を盗んだ。米国政府は、投資家に友好な環境を維持しながら、外国の競合による公共と民間セクターの技術と技術的な知識の不法な流用に対して取り組む。」

 

続く

 

2020年

9月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (99)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産、とくに企業秘密のサイバー上での窃盗は、その窃盗が個々の企業に加える測ることのできないような損害に加えて、米国経済に重大な費用を課する。トランプ政権は、企業秘密と他の企業秘密情報のサーバー上での窃盗と戦うことを決意している。

 

続く

 

2020年

9月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (98)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産の保護は、このデジタル時代において米国の競争性を維持する上でとくに重大である。2018年9月20日にホワイトハウスが発行した「国家サイバー戦略」でトランプ政権が説明したように、「アメリカの発明と革新を助け保護することは、サイバー空間での米国の戦略的な優位性を維持するのに不可欠であり」、また、「知的財産の強力な保護は、デジタル時代において経済成長と革新が継続することを確実にする。米国政府は、特許、商標、著作権のような知的財産権の保護と実施を通して、革新にインセンティブをもたらす国際的な知的財産権のシステムを助成しまた助成を進めることを続ける。」

 

続く

 

 

2020年

9月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (97)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、2018年に、米国議会は合成医薬品密売オーバードーズ防止(STOP)法を検討し通過させ、トランプ大統領は2018年10月24日に法の成立に署名した。STOP法は、郵送による危険な合成医薬品の輸入を阻止することに焦点を当てているが、その法律の条項では、国際的な出荷者からの事前の電子情報の収集を要求しまた米国の郵便サービスと税関・国境警備局が国内への速達郵便サービスの処理にかかる費用の返却を行うことになり、また、税関・国境警備局が模造品の出荷を特定しそれらが米国で流通することを防止することを助けるのである。

 

続く

 

2020年

9月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (96)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産権利センターのオペレーションチームプレヤーは、模造品のスポーツ製品、衣料とチケットの販売と密売を対象にしている。オペレーションチームプレヤーの後援の下、ICE-HSIは、24.2百万ドルと見積もられるほぼ285,000個の模造品のスポーツ関連商品を押収し、また、合同捜査による取り組みによって、28件の逮捕そして21件の起訴に導かれた。一年を通して、知的財産権利センターは、経済を害し、他の犯罪活動を支える資金を提供し、また、潜在的に公衆衛生と安全に危害を及ぼす密輸を対象にして、主要なスポーツリーグとの連携の取り組みを主導した。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

9月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (95)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年の1月から7月にかけて、一連の強制捜査が行われ、ブラジルの歴史上で最大の時計の模造品を含む密輸品が押収された。その総額は12.6百万ドル、総数は約50万個の模造品の時計であり、運び出すのにトラック10台が使われた。このサオパウロ作戦は、国をまたがる犯罪組織を共に攻撃する方法のモデルとなった。

 

続く

 

2020年

9月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (94)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICHIPプログラムの衝撃的な効果の一例として、サンパウロに立地するICHIPによる長期的な援助によって、サンパウロの役人、米国の権利所有者とブラジル警察という複数の利害関係者が Operação Comércio Legal (Operation Legal Commerce)を実施するようになった。

 

続く

 

2020年

9月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (93)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ワシントンに配置された二つのICHIPに加えて、

  (1) Hong Kong, China SAR;(2) São Paulo, Brazil; (3) Bucharest, Romania; (4) Bangkok, Thailand; (5) Abuja, Nigeria; (6) Kuala Lumpur, Malaysia; (7) The Hague, Netherlands; (8) Zagreb, Croatia; (9) Addis Ababa, Ethiopia; and (10) Panama City, Panama

に、ICHIPが配置される。

 

続く

  

2020年

9月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (92)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

このような訓練は、商標の偽造と著作権での海賊行為の複数の海外での起訴をもたらした。ブッシュ政権の下で2006年にタイの一軒の事務所で設立されたプログラムは、トランプ政権の下で新しいGLENの設立によって拡大された。このネットワークの配備が完了すると、12のICHIP(その一つは司法省によって資金が供給される)が設立され、地域の内外で、国をまたがる組織犯罪を支える脅威を含めて、知的財産への脅威を低減するために連携して作業をしている。

 

続く

 

 

2020年

9月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (91)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICHIPの国際的な法執行ネットワーク(以前には、IPLECプログラムとして知られている)は、国務省によって資金が供給され司法省によって運営されており、海外の米国職員の効果を当地の検察官、判事と警察官を訓練することによって向上させている。

 

続く

 

2020年

9月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (90)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、他の捜査機関と連携し、知的財産に関連する情報格差に対応するため、国際組織犯罪インテリジェンス・オペレーションセンターにデータを提供するよう、当センターと協力している。当センターは、国際組織犯罪グループが知的財産での違反に関わる捜査に、活動上の、インテリジェンスのそして財政的な支援を提供してきた。

 

 

続く

 

2020年

9月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (89)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICE-HSIアタッシェは、ホスト国の交渉相手と強力な協同の関係を確立している。このような関係は、国内での、国際的なまた多国間の活動をICEが成功させる能力を高める。ICE-HSIアタッシェは、50ケ国を越える国々に配置されている。

 

 

続く

 

2020年

9月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (88)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省、商務省、国務省、国土安全保障省を含めて、行政機関は、知的財産の法律の効果的な執行について、外国の高官に訓練を提供してきた。知的財産に関わる訓練は、知的財産違反への責任を有する様々な法執行機関の間の協力を向上させるように、知的財産の犯罪と戦うための経済上と組織的な犯罪への法令を含めて、様々な種類の容疑を使うように、また、偽造品と海賊行為を縮小することの重要性の認知度を法執行高官と司法の間で高めるように、設計されている。

 

続く 

 

 

2020年

9月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (87)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国際的な知的財産の犯罪は、偽造品の製造と国際的な配布から著作権のついた製品の不法な配布からの利益を摘み取るように考えられたはびこるオンラインビジネスまで、法執行の先を進むようにしながら成長し変化を続けている。米国は、他国が効果的に知的財産の法律を執行しまた偽造品と海賊行為の製品の密輸を減らせるように、訓練と技術援助プログラムを開発するよう活発に取り組んでいる。

 

続く

 

 

2020年

9月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (86)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

健康と安全が関わるイニシアティブは、偽造の医薬品、不法に処方された医薬品、自動車の部品、軍需品を含めて、消費者に危険を及ぼす偽造品の拡散に対処するため、民間と州と連邦の法執行のリソースを束ねる。司法省の検察官とFBIは、商売ベースで国が後ろ盾をする企業秘密の窃盗の捜査と告発を引き続いて強調してきた。その結果、無数の企業秘密の窃盗と経済スパイの事件が捜査されまた告発された。司法省は、重大で大規模な海賊行為と偽造品の活動を引き続いて追求して来た。

 

続く

 

 

2020年

9月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (85)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、(1)健康と安全、(2)企業秘密の窃盗あるいは経済スパイ行為、そして(3)大規模な模造品の販売とオンライン海賊行為を含む知的財産捜査と告発を引き続いて優先している。また、インターネットの使用によって実行されたり助長されたりするあるいは組織的犯罪ネットワークによって実行される知的財産の犯罪への焦点を強めた。

 

続く

 

 

2020年

9月

04日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (84)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、知的財産権センターは36,527件の捜査上の手がかりを詳しく調査した。その中の20,911件が法施行の相手国に紹介した。さらに、知的財産権センターは、相手国の機関と産業界のために、10,426件の捜査対象を捜査から外した。その過程で、知的財産権センターは、2つあるいはそれ以上の組織が同じ捜査対象を捜査していた55件を特定した。最後に、知的財産権センターは、民間産業に330件の捜査の手がかりをフォローアップのために紹介した。

 

続く

 

2020年

9月

03日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (83)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度の終わりに、FBIは195件の進行中の知的財産権に関する捜査を保有した。最大数の捜査は、企業秘密の窃盗(64)、著作権侵害(46)、商標侵害(55)であった。2019年度の間、FBIは、47件の新たな捜査を開始し、23人を逮捕し、3件の有罪を獲得し、総額192,058ドルの没収と総額529ドルの返還を行った。

 

2019年度に、ICE-HSIは、501件の知的財産に関わる捜査を開始し、256件の逮捕、197件の告訴、157件の有罪、そして、287,951,429ドルの2,244件の押収を行った。

 

続く

 

 

2020年

9月

02日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (82)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省の司法補助局は、州と地方の法執行のための訓練プログラムを支援してきており、これまでに総計で、1,301機関からの2,609人の出席者への110の訓練、185機関からの538人の出席者への16のセミナー、そして、130機関からの568人の出席者への39の技術援助が支援された。

 

また、米国政府の検察と法執行のリソースが効果的にまた効率的に使われ、重複しないことを確実にするため、知的財産権センターは、FBI, ICE-HSI,  CBP, FDA, その他の機関のための捜査のクリアリングハウスとしての任務を担っている。

 

続く 

 

2020年

9月

01日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (81)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年7月1日から2019年6月30日まで、地方の法執行の補助金受領者は、

  • 知的財産の法律の違反で305名を逮捕した。
  • 州と地方の138の知的財産捜索令状を執行した。
  • 407の海賊・偽造組織を壊滅あるいは解体した。

続く

 

 

 

2020年

8月

31日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (80)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、州と地方の法執行の任務部隊と地方の訓練と技術援助を支援するため、補助金を付与した。知的財産執行プログラムは、検察、防止、訓練と技術援助を含めて、犯罪への知的財産執行に対処するため、国家支援を提供しまた州と地方の犯罪司法システムの能力を改善するように設計されている。そのプログラムの下で、補助金の受領者は、検察、複数の司法の任務部隊とFBIと米国弁護士会を含めた適当な連邦の機関を含めて、州と地方の法執行の間の効果的な連携と調整を確立し維持する。

 

 

続く

 

2020年

8月

30日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (79)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、米国税関・国境警備局は知的財産権に関して27,599件の押収を実施した。押収品が仮に正規のブランド品であったとすると、押収品の小売価格は総額で150億ドル以上に増加した。

 

 

続く

 

 

2020年

8月

29日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (78)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

電子商取引の成長は、小型パッケージの累進的な増加を招いて来ており、その相当の部分が偽造品であるかあるいは不法なものである。この膨大な問題に対して、米国の税関は、国際郵便施設とその他の入国の場で不法な商品と偽造品を監視し、照準を当てまた押収する最前線にいる。

 

続く

 

 

2020年

8月

28日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (77)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、知的財産権センターは、183のアウトリーチと訓練のイベントで7,253人の人々に接触した。このような取り組みに加えて、知的財産での執行を支援するDHS法執行機関は、2019年に利害関係者と無数の別の係わりを持った。たとえば、プロジェクトトレードウォッチは、民間産業によるインフォームド順守を促進するためのまた貿易コミュニテイー内で法執行の取り組みへの民間の認知度を高めるための輸入コミュニテイーへの、ICE-HSIとCBPのアウトリーチキャンペーンである。知的財産権センターは、訓練と関わりのために、産業界とその他の政府機関と連携する。たとえば、オペレーションエンジンNEWITYの支援として、ICE-HSIと自動車反偽造品協議会は、偽造品とどのようにして特定するかについてICE-HSIとCBPの営業所の職員が営業員を訓練できるように、共に取り組んだ。

 

 

続く

 

 

2020年

8月

27日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (76)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

米国政府は、知的財産犯罪を捜査する連邦、州と地方の検察官と機関のための幾つかの訓練プログラムに従事した。このような訓練コースは、一連の知的財産執行問題に対応し、また、検察官と捜査官の間の連携と連邦、州、地方の法執行機関の間の連携を増やすように図られている。

 

続く

 

 

2020年

8月

26日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (75)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

さらに、知的財産権センターは、引き続いて産業界を開かれた継続的な対話に関わらせている。それによって、知的財産権センターは、知的財産犯罪と効果的に戦うために、法執行の取り組みと民間産業との連携の両方に訴える。知的財産権センターは、偽造品の侵入と戦うため、無数のイニシアティブと禁止の取り組みを展開した。このような取り組みは、米国国防総省と米国政府のサプライチェーンに入り込み消費者の健康と安全にリスクをもたらす偽造品と米国経済の保護に焦点を当てている。

 

 続く

 

 

2020年

8月

25日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (74)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、国家知的財産権調整センターは、貿易相手国と協調的な執行の取り組みを推進するため、また、他の国々での実体法や漆黒の態勢を改善するために、攻撃的な国際的なプログラムを実施する。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

24日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (73)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家知的財産権調整センターは、国家安全保障省によって導かれる合同の執行での連携であり、政府の機関が共に情報を共有し、リソースを強化し、そして、知的財産について捜査官、検察官と一般人を訓練するように取り組む。

 

続く

 

 

 

 

2020年

8月

23日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (72)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省の民事部門は、米国の知的財産が侵害されたときに、確実な案件を俎上に挙げる。民事部門は、偽造品を含む不注意な輸入や詐欺行為の輸入から発生する様々な罰金や関税を徴収する民事行為を開始する。また、国際貿易裁判所において、国際貿易委員会の第337条の排除命令を米国税関・国境保護部が執行することを防御する(これらの命令は主要な特許執行措置である)。また、偽造の薬品・医療機器の違反を起訴することを含めて、食品・薬品・化粧品法の下で、民事と刑事の訴訟を行う。さらには、国内全域で、偽造の医薬品と医療機器の事案において、米国検事補を援助する。

 

続く

 

2020年

8月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (71)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、著作権侵害、商標偽造、企業秘密の窃盗を含めて、広範囲の知的財産犯罪を捜査し起訴する。司法省内での主たる捜査と起訴の責任は、FBI、米国弁護士会、犯罪部門のコンピューター犯罪知的財産課、国家安全保障部門の対インテリジェンス輸出管理課、そして、食料医薬品化粧品法での犯罪に関しては、民事局の消費者保護局に依存している。また、司法省は、コンピューターハッキング知的財産プログラムを策定する270の特別に訓練された連邦検察官のネットワークを有している。

 

続く

  

 

2020年

8月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (70)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

米国の法執行機関は、知的財産の窃盗を行う犯罪行為の企業に対して、強力な措置をとっており、また、国際的なそして国内での法執行の取り組みを向上させている。トランプ政権の知的財産に関わる法執行の取り組みは、司法省、国土安全保障省、保健福祉省の食品医薬品局、その他の行政機関の法執行機関が共に、アメリカの革新と知的財産を保護している。

 

続く

 

2020年

8月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (69)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

「外国による知的財産の窃盗は、毎年、数百万人の雇用と数千億ドルの損害を米国にもたらしている。余りに長い間、この規模の富が米国から垂れ流されてきた・・・ワシントンはこれ以上目を逸らさない。」 トランプ大統領

 

 

続く

 

2020年

8月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (68)

 

2018年に、米国議会は2018年の外国人投資リスク調査近代化法を通過させ、大統領が2018年8月13日に署名した。大統領が説明した様に、「この新しい権限は、米国の安全保障に不可欠の最先端のアメリカの技術と知的財産を保護する米国の能力を向上させる。この新しい立法が、重大な技術と知的財産をもったアメリカ企業の外国人による所有を調査することについて、米国での外国人投資委員会に一層大きいな権限をもたらすことは、喜ばしい。」

 

続く

 

2020年

8月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (67)

 

米国外国投資委員会の調査は、国家安全保障上の問題を起こすかも知れない取引の当事者が米国外国投資委員会に自発的な通知を行うときに自発的に開始され、また、米国外国投資委員会が一方的に調査を開始するときには強制的に調査が開始される。もし、別の法律に拠ってあるいは米国外国投資委員会が号したかもたらした緩和手段によって適切に解決できない安全保障上のリスクを引き起こすと、米国外国投資委員会が決めた場合には、米国外国投資委員会はその取引を大統領にとりあげてもよい。大統領は、その取引を中止あるいは禁止してもよい。2018年に、トランプ大統領は、アジアの競合企業であるブロードコムによる米国チップメーカーのクアルコムの獲得を阻止した。財務長官の説明のように、トランプ大統領は、その取引は米国の国家安全保障のリスクになると評価した。

 

続く

 

 

2020年

8月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (66)

 

2017年12月に発行された国家安全保障戦略によると、この政権は、現在と将来の国家安全保障へのリスクに対応できるように、米国外国投資委員会を強化するために、議会と共に働く。米国外国投資委員会は、米国の国家安全保障への影響を定めるため、取引を調査する権限を持った省庁間の委員会である。

 

続く

 

2020年

8月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (65)

 

また、このようなWTOの協定は、 法の支配に基づいた自由で公平で開放された国際的な貿易システムに積極的に貢献する米国の基準の高い二国間と地域間の協定へ基盤を提供する。知的財産権に関しては、WTOは、米国が主要な知的財産問題について貿易相手国と関与する場を提供し、それには、TRIPS委員会の会員候補のための加入交渉を含めて、また、知的財産権問題をWTOの論争解決組織に挙げることに拠ることが含まれる。2018年3月23日に、米国は、中国の差別的な技術ライセンスへの要求に関して、中国への論争解決手続きを開始した。米国は、協議を要求する中で、米国企業とイノベーターの知的財産権を害する中国によるWTO規則の違反を特定した。2018年10月18日に、米国は、協議が問題を解決しなかったあとで、米国の不服を調査するためにWTOがパネルを設立することを依頼した。WTOは、2019年1月16日に論争解決パネルを設立した。

 

続く

 

2020年

8月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (64)

 

世界貿易機関は、米国がWTO会員であることから十分な恩恵を受けるよう、様々なWTOの協定の下で、米国の権利を執行するためのフォーラムを開催する。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (63)

 

国際貿易委員会ITCは、排除命令と停止命令の形で、救済めいれいを発行する権限を与えられている。米国大統領から委譲された権限に基づいて、米国通商代表は、政治的理由からこのような排除命令を承認しなくてもよい。国際貿易委員会ITCは、337条と委員会の手続き規約に沿って、相当数の特許論争を扱う。

 

 

続く

 

2020年

8月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (62)

 

国際貿易委員会ITCは、貿易の事案で広範な捜査責任を有する準司法的機関である。1930年の関税法337条に拠って、米国特許や米国の商標に違反する商品を含めて、商品の輸入において、不公平な行為や不公平な競争の方法に対して、救済を提供する。337条の申立人は、337条に違反すると認められた違反商品の米国への輸入を阻止する命令を求めることが出来る。

 

続く

 

2020年

8月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (61)

 

年次特別301報告書は、世界の米国の貿易相手国の知的財産保護と執行の状況の報告を提供する。この報告書は、外国を対象にし、米国の投資家、創造家、ブランド、生産者、サービスプロバイダーに適正で効果的な知的財産保護を提供しない法律、政策と慣行をあぶりだす。アウトオブサイクル悪名マーケット報告は、重大な海賊行為と偽造品取引に従事し、助長し、目をそらし、恩恵を受ける外国のオンラインと通常のマーケットについて、顕著な例に光を当てる。そのリスト海賊品と模造品が入手できる電子商取引サイトと通常のマーケットの幾つかが含まれる。

 

続く

 

2020年

8月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (60)

 

また、米国通商代表は、米国執行府行政官庁と緊密に取り組み、知的財産権を適正に保護しない米国の貿易相手国を特定する年次特別301報告書を準備し、また、重大な海賊行為と模造品取引に従事しまた助長する米国外の名をはせるオンラインと通常のマーケットに光を当てる年次の悪名マーケットリストを編纂する。

 

続く

 

2020年

8月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (59)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

米国通商代表は、知的財産案件において、米国知的財産執行調整官事務局と米国政府の省庁と綿密に関わっている。米国通商代表は、引き続き、貿易協定の交渉を主導する:一般特恵関税制度とアフリカ成長と機会法のような米国貿易特恵プログラムの下でレビューする。世界貿易機関での貿易政策のレビューを行い、また、外国マーケットにおける知的財産執行での欠陥を強調し、また、悪名高い電子商取引と模造品と海賊品の密売に光を当てる。

 

続く。

 

 

2020年

8月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (58)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

トランプ政権は、自由で公平で相互主義的な関係を推進することを決意している。「米国は、自由で相互主義的な貿易を約束する国々と二国間の貿易と投資の協定を結ぶことを追求し、また、現行の協定がそのような原則に沿うように、現行の協定を改定する。協定は、知的財産、デジタル貿易、農業、労働と環境において高い基準を満たさなければならない。

 

続く

 

2020年

8月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (57)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

2020年1月15日に、米国と中国は、知的財産、技術移転、農業、金融サービス、通貨と外貨交換の分野で中国の経済と貿易の体制に構造改革などの変革を要求するフェーズ1貿易協定に署名した。中国との交渉での進展を考慮しそしてトランプ大統領の指示の下で、米国通商代表は、2019年12月15日に予定されていた1600億ドルの中国製品への15%の追加関税の実施を無期限に中止することを決定した。 さらに、米国は、2019年9月1日に1200億ドルの中国製品に課せられた関税を15%から7.5%に削減することになる。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (56)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

米国通商代表は、中国の不公正な貿易慣行に対応して、以下の関税措置をとる必要性について説明した。

 

「米国の知的財産の中国による窃盗、米国の技術の移転の強制そして米国のコンピューターネットワークへの中国のサイバー攻撃による前例のない脅威に対して技術と革新における米国の先導性護るために、強力な防御措置を取らなければならない。中国政府は、不公正な貿易慣行と”メイドインチャイナ202”のような産業上の政策を通して、米国のハイテク産業と米国の経済上の主導性を阻害するために、果敢に取り組んでいる。技術と革新はアメリカの最大の経済的な財産であり、トランプ大統領は、米国が繁栄する将来を望むならば、米国は今、法へいな貿易を支持し米国の競争性を護る立場に立たなければならない。」

 

続く

 

 

2020年

8月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (55)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

2019年5月に、米国通商代表は、コメントを依頼し、約3000億ドルの年間貿易額の追加の中国製品に25%までの従価税を加える関税の変更の提案について公聴会を開催した。2019年8月に、米億通商代表は、トランプ大統領の指示を受け、追加の10%の従価税を課することによって、調査での行動を修正することを決定し、それは、中国の年間の総貿易額の約3000億ドルの製品について、引き続いて15%にまで増加された。また、米国通商代表は、以前の3回の関税措置の対象となっている年間の貿易額約2500億ドルの中国製品に対して追加の従価税率を25%から30%に増加するという修正の提案に関して公のコメントを受領した。

 

 

続く 

 

2020年

8月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (54)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

まず、米国は、中国からの輸入の内 340億ドルに25%の関税を課した。その第二弾は、中国製品の内の160億ドルへの関税であった。貿易上の行動、政策と慣行を止めることを中国が拒否したことに対応して、2018年9月24日に、さらに中国製品の2000億ドルの輸入に当初は10%の関税が乗せられた。その関税は、2019年1月1日に25%まで増加することが当初の計画であった。トランプ大統領の指示で、米国通商代表は、中国との議論の進展に対応して、この第三の追加関税を延期した。しかし、以前の交渉の中で合意していた特別の約束を取りやめた後で、2019年5月20日に、関税を25%のレベルに増加させた。

 

続く

 

 

In May 2019, USTR requested comment and, in June 2019, held a public hearing on a proposed tariff modification to add an ad valorem duty  従価税 of up to 25 percent on additional products of China with an annual trade value of approximately $300 billion. In August 2019, the Trade Representative, at the direction of the President, determined to modify the action being taken in the investigation by imposing an additional 10 percent ad valorem duty, which was subsequently increased to 15 percent, on products of China with an annual aggregate trade value of approximately $300 billion. The Trade Representative also received public comments regarding a proposed modification to increase the rate of additional duty from 25 percent ad valorem to 30 percent ad valorem on goods of China covered by the three prior tariff actions, with an approximate annual trade value of $250 billion.32

 

USTR explained the need to take these tariff actions, in response to China’s unfair trade practices:

 

“We must take strong defensive actions to protect America’s leadership in technology and innovation against the unprecedented threat posed by China’s theft of our intellectual property, the forced transfer of American technology, and its cyber-attacks on our computer networks. China’s government is aggressively working to undermine America’s high-tech industries and our economic leadership through unfair trade practices and industrial policies like ‘Made in China 2025.’ Technology and innovation are America’s greatest economic assets and President Trump rightfully recognizes that if we want our country to have a prosperous future, we must take a stand now to uphold fair trade and protect American competitiveness.”33

2020年

11月

30日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(最終21回)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

問題は多分間もなく解決されるでしょう。早い解決を望みます。しかしながら、解決には法的な手続きが恐らく必要です。私は特定の幾つかの州での勝利を主張し、バイデンは多くの州での勝利を主張しているところです。しかし、私は裁判官が裁かなければならないと感じています。沢山のいたずらのようなことが起こりましたが、それには賛成できません。

 

ありがとう

 

完了

午後7:04 東部標準時

 

 

 

 

 

2020年

11月

29日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(20)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

今回は大規模版であり、毎日悪化しています。恐怖の物語を聞いているのです。全くの恐怖の物語です。このようなことをアメリカで起こしてはなりません。誰が勝つか、共和党、民主党、バイデン、私の誰が勝つかは問題ではありません。我が国でこのようなことが起こってはならないのです。このようなことが起こることは恥ずべきなのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

28日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(19)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

それで、私は皆さん全員の方々と幾月かの間、このことについて話してきました。郵便投票は災害だと大変に強く言ってきたのです。小さな選挙で災害でした。大変に扱いやす小さな選挙で災害でした。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

27日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(18)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

そのような正直なやり方のお陰でこの国は勝つのです。米国が勝つのです。証拠が沢山あるため、多くの訴訟が起こるでしょう。最後には連邦の最高裁となるでしょう。やってみます。沢山の訴訟が起こるのは、今回のように選挙を盗まれることはできないためです。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

26日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(17)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

選挙日が設定されており、法律はその点について大変に厳しくなっています。選挙日があり、その後の投票はあってはならず、また、そのプロセスは正直なものでなければなりません。そのことは大変に重要なことです。正直な選挙が求められます。正直な集計が求められます。また、大変に重要な仕事であるため裏方は正直な人々であることが求められます。

 

続く

 

 

2020年

11月

25日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(16)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

バイデンと民主党員全員に対して、彼らは合法の投票だけを必要とすることをはっきりさせるために、問題を突きつけました。彼らは投票と言いうのですが、「合法」という言葉を、「合法な投票」という言葉を使うべきです。「合法な投票は全数が集計されなければなりません。」私はそのように強く望みます。開放性と透明性がなければならないのです。秘密の集計室、不可思議な投票、投票日の後に投票される違法な投票はどれも要りません。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

24日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(15)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

複数のスイング州では、集計は投票日の夜に数時間また数時間と休止されたのです。民主党が運営する主要な場所において結果が差し控えられたのです。結果は出てきました。しかし、バイデンという同じ名前ばかりでした。ほとんどすべてがそうだったと思います。すべてバイデンという名前でした。少し不思議です。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

23日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(14)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

デトロイトでは、投票の多くを集計に配達する際に説明されない数時間の遅れがありました。投票は8時に閉じられたにも関わらず、最終の投票は午前4時まで到着しませんでした。持ち込まれましたが、誰もどこから来たのか知らないのでした。また、私たちはジョージアの重要な場所で観察する行為を拒否されたのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

22日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(13)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

再び、デトロイトの投票集計の主要な場所では、窓が大きな段ボール紙で覆われました。集計場所を護ろうとしまた人を寄せ付けたくなかったのです。集計を誰にも見られたくなかったのです。そこにいるべき法的な観察者であってもです。

 

続く

 

 

2020年

11月

21日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(12)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ミシガンでは世論調査員たちが投票用紙を複製していました。私たちの観察者がその行動を問題にしようとしたとき、それらの世論調査員たちはボランティアの先頭に飛び出てきて、何をしているのか見えないように視野を塞いだのです。そして少し危険あn状態になりました。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

20日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(11)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

消印がありません。個人の特定ができません。国の全域で、いくつかの衝撃的な異常行為がありました。私たちの陣営は、デトロイトで集計の観察行動をどの集計においても拒否されたのです。デトロイトは問題のもう一つの場所です。デトロイトは選挙の完璧性で最高の評判をとるとは言えません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

19日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(10)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は、全員が腐敗した民主党の装備の一環であり、腐敗した民主党の装備について、長い間、あなた方は書いてきました。私は、その学校に通い、よく知っています。変わってはいません。大分前のことですが、変わっていません。悪くなっています。

 

ペンシルベニアでは、盲従する民主党員は、州内での投票が選挙の3日後に受け取られることを許しました。それだけではありません。消印がなくともまた個人を特定できなくても何であろうが、集計に入れているのです。消印がないのです。個人の特定がされないのです。国の全域で、いくつかの不正な不規則なことが起こっています。私たちのキャンペーンは、デトロイトで、集計の監視は全て拒否されたのです。デトロイトは、もう一つの例です。

 

続く

 

2020年

11月

18日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(9)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党の職員はこの選挙で勝利できるとは全く信じていません。そのはずです。そのために、郵便投票を行ったのです。郵便投票には甚大な堕落と欺瞞が横行します。いかなる確認手段を無しで、数千万の求めらない投票用紙を郵送したのです。このようなことになると皆さんに私は話していたのです。今回の重大な選挙で、多くの場合に全く求められることなく、数千万の投票用紙を送るということを決める前に、私は沢山の選挙を観ました。

 

このようなことは、米国史上で前例がありません。これは意図によるものです。選挙の保障について気を配るようにとの長年の要求に関わらず、署名や個人を確認する要求を認めることあるいは投票の権利があるかどうか決める要求を取り入れることを拒否している。人々は何も考えずに投票所に入り、番号を受け取る。沢山の情報が入ってきており、あなたさえも震え上がる訴訟が起こります。

 

続く

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は

 

 

2020年

11月

17日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(8)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ペンシルベニア州では、民主党は、私たちの観察者を禁止しようとするため、州の最高裁に訴えたのです。大変強力にです。私たちはその裁判に勝訴しましたが、彼らは前に進んでいます。彼らは誰も中に入れたくないのです。彼らが投票を集計する間に見られたくないのです。なぜそうなのか想像できません。集計のプロセスを見られたくないという合法の理由は全くありません。そうではなくて、彼らは明らかに詐欺を犯そうとしているのです。それに疑いはありません。

 

フィラデルフィアでは、人々は大変に遠ざけられました。あまりに遠くて双眼鏡を使って見ようとしたほどです。そして途方もない問題を引き起こしました。彼らは、見られないように、全ての窓に紙を貼り付け、中を見ることが出来なくなった人々は大変に不満となり、幾分暴力的になりました。

 

第11回の巡回裁判所は、ジョージア州において、投票は投票日までにと定めたのですが、そうではありませんでした。投票が選挙日よりも後に入って来たのです。投票は選挙日までに入らなければならないという判決がすでにあったのです。私の知る限り、票は選挙日までに入らなければならないのですが、そうはしなかったのです。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

16日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(7)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

私たちの目標は、選挙の完全性を護ることです。 このような重要な選挙あるいはどんな選挙でも盗まれることは許せないのです。また、沈黙を許すことはできません。私たちの投票人を沈黙させまた結果を作り上げる人はだれも許せないのです。

 

私は、沢山の公共のことがらを長い間してきました。電話をする、話す、ものを私たちに送るなどの、人々によるインスピレーションに出会ったことはありません。今回のような愛情、愛着、精神に出会ったことはありません。人々は何が起こっているか知っており、自分の眼で見ているのです。

 

間もなく報告される多くの事例があります。尋常でない訴訟が行われています。選挙を盗み、選挙を作り上げようとしているのですが、それは許せません。米国のどの都市よりも腐敗した政治的な二つの場所であるとして知られているデトロイトとフィラデルフィアは、非常に重要な大統領選挙であるこの選挙の結果を作り上げる責任をもっているはずがありません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

15日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(6)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

同じようなことがジョージア州で起こっています。彼らは提訴を進めています。現実にそうなのです。私たちは、人々を監視したい、観察者が欲しいという訴訟に勝利しました。彼らは現実に提訴を進めており、何らか興味を引きます。彼らはなぜ提訴したいのか分かりません。私たちは、彼らが投票の集計をする間監視したいということが全てです。

 

同じようにジョージア州で、投票日の夜に30万票に近い得票で私は大きく勝利しました。ところが、それは維持されず、大きな

勝利から少し敗北するという得票にすら近づいています。

 

ジョージアでは、遠方でパイプが破裂しました。彼らは4時間集計を停止し、色々なことが起こりました。ジョージア州の投票装置は民主党員によって運営されています。

 

また、ミシガン州では30万票のマージンがありました。大きく引き離し、ミシガン州で勝利しました。ウィスコンシン州では、同じように熱狂するほど良好でしたが、劣勢となりました。どの場合にも、劣勢となりました。

 

本日、アリゾナ州で勝利に向かっています。ただ残る票の55%を得ることができればよいのです。55%のマージンです。このマージンは大幅に越えています。どのような結果になるかですが、アリゾナ州では大丈夫のようです。

 

続く

 

2020年

11月

14日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(5)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

システムは腐敗しています。人々が本来腐敗していなくても、人々を腐敗させるのです。余りに容易く腐敗されます。彼らは何票が必要か知りたいのです。そしてその数の表を見つけることが出来るようです。待って待って、遂に見つけるのです。

 

選挙日当日の夜がそうでした。私たちはノースカロライナ州で得票数を大きくリードしてました。甚大な数の得票でした。今でも大きくリードはしていますが、彼らが突然に票を見つけて来るためそれほど多くはありません。「そうだ、郵送の票があるんだ。」

 

この郵送された票がどのようにしてこのように一方的なのかも、不思議です。そのことは民主党の利益となるということと、私は知っています。しかしながら、どの場合にも、大変に一方的なのです。

 

私たちはペンシルベニア州でほぼ 70万票リードしてました。私はペンシルベニア州で大幅に勝利したのです。そうして、それは落ちていったのです。今は、9万票のリードと言っていると思います。彼らは票が引き続いて入ってきます。彼らは票をあらゆるところで見つけるのです。私たちは裁判で勝ったにも関わらず、彼らは私たちが観察者を送ることを欲しません。裁判官は言ったのです、「私たちは観察者を持たなければならない」と。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

13日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(4)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

この大統領選挙であと僅かな州が決まらずに残っています。そのような州の投票の装備はどの州共に民主党によって運営されています。

 

私たちは、実際に、全ての重要な州で大きく勝っていましたが、奇妙なことに、私たちの数値が密かに削ぎ取られ始め、また、彼らは法的に許される観察者を認めようとしないのです。二つの場合に提訴をして、観察者が許されました。観察者が到着したのですが、建物の中の人々を観察するのに、60、70フィート、あるいは80フィート、あるいは100フィート離れるかあるいは

建物の外にいるように要求されたのです。

 

一件の裁判は勝利しました。大変重要な裁判です。他にも提訴を仕掛けています。多くの提訴です。私たちの提訴以外にも、全般的には、(投票・集計の)プロセスがどんなにか不公平であるため、膨大な数の訴訟が起こっています。それは私が予言しました。私は郵便投票についてずっと以前から話しています。郵便投票は、実際に米国のシステムを破壊したのです。

 

続く

 

2020年

11月

12日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(3)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党は巨大な寄付者、巨大なメディア、巨大なテクノロジー界の党のようです。共和党はアメリカ労働者の党となったのです。また、共和党は多様性を受け入れる党であると、私は信じます。

 

今や誰もが気が付いているように、メディアの世論調査は、まさに言葉通り、強力な特別利益追求による選挙妨害です。偽の世論調査と呼ばなければなりません。このまさしく偽の世論調査は、共和党の投票者を家から出ないようにし、バイデン氏に勢いがあるという錯覚をつくり、また、共和党の資金獲得の能力を弱めるように仕組まれたのです。「抑制(共和党側の)」を狙う世論調査と呼べるものでした。今では誰もが知っています。「抑制」の世論調査が今回ほどまで使われたことはこれまでなかったのです。

 

少しだけ例を挙げましょう。クイニピアックは、私の知る限りいつも間違っており、選挙の前日に、フロリダでジョー・バイデンが5ポイント優勢と伝えましたが、8.4ポイント間違いました。私がフロリダで容易く勝利したのです。容易くです。クイニピアックは私がフロリダで大きく負けると伝えたのですが、私はフロリダで大勝しました。他の州でも全く同じでした。オハイオ州でバイデンが4ポイント優勢と伝えましたが、12.2ポイントの間違いでした。また、私はオハイオ州で勝利したのです。偉大なオハイオ州で。大変に容易くです。

 

ワシントンポストはウィスコンシン州でバイデンが17ポイント優勢と伝えましたが、基本的には同等でした。17ポイント間違ったのです。そのことは知っていたのです。愚かな人たちではありません。知っていたのです。抑制(共和党側の)が目的です。

 

続く

 

 

 

 

 

 

2020年

11月

11日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(2)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

上院は維持した。改選議席が民主党よりも2倍多かったにも関わらずである。まさに、ずっと接戦の州で、素晴らしい結果であった。誇らしい限りである。改選議席が民主党よりも多かった。

 

民主党は、サウスカロライナとケンタッキーのたった二州だけで、上院の選挙にほぼ2億ドルを費やした。まさに私たちと戦うために数億ドルである。国のレベルでは、私たちの対抗勢力の主要な寄付貢献者はウォールストリートの銀行家と特別の利益関係者であった。私たちの主要な寄付貢献者は、警察官、農家、普通の市民であった。しかし、初めてのことであるが、下院では、議席を失わなかった。今日、ケビン・マッカ―シーと話をした。信じられないと彼は言った。議席を失わないとは尋常のことではありません。多くの新議席を獲得したのです。さらに議席が増えると思います。

 

また、今年は共和党の女性の年です。過去最多の共和党女性議員が選ばれたのです。素晴らしい成果です。私は、過去60年間でどの共和党員よりも多くの非白人票を獲得しました。ラテンアメリカ系、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、アメリカ先住民からの歴史的な得票が含まれます。共和党票が400万票増加し、共和党の歴史上で最大数となりました。

 

続く

 

 

2020年

11月

10日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

おはよう。非常に重要な2020年大統領選挙の完全性を護る私たちの取り組みについて現況を米国国民に説明します。合法的な投票を数えれば、私は間違いなく選挙に勝っています。不法な投票を含めるなら、彼らは私たちから選挙を盗もうとすることができるのです。遅く来た投票を数えればです。私たちはそのような投票に大変に強く注目しています。しかし、沢山の投票が遅く来たのです。

 

私はすでに多くの重要な州で勝利しています。州名を少しだけ挙げれば、フロリダ、アイオワ、インディアナ、オハイオがそうです。巨大なメディア、巨額の資金源、巨大なテクノロジー界から歴史に残る選挙妨害を私たちは受けたにも関わらず、このような勝利と他の多くの勝利を得たのです。

 

皆さんが知っているように、私たちは歴史に残るような数値で勝利したのです。世論調査の専門家は、知りながら悪く言ったのです。知りながらです。世論調査の結果はばかげたものでした。だれもがそのことは知ってました。起こると予言された青い波は起こらなかったのです。青い波が起こると彼らは思ったのですが、それは虚偽でした。それは抑圧のためのものでした。しかしながら、現実には大きな赤い波が起こったのでした。

 

赤い波は、現実にメディアによって正しく認識されています。メディアは大変に感心したと私は思うのですが、しかしそれは現実に起こってからなのでした。私たちには何の役にも立ちません。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (132)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この報告書の公表に関連して、2020年1月31日に、トランプ大統領は、「安全で合法の電子商取引を米国の消費者、企業、政府の物流そし知的財産権所有者にために確保」という大統領令を発行した。

 

続く

  

2020年

10月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (131)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この大統領覚書は、初めて、電子商取引オンライン市場で売られている偽造品と海賊行為品にスポットライトを当て、この拡大する問題に対処することに目を向けている。トランプ大統領の方針で、ホームランド安全保障省は、USG全域からのインプットを受け、2020年1月24日に報告書を公表し、オンライン第三者市場を分析し、そこで密売されている不法な品物を調べ、また、もっとも重要なことであるが、この問題に対応できる現実の解決策、最善の慣行、そして、潜在的な法的また行政上の変化を特定する。

 

続く

 

2020年

10月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (130)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

大統領覚書の発行に続いて、大統領顧問団レベルのホワイトハウス知的財産円卓会議が、電子商取引のプラットフォームで偽造品と海賊行為品の拡散に対処するのに権利保有者が直面する問題そして不法品とは知らずに購入する消費者への潜在的な害を議論するために、開催された。政府の役人は、オンラインの市場販売者から小売業者やディストリビューターに送られる商品に関して、一層の情報の共有化、説明責任と高度な精査の必要性を表明した。

 

続く

 

 

 

 

2020年

10月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (129)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

4月に、トランプ大統領は、とくに第三者のオンライン市場で偽造品と海賊行為品の密売と戦うことについて大統領覚書に署名した。大統領は次のように言明した。オンラインの第三者市場とその他の第三者仲介を通して輸入される品を含めて、偽造品と海賊品の危険と負の影響からアメリカの企業、知的財産権保有者、消費者、国家安全保障と経済上の安全保障そしてアメリカの公共体を護ることはトランプ政権の政策であると。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (128)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

後ほど、春に、ホワイトハウスは、 ヨーロッパの法律と慣行の最近の変化について議論するため、著作権と商標に焦点を当てた産業の両方から利害関係者を集めた。参加者は、EUのGDPRがWHOISのデータベースと悪い行為者についてオンラインで情報を得る能力に及ぼす影響についいて懸念を表した。また、議論は、EUの著作権指示とアメリカ企業への潜在的な影響に集中した。

 

続く

 

 

2020年

10月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (127)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

円卓会議の参加者には、主要なスポーツリーグ、製造、スポーツ製品企業、電子商取引、SNSプラットフォームからの代表、それに様々な政府職員が含まれた。スポーツ産業からの代表は、中国での実行の問題を取り上げ、不法なストリーミング装置の影響を強調し、また、電子商取引とソーシャルメディアでの消費者の一層の保護の必要性を強調した。スポーツリーグは、「オペレーションチームプレヤー」のようなイニシアティブでの継続した政府の協力を称えた。電子商取引とソーシャルメディア企業からの参加者は、自らのプラットフォームでの偽造と海賊行為に対処する取り組みを共有した。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (126)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

世界知的所有権機関WIPOの世界知的財産日の主題である「金メダルを目指せ、知的財産とスポーツ」に合わせて、ホワイトハウスはスポーツにおける知的財産の問題に関する知的財産円卓会議を主催した。

 

続く

 

 

2020年

10月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (125)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

政府全体に渡る調整の取り組みは、知的財産執行に上手く対処するのに必須である。ホワイトハウスは、産業の代表、関心のある利害関係者、国会議員とその他の政府職員が米国経済に悪影響を及ぼす切迫した知的財産問題を調査するように集めるいくつかの円卓会議を招集し、新しいイニシアティブを開発し、法的な優先事項を調査し、現実の世界的な解決法を見つけることを目的とした。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (124)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

これに関して、とりわけ、トランプ政権は、次の3項目の重要性を強調する。一つは、「法の支配」、二つ目は、国際的なサプライチェーンの完全性を損なう不法な活動と戦うことそして正当な商業と貿易を支援することでの連携(政府内と政府間、公共と民間セクターの間、そして、民間セクター内)を高めること、三つめは、知的財産の保護と執行において政府の有効性を強化するために「全政府」という進め方の採用を考慮する政府である。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (123)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

このような関係において、トランプ政権は、偽造品、著作権の改造行為、企業秘密の窃盗、特許侵害を減らし、また、政府の機関、権利の保有者や他の利害関係者にこのような不法行為に対処する効果的な法的手段を提供する健全な知的財産の環境を触診し実践するイニシアティブを国内と外国の行為者が実行することの重要性を強調した。

 

続く

 

 

2020年

10月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (122)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

2019年を通して、トランプ政権は、知的財産権の保護と執行を強めることを支援し、様々な利害関係者と関係をもった。そのような取り組みは、連邦の行政機関全体の省庁を含み、民間セクター、業界団体、シンクタンク、学界などの代表者と関係した。また、このような議論は、外国政府の役人、国際的な政府機関INTERPOL, Europol, and WIPO)、他国の民間セクターの団体やグループに及んだ。

 

続く

 

2020年

10月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (121)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの重要問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (120)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

 

このような関与には、エグゼクティブブランチエージェンシーによって民間と実施される訓練と納涼形成プログラムが含まれた。また、知的財産政策の重要な分野での行動への戦略を開発するため、ホットボタンの問題と政策上の優先事項へのトランプ政権の関与も含まれた。

 

続く

 

 

2020年

10月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (119)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

トランプ政権は、知的財産の政策、実施と保護の全ての範囲の問題に対処するため、小規模、中規模と大規模の企業を含めた米国産業の広範な利害関係者と緊密に取り組んでいる。知的財産問題への新しい解決策と創造的な方法を見つけるために共に取り組むことが鍵となる。

 

続く 

 

 

2020年

10月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (118)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

「米国は、マーケットアクセスの条件として、価値のある技術を移転するように米国企業に不法に迫る国に対しては立ち上がる。米国は、米国民の雇用を破壊する偽造品の製造と海賊行為と戦い、責任のある商業の基盤となる公平で相互主義の貿易のルールを守らせる・・・」 ドナルドトランプ大統領

 

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

10月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (117)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家の優先事項の公表において、中国はこの技術を開発する願望を明確にした。被告人は、台州市の中国企業 CBM-Future New Material Science and Technology Co. Ltd. (CBMF)を利するため、また、最終的には中国のため、シンタクチックフォームについての情報を得ようとした。四人の被告人は、そのうちの何名かはトレルボルグで働いていたが、企業秘密を盗む計画の罪を認め、また、二人は裁判で証人と協力し証言した。2014年から2017年に、CBMFは、被告人の米国での活動を援助するため、中国からヒューストンの被告人の会社に約3.1百万ドルを送った。

 

続く

 

 

2020年

10月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (116)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月29日に、司法省は、9日間の裁判を経て、一人の個人が企業秘密を盗む計画のため起訴されたと発表した。裁判で明らかになった証拠によると、被告人は、シンタクチックフォーム、深海での石油ガス掘削に不可欠な商用にも軍用にも使われる

 強く軽量の材料に関して、ヒューストンを基盤とするトレレボルグ・オフショアから企業秘密を盗むことを他者と共謀したことが明らかになった。

 

続く

 

2020年

10月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (115)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年7月10日に、司法省は、シカゴ郊外の機関車製造企業のソフト技術者の告訴を公開したことを発表しており、その企業から知的財産を盗み、その技術者が住んでいると考えられる中国にその知的財産を持ち込むという告訴内容であった。

 

続く

 

2020年

10月

04日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (114)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年6月14日に、司法省は、中国生まれの帰化した米国市民およびその米国市民とその妻が設立した企業が、企業秘密の窃盗で起訴され、以前の雇用主である半導体企業のアナログデバイス社から知的財産を盗むことに関連するものであった。

 

続く

 

2020年

10月

03日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (113)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年4月23日に、司法省は、前ジェネラルエレクトリックの技術者で中国人のビジネスマンの起訴の公開を発表しており、その起訴内容は、ジェネラルエレクトリックのタービン技術に関わる企業秘密を盗もうとする経済スパイであり、その盗まれた記号秘密が中国を利するために使われることを知っておりまたそれを実現しようとするものだった。容疑者は中国政府から経済的支援などを得ており、また、タービン技術を開発するため、中国国有の機関と研究の契約に入るように、中国政府の職員と連携した。

 

続く

 

 

2020年

10月

02日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (112)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年2月14日に、司法省は、BPAフリーのコーティングのための成分配合に関連する企業秘密を盗もうとする容疑で、米国企業と一人の中国国籍者を告訴したことを発表した。被害届によれば、二人の個人ともう一人の共謀者が企業秘密を盗みその一人が運営する中国企業にその情報を提供することを計画し、その企業はその盗んだ企業秘密を使って開発された製品を製造し利益を得ることになっていた。

 

続く

 

2020年

10月

01日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (111)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年1月28日 に、司法省は、アメリカのテレコム企業(T-Mobile)の企業秘密を盗もうとした容疑で、中国企業とその米国関連企業の告訴を発表した。

 

続く

  

2020年

9月

30日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (110)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年12月21日に、司法省は、中国国籍で米国永住者が企業秘密の窃盗の容疑で逮捕されたことを発表した。その被害届によれば、その個人は、「研究開発ダウンストリームエネルギー市場製品」に関して、米国所在の石油企業から企業秘密を盗んだとされている。その後、2019年11月12日に、被告は企業秘密窃盗の罪状を認めた。

 

続く

 

2020年

9月

29日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (109)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年12月20日に、司法省は、管理されたサービスプロバイダーで知的財産と企業秘密と技術情報を狙い国際的なコンピューター侵入の企てを実行した容疑での、二人の中国国籍者の起訴を公開することを発表した。

 

 

続く

 

 

2020年

9月

28日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (108)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、司法省は、盗まれた企業秘密の更なる転移を禁止し、また、盗まれた企業秘密を使って作られた告訴を受けた企業によって製造されたどんな製品も米国に輸出されることを禁止する民事訴訟を行った(中国企業が盗んだ技術から利益を得ることを防止する別の措置では、商務省は実態リストにその企業を加えており、その企業が米国で物品とサービスを買うことを防止することになる。

 

続く

 

 

2020年

9月

27日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (107)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年11月1日に、司法省は、中国の国家所有の企業、台湾企業と三人の個人の告訴を発表し、その容疑は、中国政府によって管理される企業のために、アメリカの半導体企業(マイクロンテクノロジー社)の企業秘密を盗み、伝達し所有することであった。

 

続く

 

 

 

2020年

9月

26日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (106)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年10月30日に、司法省は、二人の中国人のインテリジェンス職員とその下で働いたハッカーと企業のインサイダー協力者の起訴を発表し、商用の航空機で使用されるターボファンエンジンに関連した情報を含めて、知的財産であり企業秘密を盗む容疑がかけられた。

 

続く

 

 

2020年

9月

25日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (105)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年10月10日に、司法省は、中国の国家安全保障部の工作員が経済スパイを実行しまた米国の複数の航空と航空宇宙企業から企業秘密を盗もうと企てたことで逮捕され起訴されたことを、発表した。この工作員は、連邦の苦情を受けてベルギーで逮捕され、オハイオ州南区の連邦の大審院によって起訴され、米国に送還された。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

9月

24日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (104)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

昨年、司法省は、次の事案を含めて、企業秘密の窃盗に対していくつかの起訴を実施した。

 

続く

 

2020年

9月

23日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (103)

 

法執行活動の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

 2018年11月1日に、検事総長は、国家安全保障部門の副検事総長によって主導される中国イニシアティブの創立を発表し、それは、犯罪部門の司法次官補を含めて、FBI上級役職者、5人の米国検事と幾人かの司法省の他の指導者と高官から成り立っている。検事総長の説明のように、「このイニシアティブは、優先度の高い中国による企業秘密盗用事案を特定し、それに対して十分な対応資源を有することを課し金物西、そして、適切な結論を迅速に効果的にもたらすようにする。」

 

 

続く

 

 

2020年

9月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (102)

法執行措置の拡大と協力

 

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

特に、2019年度の間、司法省は、米国企業の企業秘密の窃盗と戦うことにその捜査と告発の取り組みを集中することを継続した。

 

続く

 

 

2020年

9月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (101)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、自分たちで創造しなかったものを盗みアメリカの競争性を損なう個人と企業を激しく捜査し告訴することを決意している。

 

続く

 

 

 

 

2020年

9月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (100)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家サイバー戦略は以下のように言明する。「また、米国政府は、重要な新しく出現する技術と企業秘密の保護を推進し、敵国がアメリカの研究開発を悪用し不公平な優位性を得ることを防ぐように取り組む。10年以上の間、悪意のある行為者が、アメリカの企業が保有している秘密の企業情報を狙い、米国の商業ネットワークへのサイバー上の侵入を実行した。他の国からの悪意のある行為者は、企業秘密、技術データと重要な秘密の内部通信情報の宝庫を盗んだ。米国政府は、投資家に友好な環境を維持しながら、外国の競合による公共と民間セクターの技術と技術的な知識の不法な流用に対して取り組む。」

 

続く

 

2020年

9月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (99)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産、とくに企業秘密のサイバー上での窃盗は、その窃盗が個々の企業に加える測ることのできないような損害に加えて、米国経済に重大な費用を課する。トランプ政権は、企業秘密と他の企業秘密情報のサーバー上での窃盗と戦うことを決意している。

 

続く

 

2020年

9月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (98)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産の保護は、このデジタル時代において米国の競争性を維持する上でとくに重大である。2018年9月20日にホワイトハウスが発行した「国家サイバー戦略」でトランプ政権が説明したように、「アメリカの発明と革新を助け保護することは、サイバー空間での米国の戦略的な優位性を維持するのに不可欠であり」、また、「知的財産の強力な保護は、デジタル時代において経済成長と革新が継続することを確実にする。米国政府は、特許、商標、著作権のような知的財産権の保護と実施を通して、革新にインセンティブをもたらす国際的な知的財産権のシステムを助成しまた助成を進めることを続ける。」

 

続く

 

 

2020年

9月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (97)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、2018年に、米国議会は合成医薬品密売オーバードーズ防止(STOP)法を検討し通過させ、トランプ大統領は2018年10月24日に法の成立に署名した。STOP法は、郵送による危険な合成医薬品の輸入を阻止することに焦点を当てているが、その法律の条項では、国際的な出荷者からの事前の電子情報の収集を要求しまた米国の郵便サービスと税関・国境警備局が国内への速達郵便サービスの処理にかかる費用の返却を行うことになり、また、税関・国境警備局が模造品の出荷を特定しそれらが米国で流通することを防止することを助けるのである。

 

続く

 

2020年

9月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (96)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

知的財産権利センターのオペレーションチームプレヤーは、模造品のスポーツ製品、衣料とチケットの販売と密売を対象にしている。オペレーションチームプレヤーの後援の下、ICE-HSIは、24.2百万ドルと見積もられるほぼ285,000個の模造品のスポーツ関連商品を押収し、また、合同捜査による取り組みによって、28件の逮捕そして21件の起訴に導かれた。一年を通して、知的財産権利センターは、経済を害し、他の犯罪活動を支える資金を提供し、また、潜在的に公衆衛生と安全に危害を及ぼす密輸を対象にして、主要なスポーツリーグとの連携の取り組みを主導した。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

9月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (95)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年の1月から7月にかけて、一連の強制捜査が行われ、ブラジルの歴史上で最大の時計の模造品を含む密輸品が押収された。その総額は12.6百万ドル、総数は約50万個の模造品の時計であり、運び出すのにトラック10台が使われた。このサオパウロ作戦は、国をまたがる犯罪組織を共に攻撃する方法のモデルとなった。

 

続く

 

2020年

9月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (94)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICHIPプログラムの衝撃的な効果の一例として、サンパウロに立地するICHIPによる長期的な援助によって、サンパウロの役人、米国の権利所有者とブラジル警察という複数の利害関係者が Operação Comércio Legal (Operation Legal Commerce)を実施するようになった。

 

続く

 

2020年

9月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (93)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ワシントンに配置された二つのICHIPに加えて、

  (1) Hong Kong, China SAR;(2) São Paulo, Brazil; (3) Bucharest, Romania; (4) Bangkok, Thailand; (5) Abuja, Nigeria; (6) Kuala Lumpur, Malaysia; (7) The Hague, Netherlands; (8) Zagreb, Croatia; (9) Addis Ababa, Ethiopia; and (10) Panama City, Panama

に、ICHIPが配置される。

 

続く

  

2020年

9月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (92)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

このような訓練は、商標の偽造と著作権での海賊行為の複数の海外での起訴をもたらした。ブッシュ政権の下で2006年にタイの一軒の事務所で設立されたプログラムは、トランプ政権の下で新しいGLENの設立によって拡大された。このネットワークの配備が完了すると、12のICHIP(その一つは司法省によって資金が供給される)が設立され、地域の内外で、国をまたがる組織犯罪を支える脅威を含めて、知的財産への脅威を低減するために連携して作業をしている。

 

続く

 

 

2020年

9月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (91)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICHIPの国際的な法執行ネットワーク(以前には、IPLECプログラムとして知られている)は、国務省によって資金が供給され司法省によって運営されており、海外の米国職員の効果を当地の検察官、判事と警察官を訓練することによって向上させている。

 

続く

 

2020年

9月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (90)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、他の捜査機関と連携し、知的財産に関連する情報格差に対応するため、国際組織犯罪インテリジェンス・オペレーションセンターにデータを提供するよう、当センターと協力している。当センターは、国際組織犯罪グループが知的財産での違反に関わる捜査に、活動上の、インテリジェンスのそして財政的な支援を提供してきた。

 

 

続く

 

2020年

9月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (89)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

ICE-HSIアタッシェは、ホスト国の交渉相手と強力な協同の関係を確立している。このような関係は、国内での、国際的なまた多国間の活動をICEが成功させる能力を高める。ICE-HSIアタッシェは、50ケ国を越える国々に配置されている。

 

 

続く

 

2020年

9月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (88)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省、商務省、国務省、国土安全保障省を含めて、行政機関は、知的財産の法律の効果的な執行について、外国の高官に訓練を提供してきた。知的財産に関わる訓練は、知的財産違反への責任を有する様々な法執行機関の間の協力を向上させるように、知的財産の犯罪と戦うための経済上と組織的な犯罪への法令を含めて、様々な種類の容疑を使うように、また、偽造品と海賊行為を縮小することの重要性の認知度を法執行高官と司法の間で高めるように、設計されている。

 

続く 

 

 

2020年

9月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (87)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国際的な知的財産の犯罪は、偽造品の製造と国際的な配布から著作権のついた製品の不法な配布からの利益を摘み取るように考えられたはびこるオンラインビジネスまで、法執行の先を進むようにしながら成長し変化を続けている。米国は、他国が効果的に知的財産の法律を執行しまた偽造品と海賊行為の製品の密輸を減らせるように、訓練と技術援助プログラムを開発するよう活発に取り組んでいる。

 

続く

 

 

2020年

9月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (86)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

健康と安全が関わるイニシアティブは、偽造の医薬品、不法に処方された医薬品、自動車の部品、軍需品を含めて、消費者に危険を及ぼす偽造品の拡散に対処するため、民間と州と連邦の法執行のリソースを束ねる。司法省の検察官とFBIは、商売ベースで国が後ろ盾をする企業秘密の窃盗の捜査と告発を引き続いて強調してきた。その結果、無数の企業秘密の窃盗と経済スパイの事件が捜査されまた告発された。司法省は、重大で大規模な海賊行為と偽造品の活動を引き続いて追求して来た。

 

続く

 

 

2020年

9月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (85)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、(1)健康と安全、(2)企業秘密の窃盗あるいは経済スパイ行為、そして(3)大規模な模造品の販売とオンライン海賊行為を含む知的財産捜査と告発を引き続いて優先している。また、インターネットの使用によって実行されたり助長されたりするあるいは組織的犯罪ネットワークによって実行される知的財産の犯罪への焦点を強めた。

 

続く

 

 

2020年

9月

04日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (84)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、知的財産権センターは36,527件の捜査上の手がかりを詳しく調査した。その中の20,911件が法施行の相手国に紹介した。さらに、知的財産権センターは、相手国の機関と産業界のために、10,426件の捜査対象を捜査から外した。その過程で、知的財産権センターは、2つあるいはそれ以上の組織が同じ捜査対象を捜査していた55件を特定した。最後に、知的財産権センターは、民間産業に330件の捜査の手がかりをフォローアップのために紹介した。

 

続く

 

2020年

9月

03日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (83)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度の終わりに、FBIは195件の進行中の知的財産権に関する捜査を保有した。最大数の捜査は、企業秘密の窃盗(64)、著作権侵害(46)、商標侵害(55)であった。2019年度の間、FBIは、47件の新たな捜査を開始し、23人を逮捕し、3件の有罪を獲得し、総額192,058ドルの没収と総額529ドルの返還を行った。

 

2019年度に、ICE-HSIは、501件の知的財産に関わる捜査を開始し、256件の逮捕、197件の告訴、157件の有罪、そして、287,951,429ドルの2,244件の押収を行った。

 

続く

 

 

2020年

9月

02日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (82)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省の司法補助局は、州と地方の法執行のための訓練プログラムを支援してきており、これまでに総計で、1,301機関からの2,609人の出席者への110の訓練、185機関からの538人の出席者への16のセミナー、そして、130機関からの568人の出席者への39の技術援助が支援された。

 

また、米国政府の検察と法執行のリソースが効果的にまた効率的に使われ、重複しないことを確実にするため、知的財産権センターは、FBI, ICE-HSI,  CBP, FDA, その他の機関のための捜査のクリアリングハウスとしての任務を担っている。

 

続く 

 

2020年

9月

01日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (81)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2018年7月1日から2019年6月30日まで、地方の法執行の補助金受領者は、

  • 知的財産の法律の違反で305名を逮捕した。
  • 州と地方の138の知的財産捜索令状を執行した。
  • 407の海賊・偽造組織を壊滅あるいは解体した。

続く

 

 

 

2020年

8月

31日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (80)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、州と地方の法執行の任務部隊と地方の訓練と技術援助を支援するため、補助金を付与した。知的財産執行プログラムは、検察、防止、訓練と技術援助を含めて、犯罪への知的財産執行に対処するため、国家支援を提供しまた州と地方の犯罪司法システムの能力を改善するように設計されている。そのプログラムの下で、補助金の受領者は、検察、複数の司法の任務部隊とFBIと米国弁護士会を含めた適当な連邦の機関を含めて、州と地方の法執行の間の効果的な連携と調整を確立し維持する。

 

 

続く

 

2020年

8月

30日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (79)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、米国税関・国境警備局は知的財産権に関して27,599件の押収を実施した。押収品が仮に正規のブランド品であったとすると、押収品の小売価格は総額で150億ドル以上に増加した。

 

 

続く

 

 

2020年

8月

29日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (78)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

電子商取引の成長は、小型パッケージの累進的な増加を招いて来ており、その相当の部分が偽造品であるかあるいは不法なものである。この膨大な問題に対して、米国の税関は、国際郵便施設とその他の入国の場で不法な商品と偽造品を監視し、照準を当てまた押収する最前線にいる。

 

続く

 

 

2020年

8月

28日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (77)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

2019年度に、知的財産権センターは、183のアウトリーチと訓練のイベントで7,253人の人々に接触した。このような取り組みに加えて、知的財産での執行を支援するDHS法執行機関は、2019年に利害関係者と無数の別の係わりを持った。たとえば、プロジェクトトレードウォッチは、民間産業によるインフォームド順守を促進するためのまた貿易コミュニテイー内で法執行の取り組みへの民間の認知度を高めるための輸入コミュニテイーへの、ICE-HSIとCBPのアウトリーチキャンペーンである。知的財産権センターは、訓練と関わりのために、産業界とその他の政府機関と連携する。たとえば、オペレーションエンジンNEWITYの支援として、ICE-HSIと自動車反偽造品協議会は、偽造品とどのようにして特定するかについてICE-HSIとCBPの営業所の職員が営業員を訓練できるように、共に取り組んだ。

 

 

続く

 

 

2020年

8月

27日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (76)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

米国政府は、知的財産犯罪を捜査する連邦、州と地方の検察官と機関のための幾つかの訓練プログラムに従事した。このような訓練コースは、一連の知的財産執行問題に対応し、また、検察官と捜査官の間の連携と連邦、州、地方の法執行機関の間の連携を増やすように図られている。

 

続く

 

 

2020年

8月

26日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (75)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

さらに、知的財産権センターは、引き続いて産業界を開かれた継続的な対話に関わらせている。それによって、知的財産権センターは、知的財産犯罪と効果的に戦うために、法執行の取り組みと民間産業との連携の両方に訴える。知的財産権センターは、偽造品の侵入と戦うため、無数のイニシアティブと禁止の取り組みを展開した。このような取り組みは、米国国防総省と米国政府のサプライチェーンに入り込み消費者の健康と安全にリスクをもたらす偽造品と米国経済の保護に焦点を当てている。

 

 続く

 

 

2020年

8月

25日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (74)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

また、国家知的財産権調整センターは、貿易相手国と協調的な執行の取り組みを推進するため、また、他の国々での実体法や漆黒の態勢を改善するために、攻撃的な国際的なプログラムを実施する。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

24日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (73)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

国家知的財産権調整センターは、国家安全保障省によって導かれる合同の執行での連携であり、政府の機関が共に情報を共有し、リソースを強化し、そして、知的財産について捜査官、検察官と一般人を訓練するように取り組む。

 

続く

 

 

 

 

2020年

8月

23日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (72)

法執行措置の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省の民事部門は、米国の知的財産が侵害されたときに、確実な案件を俎上に挙げる。民事部門は、偽造品を含む不注意な輸入や詐欺行為の輸入から発生する様々な罰金や関税を徴収する民事行為を開始する。また、国際貿易裁判所において、国際貿易委員会の第337条の排除命令を米国税関・国境保護部が執行することを防御する(これらの命令は主要な特許執行措置である)。また、偽造の薬品・医療機器の違反を起訴することを含めて、食品・薬品・化粧品法の下で、民事と刑事の訴訟を行う。さらには、国内全域で、偽造の医薬品と医療機器の事案において、米国検事補を援助する。

 

続く

 

2020年

8月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (71)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

司法省は、著作権侵害、商標偽造、企業秘密の窃盗を含めて、広範囲の知的財産犯罪を捜査し起訴する。司法省内での主たる捜査と起訴の責任は、FBI、米国弁護士会、犯罪部門のコンピューター犯罪知的財産課、国家安全保障部門の対インテリジェンス輸出管理課、そして、食料医薬品化粧品法での犯罪に関しては、民事局の消費者保護局に依存している。また、司法省は、コンピューターハッキング知的財産プログラムを策定する270の特別に訓練された連邦検察官のネットワークを有している。

 

続く

  

 

2020年

8月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (70)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

米国の法執行機関は、知的財産の窃盗を行う犯罪行為の企業に対して、強力な措置をとっており、また、国際的なそして国内での法執行の取り組みを向上させている。トランプ政権の知的財産に関わる法執行の取り組みは、司法省、国土安全保障省、保健福祉省の食品医薬品局、その他の行政機関の法執行機関が共に、アメリカの革新と知的財産を保護している。

 

続く

 

2020年

8月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (69)

法執行行為の拡大と協力

EXPANDED LAW ENFORCEMENT ACTION AND COOPERATION

 

「外国による知的財産の窃盗は、毎年、数百万人の雇用と数千億ドルの損害を米国にもたらしている。余りに長い間、この規模の富が米国から垂れ流されてきた・・・ワシントンはこれ以上目を逸らさない。」 トランプ大統領

 

 

続く

 

2020年

8月

19日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (68)

 

2018年に、米国議会は2018年の外国人投資リスク調査近代化法を通過させ、大統領が2018年8月13日に署名した。大統領が説明した様に、「この新しい権限は、米国の安全保障に不可欠の最先端のアメリカの技術と知的財産を保護する米国の能力を向上させる。この新しい立法が、重大な技術と知的財産をもったアメリカ企業の外国人による所有を調査することについて、米国での外国人投資委員会に一層大きいな権限をもたらすことは、喜ばしい。」

 

続く

 

2020年

8月

18日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (67)

 

米国外国投資委員会の調査は、国家安全保障上の問題を起こすかも知れない取引の当事者が米国外国投資委員会に自発的な通知を行うときに自発的に開始され、また、米国外国投資委員会が一方的に調査を開始するときには強制的に調査が開始される。もし、別の法律に拠ってあるいは米国外国投資委員会が号したかもたらした緩和手段によって適切に解決できない安全保障上のリスクを引き起こすと、米国外国投資委員会が決めた場合には、米国外国投資委員会はその取引を大統領にとりあげてもよい。大統領は、その取引を中止あるいは禁止してもよい。2018年に、トランプ大統領は、アジアの競合企業であるブロードコムによる米国チップメーカーのクアルコムの獲得を阻止した。財務長官の説明のように、トランプ大統領は、その取引は米国の国家安全保障のリスクになると評価した。

 

続く

 

 

2020年

8月

17日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (66)

 

2017年12月に発行された国家安全保障戦略によると、この政権は、現在と将来の国家安全保障へのリスクに対応できるように、米国外国投資委員会を強化するために、議会と共に働く。米国外国投資委員会は、米国の国家安全保障への影響を定めるため、取引を調査する権限を持った省庁間の委員会である。

 

続く

 

2020年

8月

16日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (65)

 

また、このようなWTOの協定は、 法の支配に基づいた自由で公平で開放された国際的な貿易システムに積極的に貢献する米国の基準の高い二国間と地域間の協定へ基盤を提供する。知的財産権に関しては、WTOは、米国が主要な知的財産問題について貿易相手国と関与する場を提供し、それには、TRIPS委員会の会員候補のための加入交渉を含めて、また、知的財産権問題をWTOの論争解決組織に挙げることに拠ることが含まれる。2018年3月23日に、米国は、中国の差別的な技術ライセンスへの要求に関して、中国への論争解決手続きを開始した。米国は、協議を要求する中で、米国企業とイノベーターの知的財産権を害する中国によるWTO規則の違反を特定した。2018年10月18日に、米国は、協議が問題を解決しなかったあとで、米国の不服を調査するためにWTOがパネルを設立することを依頼した。WTOは、2019年1月16日に論争解決パネルを設立した。

 

続く

 

2020年

8月

15日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (64)

 

世界貿易機関は、米国がWTO会員であることから十分な恩恵を受けるよう、様々なWTOの協定の下で、米国の権利を執行するためのフォーラムを開催する。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

14日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (63)

 

国際貿易委員会ITCは、排除命令と停止命令の形で、救済めいれいを発行する権限を与えられている。米国大統領から委譲された権限に基づいて、米国通商代表は、政治的理由からこのような排除命令を承認しなくてもよい。国際貿易委員会ITCは、337条と委員会の手続き規約に沿って、相当数の特許論争を扱う。

 

 

続く

 

2020年

8月

13日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (62)

 

国際貿易委員会ITCは、貿易の事案で広範な捜査責任を有する準司法的機関である。1930年の関税法337条に拠って、米国特許や米国の商標に違反する商品を含めて、商品の輸入において、不公平な行為や不公平な競争の方法に対して、救済を提供する。337条の申立人は、337条に違反すると認められた違反商品の米国への輸入を阻止する命令を求めることが出来る。

 

続く

 

2020年

8月

12日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (61)

 

年次特別301報告書は、世界の米国の貿易相手国の知的財産保護と執行の状況の報告を提供する。この報告書は、外国を対象にし、米国の投資家、創造家、ブランド、生産者、サービスプロバイダーに適正で効果的な知的財産保護を提供しない法律、政策と慣行をあぶりだす。アウトオブサイクル悪名マーケット報告は、重大な海賊行為と偽造品取引に従事し、助長し、目をそらし、恩恵を受ける外国のオンラインと通常のマーケットについて、顕著な例に光を当てる。そのリスト海賊品と模造品が入手できる電子商取引サイトと通常のマーケットの幾つかが含まれる。

 

続く

 

2020年

8月

11日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (60)

 

また、米国通商代表は、米国執行府行政官庁と緊密に取り組み、知的財産権を適正に保護しない米国の貿易相手国を特定する年次特別301報告書を準備し、また、重大な海賊行為と模造品取引に従事しまた助長する米国外の名をはせるオンラインと通常のマーケットに光を当てる年次の悪名マーケットリストを編纂する。

 

続く

 

2020年

8月

10日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (59)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

米国通商代表は、知的財産案件において、米国知的財産執行調整官事務局と米国政府の省庁と綿密に関わっている。米国通商代表は、引き続き、貿易協定の交渉を主導する:一般特恵関税制度とアフリカ成長と機会法のような米国貿易特恵プログラムの下でレビューする。世界貿易機関での貿易政策のレビューを行い、また、外国マーケットにおける知的財産執行での欠陥を強調し、また、悪名高い電子商取引と模造品と海賊品の密売に光を当てる。

 

続く。

 

 

2020年

8月

09日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (58)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

トランプ政権は、自由で公平で相互主義的な関係を推進することを決意している。「米国は、自由で相互主義的な貿易を約束する国々と二国間の貿易と投資の協定を結ぶことを追求し、また、現行の協定がそのような原則に沿うように、現行の協定を改定する。協定は、知的財産、デジタル貿易、農業、労働と環境において高い基準を満たさなければならない。

 

続く

 

2020年

8月

08日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (57)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

2020年1月15日に、米国と中国は、知的財産、技術移転、農業、金融サービス、通貨と外貨交換の分野で中国の経済と貿易の体制に構造改革などの変革を要求するフェーズ1貿易協定に署名した。中国との交渉での進展を考慮しそしてトランプ大統領の指示の下で、米国通商代表は、2019年12月15日に予定されていた1600億ドルの中国製品への15%の追加関税の実施を無期限に中止することを決定した。 さらに、米国は、2019年9月1日に1200億ドルの中国製品に課せられた関税を15%から7.5%に削減することになる。

 

続く

 

 

 

2020年

8月

07日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (56)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

米国通商代表は、中国の不公正な貿易慣行に対応して、以下の関税措置をとる必要性について説明した。

 

「米国の知的財産の中国による窃盗、米国の技術の移転の強制そして米国のコンピューターネットワークへの中国のサイバー攻撃による前例のない脅威に対して技術と革新における米国の先導性護るために、強力な防御措置を取らなければならない。中国政府は、不公正な貿易慣行と”メイドインチャイナ202”のような産業上の政策を通して、米国のハイテク産業と米国の経済上の主導性を阻害するために、果敢に取り組んでいる。技術と革新はアメリカの最大の経済的な財産であり、トランプ大統領は、米国が繁栄する将来を望むならば、米国は今、法へいな貿易を支持し米国の競争性を護る立場に立たなければならない。」

 

続く

 

 

2020年

8月

06日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (55)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

2019年5月に、米国通商代表は、コメントを依頼し、約3000億ドルの年間貿易額の追加の中国製品に25%までの従価税を加える関税の変更の提案について公聴会を開催した。2019年8月に、米億通商代表は、トランプ大統領の指示を受け、追加の10%の従価税を課することによって、調査での行動を修正することを決定し、それは、中国の年間の総貿易額の約3000億ドルの製品について、引き続いて15%にまで増加された。また、米国通商代表は、以前の3回の関税措置の対象となっている年間の貿易額約2500億ドルの中国製品に対して追加の従価税率を25%から30%に増加するという修正の提案に関して公のコメントを受領した。

 

 

続く 

 

2020年

8月

05日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (54)

 

米国の貿易での手段を含めて、米国のすべての法的権限の効果的な利用 EFFECTIVE USE OF ALL OUR LEGAL AUTHORITIES, INCLUDING OUR TRADE TOOLS

 

まず、米国は、中国からの輸入の内 340億ドルに25%の関税を課した。その第二弾は、中国製品の内の160億ドルへの関税であった。貿易上の行動、政策と慣行を止めることを中国が拒否したことに対応して、2018年9月24日に、さらに中国製品の2000億ドルの輸入に当初は10%の関税が乗せられた。その関税は、2019年1月1日に25%まで増加することが当初の計画であった。トランプ大統領の指示で、米国通商代表は、中国との議論の進展に対応して、この第三の追加関税を延期した。しかし、以前の交渉の中で合意していた特別の約束を取りやめた後で、2019年5月20日に、関税を25%のレベルに増加させた。

 

続く

 

 

In May 2019, USTR requested comment and, in June 2019, held a public hearing on a proposed tariff modification to add an ad valorem duty  従価税 of up to 25 percent on additional products of China with an annual trade value of approximately $300 billion. In August 2019, the Trade Representative, at the direction of the President, determined to modify the action being taken in the investigation by imposing an additional 10 percent ad valorem duty, which was subsequently increased to 15 percent, on products of China with an annual aggregate trade value of approximately $300 billion. The Trade Representative also received public comments regarding a proposed modification to increase the rate of additional duty from 25 percent ad valorem to 30 percent ad valorem on goods of China covered by the three prior tariff actions, with an approximate annual trade value of $250 billion.32

 

USTR explained the need to take these tariff actions, in response to China’s unfair trade practices:

 

“We must take strong defensive actions to protect America’s leadership in technology and innovation against the unprecedented threat posed by China’s theft of our intellectual property, the forced transfer of American technology, and its cyber-attacks on our computer networks. China’s government is aggressively working to undermine America’s high-tech industries and our economic leadership through unfair trade practices and industrial policies like ‘Made in China 2025.’ Technology and innovation are America’s greatest economic assets and President Trump rightfully recognizes that if we want our country to have a prosperous future, we must take a stand now to uphold fair trade and protect American competitiveness.”33

2020年

11月

30日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(最終21回)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

問題は多分間もなく解決されるでしょう。早い解決を望みます。しかしながら、解決には法的な手続きが恐らく必要です。私は特定の幾つかの州での勝利を主張し、バイデンは多くの州での勝利を主張しているところです。しかし、私は裁判官が裁かなければならないと感じています。沢山のいたずらのようなことが起こりましたが、それには賛成できません。

 

ありがとう

 

完了

午後7:04 東部標準時

 

 

 

 

 

2020年

11月

29日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(20)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

今回は大規模版であり、毎日悪化しています。恐怖の物語を聞いているのです。全くの恐怖の物語です。このようなことをアメリカで起こしてはなりません。誰が勝つか、共和党、民主党、バイデン、私の誰が勝つかは問題ではありません。我が国でこのようなことが起こってはならないのです。このようなことが起こることは恥ずべきなのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

28日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(19)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

それで、私は皆さん全員の方々と幾月かの間、このことについて話してきました。郵便投票は災害だと大変に強く言ってきたのです。小さな選挙で災害でした。大変に扱いやす小さな選挙で災害でした。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

27日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(18)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

そのような正直なやり方のお陰でこの国は勝つのです。米国が勝つのです。証拠が沢山あるため、多くの訴訟が起こるでしょう。最後には連邦の最高裁となるでしょう。やってみます。沢山の訴訟が起こるのは、今回のように選挙を盗まれることはできないためです。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

26日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(17)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

選挙日が設定されており、法律はその点について大変に厳しくなっています。選挙日があり、その後の投票はあってはならず、また、そのプロセスは正直なものでなければなりません。そのことは大変に重要なことです。正直な選挙が求められます。正直な集計が求められます。また、大変に重要な仕事であるため裏方は正直な人々であることが求められます。

 

続く

 

 

2020年

11月

25日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(16)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

バイデンと民主党員全員に対して、彼らは合法の投票だけを必要とすることをはっきりさせるために、問題を突きつけました。彼らは投票と言いうのですが、「合法」という言葉を、「合法な投票」という言葉を使うべきです。「合法な投票は全数が集計されなければなりません。」私はそのように強く望みます。開放性と透明性がなければならないのです。秘密の集計室、不可思議な投票、投票日の後に投票される違法な投票はどれも要りません。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

24日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(15)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

複数のスイング州では、集計は投票日の夜に数時間また数時間と休止されたのです。民主党が運営する主要な場所において結果が差し控えられたのです。結果は出てきました。しかし、バイデンという同じ名前ばかりでした。ほとんどすべてがそうだったと思います。すべてバイデンという名前でした。少し不思議です。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

23日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(14)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

デトロイトでは、投票の多くを集計に配達する際に説明されない数時間の遅れがありました。投票は8時に閉じられたにも関わらず、最終の投票は午前4時まで到着しませんでした。持ち込まれましたが、誰もどこから来たのか知らないのでした。また、私たちはジョージアの重要な場所で観察する行為を拒否されたのです。

 

続く

 

 

2020年

11月

22日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(13)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

再び、デトロイトの投票集計の主要な場所では、窓が大きな段ボール紙で覆われました。集計場所を護ろうとしまた人を寄せ付けたくなかったのです。集計を誰にも見られたくなかったのです。そこにいるべき法的な観察者であってもです。

 

続く

 

 

2020年

11月

21日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(12)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ミシガンでは世論調査員たちが投票用紙を複製していました。私たちの観察者がその行動を問題にしようとしたとき、それらの世論調査員たちはボランティアの先頭に飛び出てきて、何をしているのか見えないように視野を塞いだのです。そして少し危険あn状態になりました。

 

続く

 

 

 

 

2020年

11月

20日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(11)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

消印がありません。個人の特定ができません。国の全域で、いくつかの衝撃的な異常行為がありました。私たちの陣営は、デトロイトで集計の観察行動をどの集計においても拒否されたのです。デトロイトは問題のもう一つの場所です。デトロイトは選挙の完璧性で最高の評判をとるとは言えません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

19日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(10)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は、全員が腐敗した民主党の装備の一環であり、腐敗した民主党の装備について、長い間、あなた方は書いてきました。私は、その学校に通い、よく知っています。変わってはいません。大分前のことですが、変わっていません。悪くなっています。

 

ペンシルベニアでは、盲従する民主党員は、州内での投票が選挙の3日後に受け取られることを許しました。それだけではありません。消印がなくともまた個人を特定できなくても何であろうが、集計に入れているのです。消印がないのです。個人の特定がされないのです。国の全域で、いくつかの不正な不規則なことが起こっています。私たちのキャンペーンは、デトロイトで、集計の監視は全て拒否されたのです。デトロイトは、もう一つの例です。

 

続く

 

2020年

11月

18日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(9)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党の職員はこの選挙で勝利できるとは全く信じていません。そのはずです。そのために、郵便投票を行ったのです。郵便投票には甚大な堕落と欺瞞が横行します。いかなる確認手段を無しで、数千万の求めらない投票用紙を郵送したのです。このようなことになると皆さんに私は話していたのです。今回の重大な選挙で、多くの場合に全く求められることなく、数千万の投票用紙を送るということを決める前に、私は沢山の選挙を観ました。

 

このようなことは、米国史上で前例がありません。これは意図によるものです。選挙の保障について気を配るようにとの長年の要求に関わらず、署名や個人を確認する要求を認めることあるいは投票の権利があるかどうか決める要求を取り入れることを拒否している。人々は何も考えずに投票所に入り、番号を受け取る。沢山の情報が入ってきており、あなたさえも震え上がる訴訟が起こります。

 

続く

 

 

ペンシルベニア州とその他の主要な州で集計を監督している職員は

 

 

2020年

11月

17日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(8)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

ペンシルベニア州では、民主党は、私たちの観察者を禁止しようとするため、州の最高裁に訴えたのです。大変強力にです。私たちはその裁判に勝訴しましたが、彼らは前に進んでいます。彼らは誰も中に入れたくないのです。彼らが投票を集計する間に見られたくないのです。なぜそうなのか想像できません。集計のプロセスを見られたくないという合法の理由は全くありません。そうではなくて、彼らは明らかに詐欺を犯そうとしているのです。それに疑いはありません。

 

フィラデルフィアでは、人々は大変に遠ざけられました。あまりに遠くて双眼鏡を使って見ようとしたほどです。そして途方もない問題を引き起こしました。彼らは、見られないように、全ての窓に紙を貼り付け、中を見ることが出来なくなった人々は大変に不満となり、幾分暴力的になりました。

 

第11回の巡回裁判所は、ジョージア州において、投票は投票日までにと定めたのですが、そうではありませんでした。投票が選挙日よりも後に入って来たのです。投票は選挙日までに入らなければならないという判決がすでにあったのです。私の知る限り、票は選挙日までに入らなければならないのですが、そうはしなかったのです。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

16日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(7)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

私たちの目標は、選挙の完全性を護ることです。 このような重要な選挙あるいはどんな選挙でも盗まれることは許せないのです。また、沈黙を許すことはできません。私たちの投票人を沈黙させまた結果を作り上げる人はだれも許せないのです。

 

私は、沢山の公共のことがらを長い間してきました。電話をする、話す、ものを私たちに送るなどの、人々によるインスピレーションに出会ったことはありません。今回のような愛情、愛着、精神に出会ったことはありません。人々は何が起こっているか知っており、自分の眼で見ているのです。

 

間もなく報告される多くの事例があります。尋常でない訴訟が行われています。選挙を盗み、選挙を作り上げようとしているのですが、それは許せません。米国のどの都市よりも腐敗した政治的な二つの場所であるとして知られているデトロイトとフィラデルフィアは、非常に重要な大統領選挙であるこの選挙の結果を作り上げる責任をもっているはずがありません。

 

続く

 

 

 

2020年

11月

15日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(6)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

同じようなことがジョージア州で起こっています。彼らは提訴を進めています。現実にそうなのです。私たちは、人々を監視したい、観察者が欲しいという訴訟に勝利しました。彼らは現実に提訴を進めており、何らか興味を引きます。彼らはなぜ提訴したいのか分かりません。私たちは、彼らが投票の集計をする間監視したいということが全てです。

 

同じようにジョージア州で、投票日の夜に30万票に近い得票で私は大きく勝利しました。ところが、それは維持されず、大きな

勝利から少し敗北するという得票にすら近づいています。

 

ジョージアでは、遠方でパイプが破裂しました。彼らは4時間集計を停止し、色々なことが起こりました。ジョージア州の投票装置は民主党員によって運営されています。

 

また、ミシガン州では30万票のマージンがありました。大きく引き離し、ミシガン州で勝利しました。ウィスコンシン州では、同じように熱狂するほど良好でしたが、劣勢となりました。どの場合にも、劣勢となりました。

 

本日、アリゾナ州で勝利に向かっています。ただ残る票の55%を得ることができればよいのです。55%のマージンです。このマージンは大幅に越えています。どのような結果になるかですが、アリゾナ州では大丈夫のようです。

 

続く

 

2020年

11月

14日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(5)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

システムは腐敗しています。人々が本来腐敗していなくても、人々を腐敗させるのです。余りに容易く腐敗されます。彼らは何票が必要か知りたいのです。そしてその数の表を見つけることが出来るようです。待って待って、遂に見つけるのです。

 

選挙日当日の夜がそうでした。私たちはノースカロライナ州で得票数を大きくリードしてました。甚大な数の得票でした。今でも大きくリードはしていますが、彼らが突然に票を見つけて来るためそれほど多くはありません。「そうだ、郵送の票があるんだ。」

 

この郵送された票がどのようにしてこのように一方的なのかも、不思議です。そのことは民主党の利益となるということと、私は知っています。しかしながら、どの場合にも、大変に一方的なのです。

 

私たちはペンシルベニア州でほぼ 70万票リードしてました。私はペンシルベニア州で大幅に勝利したのです。そうして、それは落ちていったのです。今は、9万票のリードと言っていると思います。彼らは票が引き続いて入ってきます。彼らは票をあらゆるところで見つけるのです。私たちは裁判で勝ったにも関わらず、彼らは私たちが観察者を送ることを欲しません。裁判官は言ったのです、「私たちは観察者を持たなければならない」と。

 

続く

 

 

 

 

 

2020年

11月

13日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(4)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

この大統領選挙であと僅かな州が決まらずに残っています。そのような州の投票の装備はどの州共に民主党によって運営されています。

 

私たちは、実際に、全ての重要な州で大きく勝っていましたが、奇妙なことに、私たちの数値が密かに削ぎ取られ始め、また、彼らは法的に許される観察者を認めようとしないのです。二つの場合に提訴をして、観察者が許されました。観察者が到着したのですが、建物の中の人々を観察するのに、60、70フィート、あるいは80フィート、あるいは100フィート離れるかあるいは

建物の外にいるように要求されたのです。

 

一件の裁判は勝利しました。大変重要な裁判です。他にも提訴を仕掛けています。多くの提訴です。私たちの提訴以外にも、全般的には、(投票・集計の)プロセスがどんなにか不公平であるため、膨大な数の訴訟が起こっています。それは私が予言しました。私は郵便投票についてずっと以前から話しています。郵便投票は、実際に米国のシステムを破壊したのです。

 

続く

 

2020年

11月

12日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(3)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

民主党は巨大な寄付者、巨大なメディア、巨大なテクノロジー界の党のようです。共和党はアメリカ労働者の党となったのです。また、共和党は多様性を受け入れる党であると、私は信じます。

 

今や誰もが気が付いているように、メディアの世論調査は、まさに言葉通り、強力な特別利益追求による選挙妨害です。偽の世論調査と呼ばなければなりません。このまさしく偽の世論調査は、共和党の投票者を家から出ないようにし、バイデン氏に勢いがあるという錯覚をつくり、また、共和党の資金獲得の能力を弱めるように仕組まれたのです。「抑制(共和党側の)」を狙う世論調査と呼べるものでした。今では誰もが知っています。「抑制」の世論調査が今回ほどまで使われたことはこれまでなかったのです。

 

少しだけ例を挙げましょう。クイニピアックは、私の知る限りいつも間違っており、選挙の前日に、フロリダでジョー・バイデンが5ポイント優勢と伝えましたが、8.4ポイント間違いました。私がフロリダで容易く勝利したのです。容易くです。クイニピアックは私がフロリダで大きく負けると伝えたのですが、私はフロリダで大勝しました。他の州でも全く同じでした。オハイオ州でバイデンが4ポイント優勢と伝えましたが、12.2ポイントの間違いでした。また、私はオハイオ州で勝利したのです。偉大なオハイオ州で。大変に容易くです。

 

ワシントンポストはウィスコンシン州でバイデンが17ポイント優勢と伝えましたが、基本的には同等でした。17ポイント間違ったのです。そのことは知っていたのです。愚かな人たちではありません。知っていたのです。抑制(共和党側の)が目的です。

 

続く

 

 

 

 

 

 

2020年

11月

11日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表(2)

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

上院は維持した。改選議席が民主党よりも2倍多かったにも関わらずである。まさに、ずっと接戦の州で、素晴らしい結果であった。誇らしい限りである。改選議席が民主党よりも多かった。

 

民主党は、サウスカロライナとケンタッキーのたった二州だけで、上院の選挙にほぼ2億ドルを費やした。まさに私たちと戦うために数億ドルである。国のレベルでは、私たちの対抗勢力の主要な寄付貢献者はウォールストリートの銀行家と特別の利益関係者であった。私たちの主要な寄付貢献者は、警察官、農家、普通の市民であった。しかし、初めてのことであるが、下院では、議席を失わなかった。今日、ケビン・マッカ―シーと話をした。信じられないと彼は言った。議席を失わないとは尋常のことではありません。多くの新議席を獲得したのです。さらに議席が増えると思います。

 

また、今年は共和党の女性の年です。過去最多の共和党女性議員が選ばれたのです。素晴らしい成果です。私は、過去60年間でどの共和党員よりも多くの非白人票を獲得しました。ラテンアメリカ系、アフリカ系アメリカ人、アジア系アメリカ人、アメリカ先住民からの歴史的な得票が含まれます。共和党票が400万票増加し、共和党の歴史上で最大数となりました。

 

続く

 

 

2020年

11月

10日

トランプ大統領による大統領選挙に関する発表

米国政府のホワイトハウスのウェブサイトから、トランプ大統領の大統領選挙に関する11月5日付けの記事を順次和訳し以下に紹介します。

 

James S. Brady 報道発表室

 

東部標準時 午後6時48分

 

おはよう。非常に重要な2020年大統領選挙の完全性を護る私たちの取り組みについて現況を米国国民に説明します。合法的な投票を数えれば、私は間違いなく選挙に勝っています。不法な投票を含めるなら、彼らは私たちから選挙を盗もうとすることができるのです。遅く来た投票を数えればです。私たちはそのような投票に大変に強く注目しています。しかし、沢山の投票が遅く来たのです。

 

私はすでに多くの重要な州で勝利しています。州名を少しだけ挙げれば、フロリダ、アイオワ、インディアナ、オハイオがそうです。巨大なメディア、巨額の資金源、巨大なテクノロジー界から歴史に残る選挙妨害を私たちは受けたにも関わらず、このような勝利と他の多くの勝利を得たのです。

 

皆さんが知っているように、私たちは歴史に残るような数値で勝利したのです。世論調査の専門家は、知りながら悪く言ったのです。知りながらです。世論調査の結果はばかげたものでした。だれもがそのことは知ってました。起こると予言された青い波は起こらなかったのです。青い波が起こると彼らは思ったのですが、それは虚偽でした。それは抑圧のためのものでした。しかしながら、現実には大きな赤い波が起こったのでした。

 

赤い波は、現実にメディアによって正しく認識されています。メディアは大変に感心したと私は思うのですが、しかしそれは現実に起こってからなのでした。私たちには何の役にも立ちません。

 

続く

 

 

 

2020年

10月

22日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (132)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この報告書の公表に関連して、2020年1月31日に、トランプ大統領は、「安全で合法の電子商取引を米国の消費者、企業、政府の物流そし知的財産権所有者にために確保」という大統領令を発行した。

 

続く

  

2020年

10月

21日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (131)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

この大統領覚書は、初めて、電子商取引オンライン市場で売られている偽造品と海賊行為品にスポットライトを当て、この拡大する問題に対処することに目を向けている。トランプ大統領の方針で、ホームランド安全保障省は、USG全域からのインプットを受け、2020年1月24日に報告書を公表し、オンライン第三者市場を分析し、そこで密売されている不法な品物を調べ、また、もっとも重要なことであるが、この問題に対応できる現実の解決策、最善の慣行、そして、潜在的な法的また行政上の変化を特定する。

 

続く

 

2020年

10月

20日

年次知的財産報告書 米国議会2020 (130)

 

民間セクターとその他の利害関係者との関与とパートナーシップ 

ENGAGEMENT AND PARTNERSHIP WITH THE PRIVATE SECTOR AND OTHER STAKEHOLDERS

 

大統領覚書の発行に続いて、大統領顧問団レベルのホワイトハウス知的財産円卓会議が、電子商取引のプラットフォームで偽造品と海賊行為品の拡散に対処するのに権利保有者が直面する問題そして不法品とは知らずに購入する消費者への潜在的な害を議論するために、